トップページ >  頭皮に合う男性用育毛剤選び >  ストレスを溜めやすい男性育毛剤

ストレス型の抜け毛を抑える育毛剤の成分まとめ~ストレスハゲ向け育毛剤2選


薄毛


「仕事や人間関係のストレスで、薄毛が進んでしまった...」と思っているなら、
その原因と対策には、方法があります。

ストレス型の頭皮には、「あるタイプの成分」で対策できるんです。 これからわかりやすく説明しますよ。

ストレス型の頭皮のボロボロになる原因は?

抗酸化物質


毛穴の酸化や活性酸素は頭皮の老化を早めます。

紫外線とともに、頭皮をボロボロにする大きな原因となるのが、「活性酸素」です。 活性酸素は私たちの呼吸によって取り込まれた酸素の一部が体内で変化して発生する有害な物質です。

活性酸素は、「紫外線」「喫煙」「ストレス」「不規則な食生活」などのさまざまな外的要因により発生やすくなります。 特にストレスは、だれもが避けては通れない活性酸素を増やす大きな要因です。

抗酸化作用とは頭皮の老化の原因となる活性酸素を除去する働きのことをいいます。
活性酸素には元々、体内で外部から侵入してきた細菌やウイルスに対抗する働きがあります。

つまり、活性酸素は細胞を守る働きを担っており、人の体の健康に欠かせない物質です。
ところが、何らかの理由で活性酸素が増えすぎてしまうことがあり、活性酸素が過剰になると逆に細胞を傷つけてしまうようになります。

健康な細胞までダメージを受けてしまうので、頭皮は老化してしまうのです。
活性酸素は加齢によっても発生しやすくなりますし、紫外線を浴びたりストレスを抱えていたりしても発生しやすくなります。

頭皮の活性酸素を防ぐ対策は?

この活性酸素の発生を最小限に抑えることができるのでしょうか? 原因となる外的要因をなくすこと。紫外線対策やストレスを防ぐ生活を心がける必要があります。

では、できてしまった活性酸素はどうしたらよいのでしょう。 私たちの体の中には元々活性酸素を抑える「抗酸化物質」(SOD)という成分が備わっています。

抗酸化成分(抗酸化物質)は、毛穴の酸化や活性酸素を抑制してくれます。

しかし、体内の抗酸化成分は30歳を過ぎるとぐっと少なくなってきます。そこで、その役割をしてくれる物質を摂取することが必要になってきます。 バランスの取れた食生活やスキンケアで、抗酸化物質を取り入れることが重要です。

育毛剤に含まれている抗酸化物質には、過剰な活性酸素を取り除くことで老化を防止する働きがあります。

たとえば、育毛剤の一部には、ピクノジェノールやニコチン酸アミド、ザクロエキス、アスコルビン酸、アセロラエキスといった抗酸化作用を持つ成分が含まれています。

もちろん体の内部から栄養を取ることも大事です。 それ以外に育毛剤のように体の外部からこのような抗酸化成分を与えることも、頭皮の活性酸素対策になります。

ストレス型の薄毛対策には、抗酸化成分が多く入った育毛剤が有効です。

育毛剤の「抗酸化成分」~ストレスから頭皮を守る

紫外線などの刺激が与えられると活性酸素が発生して、細胞が傷つけれますが、ビタミンCにはそれを防ぐ作用があります。

特にビタミンC誘導体は紫外線が当たっても、酸化することもなく活性酸素から肌を守ってくれますので、 日中の紫外線を浴びる前、朝のスキンケアとして使うのも効果的です。

抗酸化物質を多く含んでいる成分は、食物や育毛剤の体の内部と外部の両方から取る必要があります。 近年、研究が進んでポリフェノール、ゴマリグナンなどが強力な抗酸化力を持っていることがわかってきました。

代表的な抗酸化物質はβカロチン、ビタミンC、ビタミンE、ゴマリグナン、赤ワインなどに含まれるポリフェノール、お茶に含まれるカテキンなどです。
これらの頭皮に抗酸化成分を与えることで、皮脂による毛穴の酸化や活性酸素の活動を抑制することができます。



毛穴の酸化や活性酸素を抑制する代表的な成分

ヨーロッパブナエキス、フランスカイガンショウ樹皮エキス(ピクノンジェノール)、ニコチン酸アミド、イヌラクリスモイデエキス、デカルボキシカルノシンHCl、ウメクロウメモドキ油、オキナワモズクエキス(フダイコンエキス)、ワレモコウエキス、エイジツエキス(ノイバラ果実エキス)、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、アスコルビン酸、アセロラエキス、ビルベリー果実エキス、ポリ乳酸、プロシニアジン、オタネニンジンエキス、ザクロエキスなど



ストレスを溜めやすい男性用育毛剤

ストレスを溜めると、男性ホルモンが過剰になって、抜け毛の進行の原因になります。

ストレスを溜めやすい人の育毛剤には、「抗酸化成分」に加えて、「男性ホルモンを抑制する成分」が入っているのがベストです。

ストレスを溜めやすい男性向け育毛剤なら【抗酸化+男性ホルモン抑制】成分を含んでいる育毛剤を選びましょう。

ストレスは、脱毛の原因になる脱毛ホルモンを増やすばかりか、頭皮の活性酸素を増やして皮脂の酸化を進めます。 脱毛の原因物質を作ることと、老化を進めることのダブルでよくないがストレスなのです。

ストレスは溜めやすい人には要注意といえます。原因はわかっていても性格は簡単に変えられませんから、 こういう人は手遅れになる前に、あらかじめ薄毛対策を前もってやっておくといいでしょう。

下に男性向け育毛剤なら【男性ホルモン抑制+抗酸化】成分を含むリストをまとめています。
(「男性ホルモン抑制」「抗酸化」の列が、両方とも"○"か"◎"の男性用育毛剤のみを全商品から抽出)

この中で特に期待のできる育毛剤なら
   ・チャップアップ
   ・薬用凌駕 (薬用リョウガ)
といえます。

薬用凌駕 (薬用リョウガ)は、血行促進系の男性育毛剤で有名です。 チャップアップは、売上No1の育毛剤で、実績があります。


ストレスを溜めやすい人向け育毛剤リスト(「男性ホルモン抑制」「抗酸化」列が"○"か"◎"を抜粋)

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評



チャップアップ

M-034



薬用凌駕 (薬用リョウガ)

生薬ヨウ化ニンニクエキス


ヘアリプロ育毛剤β

セファランチン


スカルプD 薬用スカルプジェット

6-ベンジルアミノプリン


育毛剤ケフトルローションEX

活性石ベントナイト、花粉エキス



「ストレス型の抜け毛を抑える育毛剤」のおすすめはコレ!

チャップアップ

チャップアップ



チャックアップは、ストレス型の抜け毛を抑える成分が多く含まれた育毛剤です。
ストレスで発生する因子を抑える成分が5種類以上含まれているので、男性型の抜け毛をもう加速させません。

育毛剤使用者ランキングで、「顧客満足度」「おすすめ育毛剤」「最も期待できる育毛剤」の三部門で1位を獲得。

またモンドセレクションでも2年連続で金賞を受賞するなど、品質においても世界的に認めらています。

その絶対的な自信から全ての商品に対して「永久返金保証書」が付けられています。

満足できなければ「全額返金」があるので、ノーリスクハイリターンの商品です。 一度は試す価値のある育毛剤です。










-----------------
更新日:2018/07/10








育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性用育毛剤の成分評価

人気の男性育毛剤を体験!

男性用育毛剤の基礎知識

育毛剤の効能成分

頭皮に合う男性用育毛剤選び