トップページ >  育毛剤の効能成分 >  抗菌成分

育毛剤の雑菌を防止する成分まとめ


薄毛


「頭皮がいつもチクチクして抜け毛も多い...」というタイプの人は、
その原因と対策には、方法があります。

これ、「頭皮の雑菌」が多すぎるかもしれません。

頭皮の雑菌が、薄毛を進行する!

人間の皮膚には、雑菌やダニが数兆個もいます。

ぞっとする事実ですが、顔だけで1兆個も住み着いています。 これらの菌とは、共生の関係であって、1個も住み着かないと、人が生きていきません。

人の皮膚には「常在菌」と呼ばれる重要な菌が存在します。 これらの常在菌は、紫外線やウイルスなどの外的ダメージから皮膚を守ってくれているのです。

ただし、人と菌の共生の関係は、バランスが大事。 共存共栄の関係が、バランスを崩すと、菌の異常繁殖します。

湿度が高く蒸れやすい梅雨なんかは、頭皮にも雑菌やダニが繁殖しやすい季節ですし、 風呂上りに頭皮を濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖しやすくなります。

頭皮は特に菌の環境の悪化しやすいのが特徴で、 頭皮や毛穴に入り込み毛根部分の養分をエサとし、頭皮や髪の毛にも異常脱毛など様々な悪影響を与えていまうのです。

頭皮に一度、雑菌が繁殖してしまうと、フケ・かゆみ・湿疹などが発生し、その部分から髪が生えてこなくなってしまうのが薄毛の原因です。

頭皮の雑菌の異常繁殖を防ぐ育毛剤の成分とは?

抗菌

頭皮には何千億も雑菌が住んでいます。
菌は皮脂を栄養とする微生物なので、何もしないとどんどん増殖してしまいます。

頭皮の雑菌の抗菌・殺菌を行うことは、頭皮環境を清潔に保つためには重要です。

頭皮は常に直射日光にさらされており、なおかつ髪の毛で通気性がよくありません。

それゆえ、頭皮の脂で雑菌が繁殖しやすい傾向にあります。

育毛剤の成分には、頭皮を清潔に保つ「抗菌成分」をよく使われています。 「抗菌成分」は、薄毛の原因となる雑菌の繁殖を抑えてくれます。

育毛剤の抗菌成分

代表的な育毛剤の抗菌成分を見ていきましょう。

イソプロピルメチルフェノール

代表的な雑菌への抗菌成分として、イソプロピルメチルフェノールとヒノキチオールがあります。
イソプロピルメチルフェノールは肌の抗菌や殺菌効果があり、育毛剤に幅広く使用されています。

他には、ニキビ薬の殺菌剤としても使用されており、頭皮を始めとした皮膚全体の殺菌効果に優れていると言えるでしょう。

なおかつ、作用が穏やかなであるために、急激な殺菌による副作用があまりないのも特徴です。

ヒノキチオール

ヒノキチオールはシダやヒバに含まれる殺菌成分です。カビや雑菌の繁殖をおさえ、ごく微量でも効果を発揮します。
ヒノキチオールそのものに樹木の爽快感あふれる香りがあります。そのため、つけたときにすっきりとした匂いに包まれることでしょう。

効果はもちろんのこと、付け心地も決して無視はできない部分と言えます。
しかし、ヒノキチオールを大量に摂取すると、奇形児が生まれるかもしれないという報告があります。

これはラットの研究によるものですが、可能性は十分に考えられます。 しかし、ヒノキチオールは少量で効果があるため、大量に摂取することは、事故でもないかぎりほぼ皆無と言っていいでしょう。

育毛剤の抗菌成分として使用されているヒノキチオールは、皮膚への浸透が早く一緒に配合された育毛剤の有効成分を 一緒に皮膚浸透させるために使用されています。 ヒノキチオールは天然成分でチフス菌などに対して、なによりもまず優れた殺菌効果を持っていることです。

塩酸クロルヘキシジン

塩酸クロルヘキシジンは厚生労働省によると広範囲の微生物に作用し、グラム陽性菌には低濃度でも迅速な殺菌作用を示すとされています。 ですが、ウイルスに対する効力は確定していません。 作用機序は十分には解明されていないが、低濃度可で細胞の増殖を抑制し飛散させる効果があることから殺菌作用があると見受けられるという研究結果です。

ハッカ油

ハッカ油に関しては抗菌効果があるといわれていますが、ハッカ油は、子供用の弱い虫よけスプレーなどに使われています。 ハッカ自体に油を分解する効果が含まれているので頭皮の油汚れを落とすために使用されるものであると考えられています。

サンショウエキス

サンショウエキスは果皮から抽出されたエキスで、サンショオールやゲラニオール、シトロネラールが配合されたエキスであります。

ゲラニオール

ゲラニオールは抗菌・収れん・防虫・抗うつ作用などがあり、タンニンにも毛穴を引き締める作用や抗酸化作用があります。 このことから抜け毛を予防する育毛剤の有効成分として使用されています。

ティーツリー油

ティーツリー油に使用されたティーツリーは第二次世界大戦で戦傷したオーストラリア兵士の抗菌薬として使用されたという歴史があり、 アメリカの研究機関によると過酸化ベンゾイルと同効果があるエキスであると発表されています。 過酸化ベンゾイルについては非常に強力な抗菌薬です。天然油なので、副作用はほぼありません。日本でも石鹸やニキビ薬などによくつかわれています。

頭皮の雑菌を殺菌する代表的な成分

塩酸クロルヘキシジン、ハッカ油、サンショウエキス、ティーツリー油、ニーム、四級アンモニウム塩、感光素、エビネエキス、 ユーカリエキス、ヒノキチオール、クジンエキス、,カキタンニン、ピロクトンオラミン、シソエキス、ヨウ化ニンニクエキス、オウゴンエキス、クララエキス、チャエキス、セイヨウオトギリソウエキス、サボンソウエキス、ドクダミエキス、オウバクエキス、など



副作用のある可能性が高い抗菌成分に注意!

ただし、抗菌成分といっても、コスメや育毛剤自体に菌が繁殖しないための成分であるものの多いので、 人の肌のための抗菌成分か、コスメや育毛剤自体の抗菌成分(防腐剤)か見極めが必要です。

防腐剤として使われるパラベン類などは、コスメや育毛剤自体の菌の繁殖を抑える抗菌成分で使用され、人間の肌には効果が強すぎます。 こういった抗菌成分は、用途や副作用が強いことから、使用はさけたほうがいいです。

多数の抗菌成分がありますが、抗菌成分は、パラベンのように肌への副作用も多いことも事実です。 肌への副作用を見きわめることも重要といえるでしょう。

頭皮の雑菌を防止する成分が多い育毛剤おすすめ3選

頭皮の雑菌を防止する成分が多い育毛サプリおすすめ3選を、ランキング形式で1位から順に紹介します。

チャップアップ

チャップアップ



チャックアップ育毛剤は、頭皮の雑菌を防止する成分がしっかり含まれた育毛剤です。
センブリエキス、ニンニクエキス、オーゴンエキス、ゴボウエキスなどの血行促進成分がを中心に、 40種類以上の髪にいい成分が含まれて、抗菌成分も天然成分が中心なので、頭皮に悪い抗菌薬は含まれていません。

薄毛の発毛促進だけでなく、フケやかゆみ、菌の増殖などの薄毛と脱毛予防としても効果があります。

初回購入分に対しては、満足できなければ「全額返金」に対応してくれます。

男性型AGAでは、売上No1の育毛剤です。実績重視の方にはおすすめです。



イクオス

イクオス



イクオスには、頭皮の雑菌繁殖を防ぐ成分が含まれています。
センブリエキス、ニンニクエキスなど10種類以上の血行促進成分のほかに、 「M034」「ペルベチアカナリクラタ」という細胞の再生力が高い海藻を配合しているので、頭皮のコンディション改善が髪にさらに健康にします。

たっぷりの天然成分が、頭皮のコンディションを整えてくれるので、頭皮の雑菌が増えることがありません。 頭皮の栄養としても、ミレットエキス、フィーバーフュー、イチョウ葉エキス、ヒハツエキス、フィッシュコラーゲンペプチド、イソフラボンなどが含まれていて、 頭皮の再生にも力強くサポートしてくれます。

3年で急激な人気を集めている男性用育毛剤です。

価格も手ごろで、初回65%オフでお得です。



薬用ポリピュアEX

ポリピュアEX



薬用ポリピュアEXは、雑菌の繁殖やフケを予防する成分が多い育毛剤です。 成分構成的には、雑菌の繁殖を防ぐ天然成分や、頭皮の角質を溶解する成分が多いので、雑菌やフケやかゆみを予防にはいい育毛剤です。

優しい天然成分で、健やかに頭皮を整えることが特徴的な育毛剤です。 特に、保湿に効果的な独自成分の「バイオポリリン酸」や酵母エキスは効果的といわれています。

バイオポリリン酸はノーベル賞受賞者との出会いや共同研究があり、高い育毛効果で人気です。

薬用ポリピュアEXは薬用であるため、発毛促進や育毛、脱毛の予防にも効果的です。 「全額返金保証」サービスもあるため安心して使えます。













-----------------
更新日:2018/07/10








育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性用育毛剤の成分評価

人気の男性育毛剤を体験!

男性用育毛剤の基礎知識

育毛剤の効能成分

頭皮に合う男性用育毛剤選び