トップページ >  育毛剤の効能成分 >  抗脂漏成分

育毛剤の皮脂抑制する成分まとめ


薄毛


「頭皮がギトギトして抜け毛も多い...」と困っているなら、
その原因と対策には、方法があります。

皮脂過剰の頭皮には、「あるタイプの成分」で対策できるんです。
これからわかりやすく説明しますよ。

頭皮の皮脂を抑えることが薄毛防止にいいわけ

脱毛の原因として、頭皮の皮脂が過剰に分泌があります
頭皮の皮脂が多いと、余分な皮脂で頭皮環境がひどくなって育毛に影響が出ることがあります。

とくに男性型のAGAの人は、皮脂過剰の人が多い傾向があります。
また、食生活が油っぽいものやお菓子を好む人も、皮脂過剰の傾向があります。

皮脂過剰だと、頭皮にふだん住み着いている「常在菌」が異常繁殖する確率が上がります。
菌が異常繁殖すると、角質層が薄くなり、その下の真皮層が外部から刺激をうけてしまい、かゆみが発生します。

かゆみが発生すると、フケや頭皮湿疹が起こったり、抜け毛や薄毛が進行したりと、後は悪循環サイクルが次から次に発生します。
ここのステージまで、来てしまうともとに戻るには、数ヶ月もかかります。

多大なコストをかけざるをえない前に、頭皮の皮脂過剰さえ防止しておけばひどくはなりません。

頭皮の皮脂を抑える対策は?

食生活はもちろんのこと、育毛剤にも皮脂を抑える成分が含まれているものがあるので、 30代~40代になったら自分の頭皮と相談して生活サイクルに入れることを検討したほうがいいでしょう。

皮脂が多い状態だと、毛穴がつまってしまいます。 そうなると、毛穴が呼吸できず、また栄養もいきわたらない状態になるので、髪の成長がとまってしまいます。 また、皮脂が酸化すると過酸化物質となり、毛根へのダメージになります。その結果、薄毛や脱毛へとつながってしまいます。

育毛剤には、「皮脂の分泌を抑える成分」が入っているものがあります。

余分な皮脂を取り除いたり、皮脂を分泌させないようにする必要がでてくるためです。
そうすることで、再び元気な毛根から、髪が生えてくることが期待できるのです。

ただし、皮脂は髪や頭皮を守るクリームのような働きをするので、ある程度は必要なものです。
皮脂を取り過ぎてしまうと、体は逆にもっと生産するようになってしまいます。 そのため、育毛剤の使い過ぎには気をつけましょう。

育毛剤に含まれる頭皮の皮脂を抑える成分


頭皮の皮脂を過剰に分泌しない成分で、頭皮環境を整えておくことが脱毛予防にはよいです。

育毛剤には色々な成分が含まれていますが、「皮脂の分泌を抑制する成分」について説明します。 皮脂の分泌を抑制する成分には、オドリコ草やカシュウ、イオウといった天然成分や、ビタミンB6といったビタミンB群があります。 皮脂腺の活動を抑えることで、分泌を抑制します。

育毛剤に含まれる頭皮の皮脂を抑える成分を見てみましょう。

ビタミンB

ビタミンB群は育毛に良い成分としてよく知られています。
中でもビタミンB2は、頭皮の皮脂の過剰分泌を抑制する役目をするので、頭皮環境を清潔に整え髪の毛の育成をサポートします。

海藻エキス

海藻は種々ありますが、中でもあのヌルヌルの成分であるフコイダンは、頭皮の保湿に効果が高いです。頭皮は乾燥すると肌を守ろうとして、 普段より余分に皮脂を分泌します。

これが頭皮環境を悪化させるので、フコイダンの保湿効果が育毛には必要なのです。

カシュウ

カシュウとは、ツルドクダミの根から抽出したエキスのことを指します。
カシュウには囲炉裏御名効果がありますが、 その中に毛根の余分な皮脂を抑制して毛穴の詰まりを防いで、育毛剤の浸透を高めるという効果があります。

イオウ

温泉と言えばイオウですが、そのイオウを含んだアミノ酸は必須アミノ酸で、私達は食べ物からこれを取るようにしなければなりません。

髪にもイオウは含まれています。イオウが足りないと、エラスチンやコラーゲン、メチオニンといった髪に大事な成分の供給が出来なくなってしまいます。 特に、ケラチンは髪の主成分ですから、育毛成分として必要なのです。

皮脂の過剰分泌を予防する代表的な成分

チオキソロン、ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)、カシュウ、イオウ、ユニトリエノール、デンタタ葉エキス、オキナワモズクエキス(フダイコンエキス)、ワカメエキス、リン酸アスコルビルMg、アマモエキス、褐藻エキス(一部)、海藻類エキス(一部)、など



皮脂の過剰分泌を予防する成分が多い育毛剤おすすめ3選

皮脂の過剰分泌を予防する成分が多い育毛サプリおすすめ3選を、ランキング形式で1位から順に紹介します。

チャップアップ

チャップアップ



チャックアップ育毛剤は、血行を促進する成分がたっぷりと含まれた育毛剤です。
センブリエキス、ニンニクエキス、オーゴンエキス、ゴボウエキスなどの血行促進成分がを中心に、 40種類以上の髪にいい成分が含まれています。

M034は、海藻をベースに作られた特許成分で、皮脂の過剰分泌を予防する役割を持ちます。

満足できなければ「全額返金」に対応してくれます。

男性型AGAでは、売上No1の育毛剤で人気が高いです。



イクオス

イクオス



イクオスには、育毛成分がたっぷりと含まれています。
センブリエキス、ニンニクエキスなど10種類以上の血行促進成分のほかに、 「M034」「ペルベチアカナリクラタ」という海藻ベースの成分をたっぷり配合しているので、皮脂の過剰分泌を予防につながります。

ミレットエキス、フィーバーフュー、イチョウ葉エキス、ヒハツエキス、イソフラボンは、頭皮生成、血行改選、ホルモン調節してくれる 効果も期待できます。

成分のコスパが非常に高いので、男性用の育毛剤としては、ここ3年で急激な人気を集めています。

価格も手ごろで、初回65%オフでお得です。



濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)



濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)は、男性ホルモン抑制成分が含まれた育毛剤です。
100%天然成分のみを使用しており、頭皮に必要なものだけを厳選して配合しています。

人気は同じM-034のチャップアップに持っていってしまわれましたが、今でもM034の良き老舗です。 M-034は、海藻ベースの成分なので、、皮脂の過剰分泌を予防につながります。

頭皮を保湿する力も高く、適度な皮脂にキープしてくれます。













------------------------------------
更新日:2018/07/10








育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性用育毛剤の成分評価

人気の男性育毛剤を体験!

男性用育毛剤の基礎知識

育毛剤の効能成分

頭皮に合う男性用育毛剤選び