トップページ >  育毛剤の効能成分 >  血管拡張成分

育毛剤の血行促進成分まとめ~血行促進成分が多い育毛剤5選



「肩こりや疲れ目が多い・・・薄毛も進行中でどうにかしたい」
という人は、原因が「血行」にある可能性が高いです。

血行に原因がある場合は、「あるタイプの成分」でしっかり対策すれば、2,3ヶ月で効果が出ます。

わかりやすく、原因と対策成分を説明しますね。

育毛剤の血行を促進成分はどうして育毛に効果があるの?

血行促進成分は、育毛剤の中心的な役割をもつ成分です。

なぜかというと、薄毛の原因は、栄養不足によるものだからです。

栄養不足にたどりついた原因は、さらに4つに別れます。
・血流不足
・栄養自体の不足
・ストレス、生活環境の乱れ
・男性ホルモン生成因子(DHTなど)


いずれにせよ、この4つがもたらす現象は、結局のところ、頭皮の「栄養不足」です。
頭皮には、毛を生やす毛母細胞がありますが、この細胞は、髪の細胞を生成するため、多大な栄養を必要とします。

そして、この栄養を十分に届けるために必要なのが、「血流」です。
頭皮の血流が滞っていると、栄養がしっかり届きません。
硬い頭皮や冷えた頭皮の人は、薄毛が多いのは、コレが理由です。
食事から取った栄養が100あったとして、血流が悪いなら、30しか栄養が毛母細胞に届きません。

食事から取った栄養が100あったとして、血流が良いなら、100の栄養を伝えることができます。

当然30の栄養のほうは、薄毛になる可能性が高まりますし、100の栄養のほうは、薄毛や白髪が改善していくわけです。

つまり、栄養の「伝達効率」をつかさどっているのが、頭皮の血流というわけですね。

まずは頭皮の血流をよくする、その上で頭皮にいい栄養を体の内部(食事)と外部(育毛剤)から摂取するのが、薄毛にはもっとも効率的なわけです。

育毛剤の血行を促進する成分とは?

血管の図


血行・血流を促進するので、育毛効果をもたらします。 血管を拡張する成分は、抹消血管を拡張することは育毛の有効な対策であることは明白です。

脱毛の原因の一つは、頭皮のすぐ下の抹消血管が縮小していると、血液が流れないので頭皮や髪に栄養がいきわらないことです。

現在行われている薄毛治療の中で最も効果的な方法が、特定の成分を含んだ育毛剤の使用であるという事が、 数年前に行われた薄毛治療のガイドラインにおいて発表されています。

日本皮膚科学会が行ったものであり、現在の医師の薄毛に関しての認識であるという事で、 話題を呼んでいました。

たとえば、薄毛治療に医療的に効果のある特定の成分とは、フィナステリドとミノキシジルという成分です。

フィナステリドは男性型脱毛の治療薬であり、飲む育毛剤として知られているプロぺシアの成分です。
男性型脱毛以外には効果は発揮されません。一方のミノキシジルは男女問わず使用することが出来る発毛効果の高い成分です。

ミノキシジルは血管拡張剤として開発された成分ですが、発毛効果が高い事から育毛剤へと転化されたという経緯をたどっています。 血管を拡張することによって血行が良くなることで発毛が促進されると言われていますが、発毛のメカニズムについて完全に解明されてはいません。

ただし、フィナステリドとミノキシジルの致命的なデメリットは、副作用が強すぎるということです。 髪を増やしたいのに、極度に心臓に負担をかけるのは、あまりにハイリスクというものです。

しかし、ミノキシジル以外にも、ミノキシジルと同等の効果で、より安全な頭皮の血行を促進する天然成分はいくつかあります。 最近は特に力を入れているメーカーが多く、以下にその例を挙げています。



育毛剤でよく使われる、血行促進成分の実際の働きを見ていきましょう。

センブリエキス

漢方薬として下痢や腹痛の際にも処方される「センブリ」は、皮膚に塗布すると血行が良くなるので、皮膚温度が上昇します。 更に、毛根の新陳代謝を高める働きがあるので、育毛成分としてはかなりの効果があります。

酢酸トコフェノール

人工的に作られたビタミンEのことで、抗酸化作用と末梢血管の血行を良くする効果があり、 ベビーオイルや化粧品にも良く使われています。 頭皮の酸化を予防し、血行を良くすることで毛母細胞の細胞分裂を活性化します。

セファランチン

タマサキツヅラフジの根から抽出された天然成分です。ずっと民間治療薬として虫刺され、中耳炎結核予防薬として使われてきました。 更に、最近では円形脱毛症の様な薄毛にも効果があることがわかってきました。 これは、セファランチンが持つ白血球を増加させる効果や炎症を抑える働きが髪の成長に良いとされています。

しかし、このセファランチンについては、これを配合している育毛剤に配合しているメーカーとしていないメーカーがあります。 まだ研究の歴史が浅く血行促進に付いての確実な根拠が得られていないからです。

ミノキシジル

現在日本で「発毛効果がある」と認められているのはミノキシジルとフィナステリドです。 このうちミノキシジルは頭皮の血行、毛母細胞を活性化して、髪の毛を生えさせる土台を作る効力があります。

フィナステリド

フィナステリドは育毛の効果では無く、脱毛を予防することが出来る成分です。 その為、ミノキシジルと一緒に使うことで発毛を即すると同時に、今生えている髪の毛の脱毛を防止することが出来ます。

血管を拡張する代表的な成分

トウガラシチンキ、ショウガエキス、ゴマ油、ハッカ油、ショウキョウエキス、スペアミント油、イチョウエキス、エビネエキス、ジオウエキス、セファランチン、センブリエキス、ビタミンE、アルニカエキス(アルニカ花エキス)、カミツレエキス、ゴボウ根エキス、ニコチン酸ベンジル、ニンジンエキス、トウキンセンカ花エキス、オランダガラシエキス、ニンニクエキス、ブラセンタエキス、サンザシエキス、トウキエキス、酢酸トコフェノール(ビタミンE誘導体)、ローヤルゼリーエキス、ニコチン酸アミド、グルコシルヘスペリジン、チョウジエキス、チンピエキス、クジンエキス、ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス)、イラクサエキス、塩化カルプロニウム、クジンエキス、など



血管拡張成分が多い育毛剤おすすめ3選

血管拡張成分が多い育毛サプリおすすめ3選を、ランキング形式で1位から順に紹介します。

チャップアップ

チャップアップ



チャックアップ育毛剤は、血行を促進する成分がたっぷりと含まれた育毛剤です。
センブリエキス、ニンニクエキス、オーゴンエキス、ゴボウエキスなどの血行促進成分がを中心に、 40種類以上の髪にいい成分が含まれています。

2016年の育毛ローション使用者ランキングで、顧客満足度、おすすめ育毛剤、最も期待できる育毛剤の三部門で1位を獲得。

薄毛の発毛促進だけでなく、薄毛と脱毛予防としても効果があるので、 絶対的な自信から全ての商品に対して「永久返金保証書」が付けられています。

初回購入分に対しては、満足できなければ「全額返金」に対応してくれます。

男性型AGAでは、売上No1の育毛剤です。実績重視の方にはおすすめです。



イクオス

イクオス



イクオスには、血行を促進する成分がたっぷりと含まれています。
センブリエキス、ニンニクエキスなど10種類以上の血行促進成分のほかに、 「M034」「ペルベチアカナリクラタ」という細胞再生力海藻を配合しているので、頭皮のコンディション改善が髪にさらに健康にします。

そのほかにもミレットエキス、フィーバーフュー、イチョウ葉エキス、ヒハツエキス、フィッシュコラーゲンペプチド、イソフラボンなどが含まれていて、 男性用の育毛剤としては、ここ3年で急激な人気を集めています。

価格も手ごろで、初回65%オフでお得です。



M-1育毛ミスト

M-1育毛ミスト



M-1育毛ミストは、頭皮の血流を促進する成分が多く含まれた育毛剤です。
育毛剤では珍しいノンアルコールで、成分の効き目にこだわっています。

男性だけでなく、中年の女性にも人気で、男女年齢問わず使えます。

血行促進成分だけでなく、頭皮を保湿する力も高いので、潤いをキープして髪と頭皮を健康にしてくれます。













------------
更新日:2018/07/10





育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性用育毛剤の成分評価

人気の男性育毛剤を体験!

男性用育毛剤の基礎知識

育毛剤の効能成分

頭皮に合う男性用育毛剤選び