トップページ >  育毛剤の効能成分 >  男性ホルモン抑制成分

育毛剤の男性ホルモン抑制成分まとめ~男性ホルモン抑制成分が多い育毛剤3選


「男っぽい性格の人は、ハゲ(脱毛)になりやすい?」
というのは、本当でしょうか?

薄毛



髪の毛がはげてしまう時には、男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」が大きく関係してきますから、
"男っぽい性格の人は、ハゲ(脱毛)になりやすい?"
といううわさが流れるのかもしれません。

実際には、性格とはげや脱毛症には深い関係はありません。 脱毛やハゲなどにはいくつものおかしなうわさやデマが流れてきますから、その真偽を見極めて変な情報にはだまされないようにしたいですね。

ただ、男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」を対策する成分は、科学的に決まっています。

男性型の薄毛をなんとかしたいなら、「このタイプの成分」を頭皮に積極的に取り入れる必要があります。

男性型の薄毛に効く成分は、どういったものか、説明していきますね。

「男性ホルモンの薄毛に効く成分」とは?

男性型の薄毛は、「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが原因です。
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンが「5αリダクターゼ」という酵素と結びついて作られます。

このジヒドロテストステロンは、髪の毛の成長を促進する毛母細胞に悪影響を及ぼすことで、髪をつくらせなくするのです。 一時的に、髪をつくられない期間がつづくと、定期的なヘアサイクルにどんどん乱れるので、どんどん薄毛になります。

体質的に男性ホルモンのジヒドロテストステロンが作られやすかったり、ホルモンの情報を受け取るレセプタの感度が高かったりする人は、 AGAになる可能性が高くなるようです。

わかりやすくいうと、ヒゲが濃かったり、性欲が強かったりする体質の人は要注意ですね。

そこで、髪をつくる毛母細胞に悪影響するジヒドロテストステロンをつくらせないようにするのが、 「男性ホルモン抑制成分」というわけです。

男性ホルモン抑制成分が男性用育毛剤に含まれている割合は3つに1つ程度です。 高価格帯の育毛剤には含まれていますが、血行促進と保湿メインの養毛剤に近い育毛剤には含まれていません。

また、女性用育毛剤には、ほぼ含まれていません。これは、女性の場合、男性ホルモンが少ないので、男性ホルモン抑制成分が不要だからです。

男性の場合の薄毛は、ほぼAGA(男性ホルモンによる悪影響)なので、育毛剤に男性ホルモン抑制成分が含まれているかどうかは必須事項ですよ。

育毛剤の男性ホルモン抑制成分

男性ホルモンのテストステロンが酵素によって変換されて脱毛ホルモン(DHT)が生成されます。

テストステロンに5aリダクターゼがくっついてジヒドロテストステロン、即ちDHTになります。 このDHTというものが、男性型脱毛症の原因だと言われています。

DHTが出来るきっかけが5aリダクターゼなので、これをブロックできればDHAも出来なくなるわけです。 そのブロックに医療で使われているのがプロぺシアです。また外用はロゲイン、飲み薬だとロニテンがあります。

またこのプロぺシアよりも効果が高いと言われているのが、アボダートですが、これらは副作用も大きいので要注意です。

実は育毛剤でも5aリダクターゼをブロックするものもいくつかあります。たとえば、オウゴンエキス配合で、これによりDHTが出来るのを 阻害するというものです。オウゴンエキスというのは、シソ科の黄金花の根であるオウゴンから抽出されるエキスです。

抗炎症作用、抗アレルギー作用等様々な効用があり、化粧品に広く配合されています。皮脂分泌の原因になる男性ホルモンを 抑制するので、これが5aリダクターゼをブロックするのだと思います。

男性ホルモンのテストステロンは、男性女性とも両方に存在します。 脱毛ホルモン(DHT)を生成する酵素の働きを抑制する成分で、脱毛予防をすることが大切です。

男性ホルモン抑制する代表的な成分

エチニルエストラジオール、冬虫夏草エキス、フラボステロン、エストラジオール、キナエキス、オオバナサルスベリエキス、オウゴンエキス、ソウハクヒ、スピロノラクトン、オキセンドロン、ジエチルスチルベストロール、シモツケソウエキス、キナエキス、オオバナサルスベリエキス、オウゴンエキス、シモツケソウエキス、キウイエキスなど



男性型の薄毛には男性ホルモン抑制成分を含む男性用育毛剤がおすすめ!

男性ホルモンは、薄毛の原因となる脱毛ホルモン(DHT)を生成します。
男性ホルモンが原因の薄毛なら、脱毛ホルモン(DHT)を抑制する成分を配合する男性用育毛剤を選ぶとよいです。

ストレスを溜めやすい男性や食生活が安定してない男性は、薄毛の原因となる脱毛ホルモン(DHT)のバランスが乱れがちなので 特に意識したほうがいいでしょう。

脱毛ホルモン(DHT)を抑制する成分を配合する男性用育毛剤は、以下にあげておきますね。

男性ホルモン抑制成分が多い育毛剤おすすめ3選

男性ホルモン抑制成分が多い育毛剤おすすめ3選を、ランキング形式で1位から順に紹介します。

チャップアップ

チャップアップ



チャックアップ育毛剤は、男性ホルモン因子を抑制する成分が多く含まれた育毛剤です。
2016年の育毛ローション使用者ランキングで、顧客満足度、おすすめ育毛剤、最も期待できる育毛剤、の三部門で1位を獲得しました。

またモンドセレクションでも2年連続で金賞を受賞するなど、品質においても世界的に認めらています。

薄毛の発毛促進だけでなく、薄毛と脱毛予防としても効果があるので、 その絶対的な自信から全ての商品に対して「永久返金保証書」が付けられています。

初回購入分に対しては、満足できなければ「全額返金」に対応してくれます。



イクオス

イクオス



イクオスには、男性ホルモンの脱毛酵素(5αリダクターゼ)や脱毛因子(DHT)をしっかりブロックする成分が含まれています。
ペルベチアカナリクラタというマリンイソフラボンを含んだ高い細胞再生力と保水力をもつ海藻を配合しています。

そのほかにもミレットエキス、フィーバーフュー、イチョウ葉エキス、ヒハツエキス、フィッシュコラーゲンペプチド、イソフラボンなどが含まれていて、 男性用の育毛剤としては、ここ3年で急激な人気を集めています。

価格も手ごろで、初回65%オフでコスパは高いです。



濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)



濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)は、男性ホルモン抑制成分が含まれた育毛剤です。
100%天然成分のみを使用しており、頭皮に必要なものだけを厳選して配合しています。

人気は同じM-034のチャップアップに持っていってしまわれましたが、今でもM034の良き老舗です。 有効成分は独自の技術によって極小化されているので、高い浸透力を持っています。

頭皮を保湿する力も高いので、潤いをキープして頭皮を健康にしてくれます。













------------
更新日:2018/07/10





育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性用育毛剤の成分評価

人気の男性育毛剤を体験!

男性用育毛剤の基礎知識

育毛剤の効能成分

頭皮に合う男性用育毛剤選び