更新日:2018/07/08

男性用育毛剤の効き目は、配合成分でまったく違う!

「育毛剤ランキング(男性)」をみて育毛剤を比較するなら、配合成分で比較すべきです。配合成分がわかれば、頭皮や脱毛に期待できる効果・効能がわかるからです。

「育毛剤ランキングサイト(男性)」が使えるかどうかは、成分をきちんと評価しているかどうかです。本サイトでは、各育毛剤の配合成分から、効能が分かるようにすべての成分を分析しているのでチェックしてみてください。

男性用育毛剤は、配合成分の知識があれば、自分に合うベストを選べます。

育毛剤の配合成分は、10個の効能に分類されます。

配合成分がどの効能か知っていれば、その育毛剤が何に効くかわかります。当サイトでは、たくさんの男性用育毛剤を成分鑑定しています。


男性用育毛剤の主な成分構成

男性用育毛剤には様々な種類のものがありますが、これに関しては男性の脱毛や薄毛について知っておく必要があります。

男性の薄毛には大きなものとして二種類のものが存在します。 一般的には、

「加齢で起こるタイプ」

「男性型脱毛症というAGA」

の2つがあります。

これらの種類によって多少は男性用育毛剤の成分は違ってきます。

「加齢で起こるタイプ」については「生薬」や「天然成分」を用いた頭皮に栄養をしっかりと摂取する方法が中心です。

最近患者数がドンドン増えてきているとされる「男性型脱毛症というAGA」については、 薄毛の原因となる物質が徐々に明らかにされているので、男性用育毛剤でも特徴的な成分が使われています。

「男性型脱毛症というAGA」に対して、「ミノキシジル」や「プロペシア」が効果成分として有名ですが、実際には「副作用がひどい成分」でもあることも知られています。

こういった理由から、最近の「男性型脱毛症というAGA」用の育毛剤には「M-034」「キャピキシル」「ピディオキシジル」などの、『ミノキシジル同等の効果で副作用のない成分』が使われるようになっています。

このように男性用育毛剤にはAGAとそれ以外のもので成分が違ってきていますので、まずは自分の薄毛の状態をしっかりと把握することが必要になってきます。

ただ、30~40代の男性の場合は、「男性型脱毛症というAGA」だと疑ってほぼ間違いないでしょう。「男性型脱毛症というAGA」タイプの育毛剤を選ぶといいと思います。

人気の男性用育毛剤を11項目で徹底評価しました

当サイトでは、配合成分がどのくらい育毛効能をカバーしているかで成分評価しています。(上の比較表では、男性用育毛剤の全成分を効能で分類し、特徴成分も考慮して採点) 表の左列ボタンをクリックすると、成分鑑定ページに移動します。

男性用育毛剤を選ぶポイント
育毛成分の『効能範囲』が幅広い
(男性ホルモン抑制、血管拡張、栄養補給、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝促進、抗菌、角質溶解、抗酸化の10種類の作用)

育毛成分それぞれの『効果』が高い
育毛効果が特に高い『特徴成分』がある
(M-034、加水分解酵母エキス、バイオポリリン酸など)


人気60種類の男性用育毛剤を、10種類の効能と特徴成分の11項目で評価しました!

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評


チャップアップ

M-034


IQOS(イクオス)

M-034


M-1育毛ミスト

加水分解酵母エキス(分子ピーリング)


薬用ポリピュアEX

バイオポリリン酸


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

薬用凌駕 (薬用リョウガ)

生薬ヨウ化ニンニクエキス


リゾゲイン

クロクスクリサンス根エキス


BOSTONスカルプエッセンス

キャピシキルなど


ヘアリプロ育毛剤β

セファランチン


スカルプD 薬用スカルプジェット

6-ベンジルアミノプリン


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

育毛剤ケフトルローションEX

活性石ベントナイト、花粉エキス


フィンジア

キャピキシル


モンゴ流Deeper3D

キャピキシル


The Scalp 5.0C

キャピシキル


小林製薬アロエ育毛液

アロエエキス


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

レパオ

なし


リアルラゾンDX

アデノシン三リン酸Na


ヘアリプロ育毛剤α

なし


資生堂 薬用アデノゲン

アデノシン


強力加美乃素A

なし


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

ダブルテラ

なし


プランテル

セファランチンなど


薬用ナノアクションD

トコフェノール


リアップX5

ミノキシジル


蘭夢 黄金率

タマサキツヅラフジアルカロイド


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

セニファーズ5α

なし


薬用発毛促進剤トゥリガー

なし


LPLP薬用育毛エッセンス

海藻エキス


フェルサスカルプジェル

なし


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

QEPPERローション

なし


HAYABUSA

なし


MSTT1

セファランチン


エヴォルプラス

なし


薬用WAKA

なし


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

プレミアムグローパワー

なし


PROTECスプレートニック

なし


薬用ザクローペリ

なし


ネオマシュマロヘアローション

なし


サクセス薬用育毛トニック

なし


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

サクセス バイタルチャージ

なし


サクセス薬用毛髪活性

なし


すっごい育毛剤

なし


柳屋ヘアトニック

なし


DHC薬用毛活根

なし


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

NFカロヤンガッシュ

なし


ビタブリッドC

なし


資生堂メン発毛促進剤

なし


フレッシュトニック柑橘EX

なし


フレッシュリアップ

なし


男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

モウガ シナジーX

なし


DHCforMEN 薬用スカルプジェット

なし


モウガインセント

なし

スマホの場合、表は右(→)にスライドします

比較表の見方

育毛成分の効能は、以下の10つの育毛効果に分けられます。
比較表では、含まれている成分がこの10の効果のうち、どれをカバーしているかをチェックしています。 男性用育毛剤を購入する前に、どんな効能があるのか成分みることで、その商品の価値がわかります。 をクリックすると、その男性用育毛剤の成分評価ページへ移動します。

男性ホルモン抑制成分
男性ホルモンが生成する脱毛ホルモンは薄毛や抜け毛の原因になるので、これを抑制する成分が、育毛の役に立ちます。

血管拡張成分
血管を拡張する成分は、抹消血管を拡張することで、血行・血流を促進するので、育毛効果をもたらします。

栄養補給成分
頭皮や髪に必要なビタミン類などの栄養を与えることで、頭皮細胞を活性化させるので、育毛を促進することになります。

抗脂漏成分
抗脂漏成分とは、頭皮の皮脂を過剰に分泌しない成分のことで、頭皮環境を整えておくことが脱毛予防には効果的です。

保湿成分
頭皮の保湿は、頭皮の表皮に余分なフケ、頭皮の代謝を低下を防ぐので、脱毛予防には効果的です。

消炎成分
頭皮の肌荒れを防ぐことで、かゆみを予防することにもつながります。頭皮にいい消炎成分で、頭皮環境を整えることが育毛には大事です。

頭皮代謝活性化成分
頭皮の代謝を活性化する成分を、外部から与えることで、頭皮環境を改善し、脱毛予防、育毛促進につながります。

抗菌成分
頭皮には何千億も菌が活動しています。頭皮に抗菌成分を与えることで、これらの菌の増殖を抑えて、脱毛を予防します。

角質溶解成分
頭皮の角質溶解剤は、角質を膨潤させてフケを予防します。頭皮を柔らかくすることは、頭皮の代謝や頭皮環境の改善にもよく、脱毛予防につながります。

抗酸化成分
お肌と同じように、頭皮にも皮脂分泌があるので、毛穴の酸化や活性酸素は頭皮の老化を早めます。毛穴の酸化や活性酸素を抑制するのが、抗酸化成分です。


採点方法は次のとおりです。

合計点数 = 「育毛効果」 +「特徴成分」

「育毛効果」の採点法
(男性ホルモン抑制、血管拡張、栄養補給、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化、の各効能)
= 1点
= 0点

「特徴成分」の採点法
(育毛剤に含まれる主力の特徴成分の育毛効果)
= 3点
= 2点
= 1点
= 0点


遺伝した薄毛も育毛剤でよくなる?

遺伝でも治せる 自分の父親や祖父が薄毛だった場合に、自分の将来を考えると悲しくなるかもしれません。なぜなら男性の薄毛の原因のひとつと考えられているのが遺伝だからです。では遺伝による薄毛はあきらめてしまうほかにないのでしょうか?

まず考えておきたいのは薄毛が遺伝するというのは薄毛自体が遺伝するのではなく、薄毛になりやすい体質、頭皮の状態、髪質が遺伝するという事です。ですから髪に栄養のある食事を心がけ、生活習慣を見直しテイクならその遺伝からの薄毛に勝利を収める事ができます。

特に最近ではミノキシジル配合の育毛剤が注目されています。ミノキシジルは医学的に発毛効果があると認められている非常に効果のある育毛剤です。

ですからこの育毛剤を使用するなら今まで遺伝による薄毛に悩まされていた人も、だんだんと髪の毛の量が増えていくという事を実感する事ができます。

またどの育毛剤も頭皮の状態を整える事を目的とされています。頭皮の油分が多すぎても髪の毛に良くないですし、かえって油分が少なくても頭皮が乾燥気味になって髪の育ちが悪くなります。

それで自分にあった育毛剤を選び、遺伝した薄毛に対抗していきましょう。当サイトでは、男性用育毛剤を10種類の効果特徴成分の11項目で評価しています。



男性の薄毛の特徴と主な原因って?

男性なら誰でも気になる薄毛ですが、どんな原因があるのでしょうか?その前に薄毛といってもいろいろな種類がありますのでそれを順に考えて見ましょう。

まずつむじの辺りから薄毛が始まって後頭部から薄毛になってしまうパターンがあります。それ以外には前頭部から薄毛が始まり特に剃りこみのあたりが薄くなっていくM字型のものがあります。ではどんな原因があるのでしょうか?

男性の場合は遺伝の要素が大きいといわれています。自分の父親や祖父が薄毛の場合はもしかしたら自分も遺伝の理由で薄毛になる可能性があるということを予期しておかなければなりません。他の理由としてストレス生活習慣から来るものがあります。

髪の毛は、栄養が足りているときには正常に生えてきますが、もし栄養がいきわたらない場合は髪の毛が細くなったり、生えてこなくなったりする事があります。

それで睡眠時間が不足していたり、アルコールを飲みすぎていたり、栄養豊かな食事を取っていない場合は薄毛になる確率が高くなりますので若いときから気をつけておきましょう。

またはスタイリング剤を多量に用いているのも問題となります。なぜならそれが頭皮に付着して代謝が悪くなるからです。

育毛剤を始めるタイミングはいつがいい?

育毛剤はいつから? 薄毛が気になりはじめたら、いつから育毛剤を使い始めるべきか悩みますよね。 今すぐに使い始めた方がいいのか、あるいはもう少し様子を見てみるべきなのか。

お金がかかる問題でもあるので躊躇する気持ちもわかりますが、気になったタイミングですぐに使い始めることをオススメします。

育毛剤を使ったからといって、当日からすぐに効果が出るわけではありません。

数ヶ月といった時間をかけて抜け毛を抑え、それからゆっくりと時間をかけて髪を取り戻す作業に移るわけです。 この間に何の処置も行わなければ、薄毛を悪化させ、取り返しがつかないほどの状態に陥ってしまう可能性も充分考えられます。

したがって、薄毛が気になりはじめたその瞬間から育毛剤を使用することがベストです。

また、鏡などで見て薄毛を自覚する前にも、薄毛の前兆を確認できれば、より早く処置を行うことができます。

例えば頭皮が脂っぽくなりやすく、すぐに髪の毛がベタっとしてしまうような状態であれば、AGAの前兆と考えられます。 あるいは髪の毛を以前と比べてセットしにくくなったり、分け目がやけに目立ったりしているようであれば、髪が細くなってきていると捉えることができます。

日頃から髪の毛の健康状態を確認しておくことで、薄毛の前兆を見逃さず、早いタイミングで効果的に育毛剤を使用することができます。

自分の頭皮に合う男性用育毛剤の選び方

男性用育毛剤でいいものを1つを選ぶなら、まず自分の頭皮の状態を良く知ることから始めてください。

自分の頭皮の状態が分かれば、その対策が可能な成分が含まれている男性用育毛剤を選べばいいだけです。



年代別(20代~50代)の男性用育毛剤の選び方

20代の薄毛と40代の薄毛では、原因や特徴が違います。年代ごとに原因や頭皮の特徴に合わせた育毛剤を選んでください。

男性の方でも、育毛剤を自分の頭皮の状態から選ぶのが難しいと思うなら、まずは年代別におすすめする成分が配合された育毛剤を使ってみるのがよいでしょう。


男性の毛根と抜け毛対策の疑問を解決!男性の育毛剤比較にも役に立ちます

男性の髪、特に毛根の知識を中心に紹介しています。自分の髪の毛の状態を知るということは、自分の頭皮と毛根の状態を知ることです。髪や育毛の仕組みを知って、自分の髪と毛根の状態を判断できれば、男性の育毛剤比較にも役に立ちます。





髪の毛と頭皮の仕組み、抜け毛の原因を知れば、効果のある育毛剤が選べます

髪や育毛の仕組みを知ることが、薄毛にならないための第一歩です。頭皮と髪について、基本的な知識を知れば、自分がどういう状況にあるのか知ることができます。 対策をあれこれ迷う前にまず基本を知ることが大切です。



育毛剤の効果成分について、詳しく解説します

たくさんある育毛方法や育毛剤のパターンを組み合わせると何百種類にもなってしまいます。自分の頭皮の状態を理解したなら、次は適切な育毛方法と育毛剤をチョイスすることが大事です。 ここまでやれば、薄毛対策・抜け毛予防は万全といえるでしょう。

サイトの調査事項について

【サイト調べ】
※当サイトでは、男性用育毛剤の配合成分を化学成分辞書に基づいて、1つ1つの成分を効能に分類しています。
※効能については、研究者により効能の見解が分かれることがあります。個人での判断の上、ご活用下さい。
※掲載情報の商品情報に関しましては、リンク先の各販売店及びサービス会社のサイトにてご確認下さい。

※育毛剤の効能については、成分辞書や知られてている効果を掲載していますが、エビデンスの確かさにはバラつきがあります。特に「DHT脱毛因子をブロックする成分」などは、研究成果に差があるのが現状です。
※成分名については、各商品で記載している成分名をそのまま表示しているので、意味として重複があります。たとえば有名な消炎成分として「グリチルリチン酸2K」がありますが、 これは「カンゾウエキス」とも呼ばれます。ただし、それぞれ別名で記載したとしても、育毛効果は同一として評価しています。

※育毛剤に含まれる植物エキスに関しては、育毛効果が多岐に亘るものが多く、また育毛効果は厚生労働省認可の育毛成分よりは効果が低いものが多いのが特徴です。
※植物エキスの育毛効果について多岐に亘る場合、代表的かつ認知されている育毛効果を1~3つほど評価しています。
※成分の効能については、できるだけ正確性を保って評価していますが、記載間違いがある場合は修正していきます。

※育毛効果成分については、育毛剤メーカーが日々研究し、新成分も誕生しているので、今後効果等は更新されます。
※育毛効果成分は、最新の研究成果に基づいて記載しますが、効能の評価自体に変化があった場合はそれを反映していきます。 ※成分の効能を変更した場合は、男性用育毛剤のランキングも変更される可能性があります。


※2014年より、厚生労働省の改正薬事法が実施されます(「薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律(平成26年6月12日施行)薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律について」を参照。指導が必要な医薬品の新設、一般の医薬品のネット販売等の販売制度には改正があります)。これに従って表記に変更が必要な場合は随時修正していきます。
※育毛について、明確な効能や、確実な効果は、薬事法上表示することはできません。当サイトでは、効果は期待効果であることにご留意ください。

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性用育毛剤の成分評価

人気の男性育毛剤を体験!

男性用育毛剤の基礎知識

育毛剤の効能成分

頭皮に合う男性用育毛剤選び