トップページ >  > 10代男性の薄毛(若ハゲ)の割合と10の原因と9の対策

10代男性の薄毛(若ハゲ)の割合と10の原因と9の対策

10代男子のハゲ(薄毛)の割合は?

若ハゲの原因と予防・対策まとめ~若年性薄毛を治す方法 若い10代の男子でも、はげや薄毛に悩む方が増えています。 以前は、はげや薄毛になるのは、40代以降の中高年と考えられていましたが、今では、10代の若い世代にも、はげや薄毛のお悩みは広がっています。 そこで、10代男子のハゲや薄毛の割合がどの程度なのかが知りたいですね。

日本人全体でみたら、男性の中で、はげや薄毛などの髪の毛が少なくなったトラブルに悩む方は、1260万人いるといわれています。 つまり、男性の5人に1人がはげや薄毛のお悩みがあるのです。 その中で、10代なのに、はげや薄毛に悩むのは10%前後といわれています。 100万人程度の男性が、10代から髪の毛の育毛状態のお悩みがあるのです。

髪の毛が薄くなってしまうのは、遺伝や体質が大きなものと言われていましたが、先天的な要素に加えて、後天的な様々な生活習慣がはげや薄毛には悪影響です。 10代からはげや薄毛に悩む100万人前後の方は、自分の日々の生活習慣を見直して、自分がはげたり薄毛にならない毎日の生活習慣に改善していかなくてはならないでしょう。 10代男子のハゲや薄毛の割合はこれからさらに、%も人数も増えていくと、専門家も指摘をしています。

高校生や中学生でもハゲ(脱毛)になることがある?

はげてしまうのは中高年のイメージがあるのでしょうが、若くても脱毛やハゲになってしまうことはあります。 中学生や高校生でもはげの危険性はあるのです。 男性型AGAのような男性ホルモンの影響を受けたはげには中学生や高校生はならないのですが、そのほかにも脱毛症は各種あるので油断はできません。

例えば、ストレスを過度に受けたら、中学生や高校生でも円形脱毛症になってしまいます。 円形脱毛症は男性ホルモンの働きとは全く無関係で、ある日突然なってしまうのです。 10円玉の大きさのハゲが、主に頭の中にできます。 眉毛や陰部にも円形脱毛症による抜け毛がおこる方もいますから、どんなに若くても、体にはストレスをためないような生活にしていかなくてはならないでしょう!

10代の若ハゲの原因と予防・対策まとめ~若年性薄毛を治す方法

10代といえばまだまだ成長過程にある時期です。そのよう年代で抜け毛や薄毛・はげの症状があると、気になってしまいますよね。特に10代であれば見た目も気になるものです。

抜け毛や薄毛になるということは、何らかの原因があるということです。ここでは、10代で抜け毛となる原因をまとめ、その対策について解説していきたいと思います。

10代で髪の毛が少ないかも!と思われている方、もしくはお子さんが薄毛に悩んでいらっしゃる方は、ぜひ読んでみてください。

今回は若ハゲの原因と予防についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。
外出するときも髪の毛が気になってしまう、なんてことがなくなるとよいですね!


若ハゲの10つの原因まとめ

若いうちからはげていると「若ハゲ」なんて呼ばれて、つらいものですよね。若ハゲには原因があるので、対策をとることで改善していくことも多いのです。
まだ若いのに、どうしてたくさん毛が抜けることがあるのでしょうか?若はげの原因は5つ考えられます。わかりやすくまとめてみましたので、参考にしてみてください。


スナック菓子やダイエットなど、食生活に問題がある

偏った食生活は抜け毛やはげの原因となります。特に、カロリーの高い食事を食べ続けることは良くありません。

高カロリーの食べ物にはコレステロールが多く含まれており、摂りすぎてしまうと、頭皮の毛細血管が詰まってしまい、抜けやすい頭皮の温床をつくることになってしまうのです。

また、頭皮は皮脂の分泌量が多いため、脂質を過剰に摂取していると皮脂の量が増えすぎてしまい、毛穴に詰まって頭皮環境が悪化することもあります。

例を挙げると、ジャンクフード・スナックや甘いお菓子・ラーメンや寿司などの炭水化物があります。「スナック菓子ばかり食べている」「脂っこいものが好き」などの心当たりのある方はいませんか?

毛髪の成長にはタンパク質や亜鉛、ビタミンB群などが必要ですが、食べている量が多くてもこれらの栄養素が不足していると、毛髪は成長してくれません。

逆に、無理なダイエットも薄毛の原因となります。食事制限をすると先ほどあげたタンパク質や亜鉛などの栄養素が充分摂れなくなるため、頭皮にまで栄養が行き渡らなくなってしまうからです。

「飽食の時代」と呼ばれる現代においては、ファストフードや加工食品、スナック菓子などの氾濫により、摂取カロリーはオーバーしているのに栄養は不足しているという慢性的な栄養不足が問題視されています。このようなことから、栄養欠損が、若い頃からの健康不良や抜け毛・薄毛の原因になっていると考えられているのです。


夜更かしをして睡眠不足になっている

10代のうちは身体に無理が利くため、夜遅くまで受験勉強を頑張ったり、友達と通話していて気付いたら徹夜してしまっていた、という方も多いのではないでしょうか?短い眠り、質が悪い眠りも身体の回復と成長を妨げるので抜け毛やはげの原因となります。

髪の毛は寝ている間にもっとも成長し続けていることをご存知でしたか?睡眠中は、成長ホルモンの分泌が活発なので、髪の毛や身体のあらゆるところが育つ大切な時間なのです。

この成長ホルモンが、毛母細胞・毛乳頭細胞・毛細血管に髪が成長するためのいい働きを促します。

成長ホルモンが特に分泌されるのは、午後10時から午前2時にかけてです。この時間にぐっすりと眠っていると成長ホルモンの分泌量が増加し、毛髪をはじめとする体の成長が促進されるといわれています。

何らかの理由でこの時間にちゃんとした睡眠を取ることができなければ毛髪の成長が妨げられ、抜け毛が増えてしまうのです。


ストレスで頭皮の血流が悪くなっている

思春期は何かと周りの目が気になり、ストレスを抱えがちです。毛髪が成長するためには毛根に十分な栄養を与える必要があるのですが、ストレスはこれを阻害してしまう要因になるのです。

ストレスがかかっているときには、自律神経のうち交感神経の働きが活発になるのですが、自律神経には末梢血管を収縮させて血流を悪化させてしまう働きがあるのです。

これは頭皮も例外ではありません。頭皮の血流が悪くなれば毛根に十分な栄養が行き渡らなくなり、毛髪の成長が阻害されて、抜け毛が増えてしまうというわけです。


整髪料をつけすぎている

10代といえばオシャレをしたい年頃ですが、髪形を整えるために整髪料をつけすぎると頭皮環境の悪化を招いてしまいます。

上にも書きましたように頭皮は皮脂の分泌量が多いのですが、ここに整髪料の油脂が加わることによって皮脂の過剰分泌と似たような状態になってしまい、毛穴に脂質が詰まって炎症を起こしてしまう可能性があるのです。

また、化学成分が含まれているシャンプーやトリートメントも、頭皮環境を悪化させる原因になってしまいます。市販の安いシャンプーはどうしても刺激的な化学成分が含まれがちです。

家族でシャンプーを使いまわしている場合、家族は大丈夫でも、自分の頭皮には合っていなかった、ということもあるかもしれません。


AGA(男性型脱毛症)で髪が抜けてしまっている

10代は成長過程で最も変化の大きい年頃です。男性ホルモンも増加する時期なのですが、実はこの男性ホルモンには2種類あります。良性のテストステロン悪性ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるものです。

このDHTは男性らしい体つきを作るためには欠かせないものなのですが、頭部の抜け毛を促進させるという困った効果もあるのです。

DHTは通常30代以降に増え始めるのですが、最近では10代でAGAを発症したという臨床例も報告されているため、親族に薄毛の人が多い場合には注意が必要になってきます。

AGAは男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で頭部の脱毛が進み、若ハゲになってしまうものです。AGAかどうかを判断するためには、ハゲ方を見ればいいでしょう。

額の生え際が徐々に後退していったり、つむじ周辺が薄くなっていったりするようなハゲ方の場合は、AGAの可能性が高いです。

DHTには体毛を濃くする働きもありますので、胸毛があったり、髭が濃かったりする人は要注意だといっていいでしょう。


円形脱毛症で「10円ハゲ」ができている

AGA以外に若ハゲになってしまう原因として考えられるのが、円形脱毛症です。これは免疫細胞が毛根の細胞を攻撃してしまうことにより、毛髪が生えなくなってしまうという自己免疫疾患です。

AGAによるハゲ方とは違い、頭部に円形の、いわゆる「10円ハゲ」ができるのが特徴です。
ストレスやウイルス感染が引き金になって引き起こされるとされていますが、詳しい原因については分かっていない部分が多いのが実際のところです。


頭皮へのダメージでAGAが加速している

若ハゲの原因は主に上記の2つですが、これらを促進させてしまう生活習慣もあるのです。
例えばパーマや染色などによる頭皮のダメージは、若ハゲを促進させる原因になります。

洗髪をろくにせず、頭皮を不潔な状態にしておくのは論外ですが、過剰な洗髪も皮脂の過剰分泌の原因になってしまうため注意が必要です。

また、ポニーテールのように髪を結わえる髪形をしている人の場合、髪が常に引っ張られている状態になり、これが頭皮にダメージを与えて牽引性脱毛症になってしまう可能性があります。

牽引性脱毛症とは、分け目・結び目が薄毛になり地肌が目立つ状態のことを言います。


ストレスもAGAの進行を早めてしまう

上にも書きましたように、ストレスは円形脱毛症の引き金になってしまうケースがありますが、AGAの進行を促進してしまう原因にもなります。

恒常的にストレスを受けていると、自律神経のうち交感神経の働きが常に活発な状態になってしまいます。

交感神経には末梢血管を収縮させる働きがあり、これによって頭皮の血流が悪化し、毛根に十分な栄養が行き渡らなくなって若ハゲを促進してしまうのです。

女性の場合は、交感神経によって男性ホルモンの分泌が促進されるため、ホルモンバランスが崩れて若ハゲになってしまうケースもあります。


毛髪の栄養分が不足している

不規則な食生活を送っていたり、過剰なダイエットを行っていたりすると、毛髪の成長に必要な栄養分が不足してしまい、若ハゲを促進させてしまいます。
毛髪の成長に必要な栄養分は、アミノ酸「シスチン」を含んでいるタンパク質、亜鉛、ビタミンB群です。

こうした栄養分を含む食べ物を十分に摂取できているかどうか、しっかりとチェックしてみましょう。

円形脱毛症以外の脱毛症の可能性がある

円形脱毛症以外にも、鉄分欠乏による脱毛症や症候性脱毛症、ホルモン異常などの病気に伴う脱毛症、薬剤性脱毛症、圧迫型脱毛症、瘢痕型脱毛症などは、10代の若い世代の高校生や中学生の方でもなってしまうことがある脱毛症です。 若い時期からはげてきたら、自分がどうしてはげてしまったのかその原因を考えてみましょう。

若ハゲの9つの予防・対策まとめ

若ハゲの原因と予防・対策まとめ~若年性薄毛を治す方法 男性ホルモンの影響やストレスから、若くても抜け毛が増えてしまうことがあります。

しかし、対策をすることで予防することもできるのです。若はげの予防対策5つをまとめてみましたので、参考にしてみてください。


添加物を控え、髪に必要な栄養素を摂る

抜け毛・はげが少しでも気になりだしたら、まず食生活から見直しましょう。

まず、インスタント食品やスナック菓子など、食品添加物が多く含まれているものは控える方がいいでしょう。

成長期に脂っこいものは必要ではあるのですが、過剰摂取は頭皮の環境悪化の原因になってしまいますので、量には気を付けるべきです。

その上で、野菜や魚をバランスよく食べてください。これらの食物にはビタミンが多く含まれており、健全な頭皮環境には欠かせない栄養素と言えます。

タンパク質や亜鉛、ビタミンB群など、毛髪の成長に必要となってくる食べ物を積極的に摂取していけば、毛髪の成長が促されて抜け毛が減るでしょう。

たとえば、ビタミンB6は余分な皮脂の分泌を抑制する効果、ビタミンCには血行を良くして成長の働きを助ける効果、ビタミンEは毛細血管を広げて毛母細胞を活性化させ栄養を送る効果、などがあります。

どうしても朝食を摂る時間がない場合などは、サプリメントで適切に栄養補給をすることも一助となります。


10~2時までに寝ることを心がける

上にも書きましたように、成長ホルモンが分泌されるのが午後10時から午前2時にかけてで、この時間帯に睡眠をしっかりと取っていれば成長ホルモンの分泌量が増加します。

受験勉強で忙しい時期に睡眠時間を確保するのは難しいかもしれませんが、さすがに午前2時まで起きているのは時間をかけすぎではないでしょうか。

少し早めに切り上げて、続きは朝早めに起きてからすると、この時間帯に睡眠を取ることができるようになるでしょう。

スマホ弄りで夜更かしは論外で、そんなことしている時間があったらさっさと寝てしまいましょう。


ストレスを発散する術(すべ)を身に付ける

ストレスを抱え込むことは"万病の元"と言われています。10代においては、友人関係や家庭の悩み、勉強・受験など、が大きなストレスの要因ではないでしょうか。

ストレスは亜鉛不足や血行不良、内臓機能の低下などの元になり抜け毛を促進させてしまいます。

予防と対策を兼ねて、運動や遊びなどで定期的にストレスを発散させることは、頭皮と身体の健康なバランスを保つことにつながります。

受験勉強にしても根を詰めすぎることなく、適度に休憩時間を設ければストレス緩和につながります。

ただ、あまり休憩時間を取りすぎるのも上記の睡眠不足の原因になりますので、気を付けてください。


整髪料を控え、刺激の少ないシャンプーを使う

髪の毛に汗、皮脂、汚れやホコリがとどまらないようにするために、適切な方法で頭皮を清潔に保ちましょう。

運動部や汗かきの人はもちろん、整髪剤やスプレーを日常的に使っている方で、「最近抜け毛が気になる...」という人は"特に"です。

何度も書きますが、頭皮は皮脂の分泌量が多い部分です。これに加えて、10代は性ホルモンの影響で皮脂の分泌量が増えていますので、整髪料によって毛穴が詰まってしまう可能性が高いのです。オシャレしたいのはよく分かりますが、整髪料の使用は控えめにしましょう。

また、シャンプーもあなたの頭皮に合った刺激の少ないものを使用するようにしましょう。家族だからといって、お父さんが使っているシャンプーが必ずしもあなたに合うとは限りません。

髪の毛を洗うときは、爪で頭皮を引っ掻くなどの頭皮を傷つける洗い方をしていないかを見直してみましょう。


医療機関や育毛剤でDHTの発生を抑える

「別に抜け毛やはげになってもいいや」と思っている10代の方はなかなかいないと思いますが、あまりにも進行が早かったり、異常が髪の毛だけでなかったりという場合は、AGAが進行している可能性があります。病院への受診も視野に入れましょう。

AGAについては、10代では治療薬であるフィナステリドが使用できません。このため、保護者と相談の上、AGAクリニックを受診することになると思います。

よほど進行が早い場合でなければ、DHTの発生を抑える成分の入った育毛剤を試してみましょう。上記の食生活や睡眠不足を改善しながら育毛剤を使用することで、改善されることも多いと思います。

10代の薄毛対策には、「育毛剤」「育毛サプリ」を使った方法がおすすめです。 育毛剤もサプリも、薬ではないため副作用の恐れがありませんし、未成年でも安心して使うことができます。


円形脱毛症についてはこれが第一選択となりますが、AGAについても基本的には医療機関を受診するのがいいでしょう。

円形脱毛症についてはセファランチンの内服や注射、ステロイド剤の塗布などによって治療します。いずれも保険が適用されますので、早期に治療を受けた方がいいでしょう。

AGAについてはフィナステリドによってDHTの働きを抑えたうえで、ミノキシジルによって発毛を促すのが一般的です。
ただ、AGAの治療は保険の適用外ですので、相応のコストがかかることは留意しておきましょう。

しかし、時間やコストの面から医療機関へ通うのは難しいという方も多いと思います。特にAGAの場合は原因となっているDHTの発生を抑制する成分の入った育毛剤や育毛サプリも販売されているため、それらを試してみるのもいいでしょう。
セファランチンが健保適用であり、内服ないし静注が行われる。
引用元:円形脱毛症


勉強や仕事のストレスを適度に解消する

繰り返し書きますが、ストレスはAGAにとっても円形脱毛症にとっても大敵です。「悩むとハゲる」という迷信がありますが、ある程度は正鵠を射ているようです。
このストレスを上手に解消することが、若ハゲ対策のカギを握っています。

若いあなたにとって仕事が忙しいのは仕方のないことですが、ずっと気を張り詰めた状態になるのは良くありません。心身をリラックスさせる時間を作り、もうひとつの自律神経である副交感神経の働きを活発にさせてあげましょう。

副交感神経には血流を良化させる働きがあり、これによって毛根に十分な栄養が行き渡り、若ハゲ対策になるのです。


運動は心肺強化とストレス解消の相乗効果がある

運動不足は心肺機能を低下させ、血流を悪化させる原因になってしまいます。適度な運動をすることで心肺機能を高めれば、血流が良くなり、毛根に十分な栄養分が行き渡るようになります。

また、適度な運動はストレスの解消にもつながります。心肺機能の強化とストレス解消の相乗効果によって、より大きな血流良化が望めるというわけです。


パーマや染色、髪型に気をつけ、頭皮環境を整える

頭皮環境の悪化は毛髪の成長を阻害し、若ハゲを促進させるのは上に書いた通りです。頭皮環境を良くすることで、毛髪の成長を促しましょう。
パーマや染色は控え、結わえる髪形を変えるなど頭皮へのダメージを抑えれば、環境を良化させることができます。

洗髪は化学成分が含まれていないシャンプーやトリートメントを使い、皮脂を適度に落とすレベルで行いましょう。

紫外線も頭皮にダメージを与えますので、頭部を直射日光から守るために帽子をかぶるのもいいでしょう。ただ、かぶりすぎると蒸れて頭皮にダメージを与えてしまうので注意してください。


毛髪に必要な栄養分を摂取する

上にも書きましたが、毛髪の成長に必要な栄養分はアミノ酸「シスチン」、亜鉛、ビタミンB群です。
いくら頭皮の血流が良化しても、肝心の栄養分が不足していては意味がありません。若ハゲ対策のため、これらを多く含む食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。

ただ、亜鉛は吸収率が低いという問題点がありますので、サプリメントを活用するのもいいかもしれません。
また、育毛剤を使って頭皮に必要な栄養を補給するのも良いと思います。

若ハゲ対策のための男性用育毛剤の選び方

若ハゲを予防するためには、ストレスによる血行不良を改善し頭皮の血行をよくするための血管拡張効果の高い男性用育毛剤がおすすめです。

血管拡張効果を促進する成分にはいろいろありますが、中でも最近になって注目されている成分は、センブリエキスです。

センブリエキスは、毛根部に直接働きかけて毛細血管の血流を促進させる作用があり、毛母細胞や毛乳頭に栄養が行き届かせ、健康な髪を育てることができます。
センブリエキスの成分が持っている末梢血管拡張作用は、若ハゲ対策にとても効果のある成分です。

また、頭皮の栄養不足が頭皮に良くない効果をもたらすので、男性用育毛剤を使うのであれば栄養補給効果にも注目したいですね。アミノ酸「シスチン」、亜鉛、ビタミンB群を摂取するよう工夫しつつ、育毛剤を使うことでより高い栄養補給効果を得られるのです。

海藻に含まれるM-034には、高い栄養補給効果が認められています。このため、M-034は若ハゲ対策にはなくてはならない成分です。このほかにも、さまざまな種類のアミノ酸が、髪の毛の栄養補給には効果的です。

育毛剤の成分にもいろいろありますので、若ハゲ対策としては、血管拡張効果と栄養補給効果の高い成分の入った育毛剤がおすすめです。

当サイトでは、40種類以上の男性用育毛剤の成分を、効能ごとに分類して比較しています。

人気40種類の中で、ベスト1の男性用育毛剤はコレでした!一目でわかる成績表はこちら



若ハゲ対策のための男性用育毛サプリの選び方

頭皮の環境を内側から解決する手段として、サプリメントを摂る方法もあります。
外からのケアだけでは改善できない場合、サプリで内側から栄養を補ってあげることで改善される場合があります。

育毛サプリは育毛剤では届きにくい内側から頭皮環境を改善してくれるサプリメントなので、「頭皮環境を改善する成分」「代謝・細胞の再生を促す成分」「血流改善する成分」が入っているかを確認しましょう。

また、若ハゲは男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の毛の成長サイクルに悪影響を及ぼしている可能性が高いため、「DHTの発生を抑える成分」が入っているものを選びたいです。

髪の毛が増えてきたら、それを維持しなくてはいけません。「髪の補修成分」の入ったサプリを選ぶことで、新しく生えてきた髪の毛を保護してくれます。

育毛剤と併用するとコストがかかりやすくなるため、「1ヶ月のコスト」が低いものを選ぶようにしましょう。育毛剤も育毛サプリも、長く続けることで髪の毛を維持することができます。

当サイトの姉妹サイトでは、30種類以上の男性用育毛サプリの成分を、効能ごとに分類して比較しています。

人気30種類の中で、ベスト1の男性用育毛サプリはコレでした!一目でわかる成績表はこちら



若ハゲの原因と予防・対策まとめ

頭皮の血行が悪かったり、栄養素が不足することが、若ハゲの原因となってしまいます。男性ホルモンが多すぎることも髪の毛には良くありません。血行を良くするためのマッサージなどをとりいれながら、食事での栄養にも気をつけていきましょう。

洗髪のあとに、若ハゲ対策効果の高い育毛剤を使用してマッサージをすることで、血行改善し男性ホルモン抑制効果も期待できますので、より高い効果が得られます。
育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!