トップページ >  > 最も効果が出る育毛剤の12の使い方・使用方法まとめ

最も効果が出る育毛剤の12の使い方・使用方法まとめ

育毛剤を買ったはいいものの、ただ何となく、つかっていませんか?
育毛剤をいいモノを選んでも、使い方次第で、効果に大きな差が出ます。 正しいフォームが差を分けるマラソンのようなものです。

3ヵ月後、6ヵ月後、1年後に、最も効果が出る育毛剤の12の使い方・使用方法をまとめました。まだ、育毛剤をもっているのに、まだ実践していない方は、試してみてください。効果が上がります。

育毛剤の効果をアップする使用回数

育毛剤を使用する場合、やはり効果が無ければ使用する意味がありません。そのためには効果を持続させることが重要で、育毛剤を使用する回数というものもとても重要になります。

育毛剤には医薬品成分配合のものと医薬部外品の育毛剤があります。それぞれに含まれる成分が異なりますし、特に医薬品成分配合の育毛剤は用法・容量を正しく守って使用しないと副作用が起きる可能性もあります。

基本的には1日2回の塗布が推奨されており、2回の使用で育毛剤の効果を最大限に引き出すことが出来ます。

いくら効果の高い育毛剤であっても1日中効果が持続することはありませんので、朝と夜の2回使用することで1日中育毛効果を持続させることが出来ます。

医薬部外品の育毛剤も同様で、何度も使用すれば良いと言うわけではなく1日2回を目安に使用することが望ましいでしょう。

育毛剤を付ける際の量とは?

育毛剤を塗布する場合の量ですが、一見大量に使用すればそれだけ効果が高まるように感じるかもしれません。

しかし実際には必要以上に育毛剤を塗布しても効果が倍増することはなく、むしろ大量に塗布することで育毛剤に含まれる医薬品成分の摂りすぎとなり、頭皮や体に害を成すこともあります。

特にミノキシジル配合の育毛剤に関しては、量を守らなければ気分が悪くなるなどの副作用が起きますので、必ず指示されている量を守って使用するようにしましょう。

医薬部外品の育毛剤は使いすぎることで副作用が起きると言うことはありませんが、頭皮に染み込む量は決まっているので使用後にたれてこない程度の適量を使用すると良いでしょう。

育毛剤の効果をあげる頭皮状態

育毛剤の効果を最大限に引き出すためには頭皮の状態が清潔であることが必須条件となります。

何故なら育毛剤を使用した場合に頭皮が汚く毛穴が皮脂で詰まっていた場合、毛穴の奥に有効成分をゆきわたらせることが出来ず表面を育毛剤が流れてしまうことになります。

こうなってしまうとせっかくの育毛成分もその力をほとんど発揮できませんので、育毛剤を使用する際には頭皮を綺麗に洗い毛穴が開いた状態にすることが重要です。

その為お風呂上りで頭皮が清潔な状態がベストです。お風呂上りの場合は血行が良くなり毛穴も開いた状態ですので、育毛剤の成分を浸透させ効果を引き出すことが出来ます。

育毛剤塗布後のマッサージ

育毛剤を塗布した後にその効果を発揮させるためには、塗布後のマッサージがとても重要になります。

ただ育毛剤を塗布しただけだと頭皮に浸透しないこともありますのでマッサージを行う事で頭皮を柔らかくし血流を改善するとともに、育毛剤を頭皮や毛穴に揉み込むという作業が必要となります。

マッサージをするかしないかで効果に大きな違いが生まれますので、必ず育毛剤塗布後は頭皮マッサージを行いましょう。

頭皮を乾かしてから塗る

頭皮に対して育毛剤を塗布する場合、濡れた状態よりも乾燥した状態のほうがより育毛剤を浸透させやすいです。

頭皮が濡れている場合、すでに頭皮に吸収できる水分量が少ない状態になっていますので、ドライヤーなどで乾燥させたのちに育毛剤を塗布すると育毛成分の吸収率をアップさせることが出来ます。

この際、完全に乾燥させなくても濡れた状態が多少でも改善できれば育毛剤の浸透に違いが出ますので、出来るだけ乾燥させてから塗布すると効果があります。

髪の成長時間に合わせて塗布する

髪の毛の成長が最も進むのは夜の22時から午前2時の4時間と言われています。その為その時間に合わせて育毛剤を塗布することで最も育毛効果を高めることが出来ます。

これはお昼などに育毛剤を使用するよりも圧倒的に育毛効果に違いが出ますので、夜寝る前にお風呂に入り頭皮を清潔にして、22時~2時の睡眠時に育毛を促すことが出来るように育毛剤を塗布すると最大限の効果を期待できます。

この時間に合わせて育毛剤を塗布しても、睡眠していなければ意味がないので、必ず睡眠も行うようにしましょう。

用法と容量を守って使用する

育毛剤を使用する場合、使用する用法や容量を正しく守るのはごく当たり前のことと言えます。

育毛剤というものは育毛トニックとは違い、育毛効果のある医薬品成分が配合されているものとなります。

そのため1日に使用できる回数や容量が決められており、それを無視して私用してしまうと思わぬ副作用が体に起きるということも考えられます。

これは塗るタイプの育毛剤でも飲むタイプの育毛剤でも同じで、医薬品成分が含まれているものに関してはその成分の体に与える影響が非常に大きいので、注意しなければいけません。

それと多く塗ればそれだけ効き目が出るというわけではありませんので、決められた用法・容量を正しく理解して使用することが育毛効果を出すために必要となります。

頭皮をキレイな状態にしてから使用する

育毛剤を使用する場合、特に塗るタイプの育毛剤は頭皮の状態をキレイにした状態で使用しないとせっかくの育毛成分も効果を発揮することが出来ません。

何故なら頭皮の環境が悪い状態で育毛剤を使用した場合、毛穴に詰まった皮脂などが邪魔をしてしまうため育毛剤が頭皮に浸透できないことになります。

その為育毛剤を使用する前には必ず頭皮をキレイにした皮脂を取り除き塗布することが重要となります。

お風呂で頭皮をキレイにしたあとに湯船で体を温めるとさらに効果的で、体を温めることで毛穴が開きますし、血流も良くなるのでさらに育毛剤の浸透率を高くして育毛効果を頭皮全体に行き渡らせることが出来ます。

育毛効果の高まる就寝前に使用する

育毛剤を使用する場合には就寝前に使用するのが効果を高める秘訣となります。

何故なら就寝時には睡眠による成長ホルモンの分泌が活発になるため、髪の毛の成長や補修にも大きな影響を与えることになります。

そのため就寝前に塗布することで睡眠中の髪の成長をさらに高めることが可能になり、育毛剤の効果を高めることが出来るわけです。

寝る前にお風呂に入り頭皮をキレイにして育毛剤を塗布し、その後就寝することで育毛効果を高めるという使い方がベストだといえるでしょう。

複数の育毛剤の併用の場合は注意をする

育毛剤を正しく使用する場合には、育毛剤の併用には注意をしなければいけません。

育毛剤は様々なメーカーから発売されており、それぞれに中に含まれる成分が異なっています。

その為医薬品成分以外の成分に関しては併用した場合には頭皮に栄養を与えるなどの効果を高めることが可能となりますが、医薬品成分に関しては使用できる容量が決められています。

同じ成分の育毛剤を同時に使用してしまうと医薬品成分を大量に使用してしまうことになるため、副作用が出る可能性が高くなります。 その為育毛剤を併用するのであれば、同じ医薬品成分の配合されていないものを使用するか、併用しても大丈夫かどうかを医師や薬剤師に聞いてから使用する必要があります。

素人考えで使用するのが最も危険なので注意しましょう。

しっかりと頭皮に浸透するように揉みこむ

育毛剤を使用した場合、ただ単に頭皮に塗布すれば効き目が出るというわけではありません。

育毛剤の成分をしっかりと頭皮に浸透させる為には塗布した後に揉み込んで馴染ませることが重要で、揉み込むことにより初めて育毛成分を浸透させることが出来ます。

揉み込むことは頭皮のマッサージにも繋がりますので、血流を良くして頭皮を柔らかくすることにもなりますので、さらに育毛剤の効果を高め育毛を促すことに繋がるでしょう。

飲むタイプの育毛剤は食後に服用を

プロペシアなどの飲む育毛剤を使用する場合には、飲むタイミングがとても重要になります。

飲むタイプの育毛剤の場合、1日2回服用するのが基本となりますが、その飲むタイミングは食後のほうがより効き目が高くなります。

何故なら食後は胃腸が活発に活動しているため吸収率が高い状態となっているためで、そのタイミングで服用することでより育毛成分の吸収を高め育毛効果を発揮しやすく出来ます。

空腹時の場合胃腸は活動していないので吸収に時間がかかるといった問題もありますし、空腹の状態で服用すると薬により胃を悪くすることもありますから、食後に服用するのが最も効果的だといえるでしょう。


正しく使って効果抜群の「男性用育毛剤」の比較表はこちら


体の中から発毛できる「男性用育毛サプリ」の比較表はこちら



育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!