トップページ >  > 脂漏性皮膚炎によくなる人の頭皮ケア・頭皮の皮脂を抑える方法まとめ

脂漏性皮膚炎によくなる人の頭皮ケア・頭皮の皮脂を抑える方法まとめ

脂漏性皮膚炎の主な原因は、皮脂が頭皮に過剰に存在していることです。しかし、間違った方法で皮脂を減らそうとすると、却って皮脂が増えてしまうこともあります。

今回は脂漏性皮膚炎をよくするための頭皮ケアの方法についてまとめてみました。

抗菌効果のあるシャンプーを使用する

脂漏性皮膚炎は皮脂が過剰なときに起きやすいものですが、皮脂だけでは炎症は起きません。皮脂を栄養分にして繁殖する真菌「マラセチア菌」が増えることによって引き起こされるものなのです。

マラセチア菌は体のニキビの原因になることでも知られているなど、頭部だけではなく全身に生息しているタイプの真菌なのです。

炎症を起こさないようにするためには、マラセチア菌を駆除してくれる効果のあるシャンプーを使用するようにすればいいでしょう。

マラセチア菌を退治できれば皮脂が過剰になっていても炎症が起きないようになるためです。

洗髪は1日に1回必ず行う

脂漏性皮膚炎にならないためには、皮脂の状態をしっかりと調整しておくことも必要なのです。洗髪が足りないと皮脂が十分に洗い流せないため、結果として皮脂が過剰になってしまいます

頭皮は皮脂の分泌量が多いため過剰になりやすい部位です。洗髪によって洗い流すようにする必要があります。面倒臭いからといって洗髪をサボっていると、ロクなことになりません。

ただ、物事には限度というものがあります。1日の数回行うなど過剰な洗髪は頭皮の乾燥の原因となり、これによって皮脂の分泌量が増えてしまうのです。

洗髪はあくまでも適度に行うことを心がけ、1日に1回程度にとどめておくようにしましょう。

睡眠は十分に取る

頭皮をはじめとする肌の新陳代謝には、成長ホルモンが関係しています。この成長ホルモンの分泌量がピークになるのは、午後10時から午前2時にかけてです。

そして、この時間にしっかりと熟睡しているとことで、成長ホルモンの効果が高くなるとされています。

逆にいえば、この時間に起きている睡眠不足の人は成長ホルモンの働きが十分ではないため、頭皮の新陳代謝がうまく行われません。これが頭皮の状態の悪化につながり、脂漏性皮膚炎の遠因になるのです。

脂漏性皮膚炎を防ぐためには、しっかりと睡眠を取って頭皮の新陳代謝を高めるようにしましょう。スマホ弄りなどで夜更かしをしてしまったなんていうのは論外です。

ビタミンB2、B6を積極的に摂取する

ビタミンB2とB6には、頭皮をはじめとする皮膚の新陳代謝を高めてくれる働きがあります。これらのビタミンが不足すると頭皮の新陳代謝がうまく行われなくなり、脂漏性皮膚炎の遠因になります。 ビタミンB2はレバーや焼き海苔、B6はニンニクやマグロなどに多く含まれています。これらの食品を積極的に摂取するようにしましょう。 ビタミンB群は水溶性で過剰摂取になりにくいため、サプリメントの助けを借りるのもいいかもしれません。

ビタミンB2、B6を効率よく摂取できる男性用育毛サプリの比較表はこちら



糖質や脂質の摂取を抑える

糖質や脂質を多く摂取すると、体に脂肪分が蓄えられ、皮脂の分泌量が増加してしまいます。実際、体に多くの脂肪分を蓄えている人、つまり太っている人は皮脂の分泌量が多くなっています。

糖質や脂質そのものは体に必要なのですが、何事も過剰になってはいけません。糖質や脂質の摂取を抑えることで、皮脂の分泌量を減らしてあげるようにしましょう。

洗髪は「適度」を心がける

洗髪をしないと、当然のことながら皮脂が洗い流されないため、過剰になってしまいます。ならば、しっかりと洗髪をすれば問題ないのかといえば「過ぎたるは猶及ばざるが如し」なのです。

洗髪が過剰になると、必要な皮脂まで洗い流してしまうため、頭皮が乾燥する原因になります。

体の方もそれは理解していますので、皮脂の分泌量を増やしてカバーしようとするのですが、その結果として皮脂が過剰になってしまうというわけです。

洗髪はあくまでも「適度」を心がけるようにしましょう。

まるで追いかけっこのように 皮脂がシャンプーの回数が増えれば 増えるほど多く出てきてしまうのです。
引用URL:髪のケア生活

ストレスをためすぎない

仕事が忙しいなどに理由でストレスを恒常的に受けていると、自律神経のうち交感神経が常に興奮している状態になり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。これによって皮脂の分泌量が増加し、脂漏性皮膚炎になりやすくなってしまうのです。

皮脂の分泌量を減らすためには、心身をリラックスさせて、もうひとつの自律神経である副交感神経の働きを活発にしてやることが必要です。これによってホルモンバランスが整えられれば、皮脂の分泌量も減少してくれます。

ストレスと皮脂の分泌量には、実は密接な関係があるのです。

ストレスを受けると、自律神経のうち交感神経の働きが活発になりますが、交感神経には男性ホルモンの分泌量を増やす働きがあります。男性ホルモンの分泌量が増加することで皮脂の分泌量が増え、過剰になってしまうのです。

ストレスを解消してリラックスすることで、もうひとつの自律神経である副交感神経が活発になり、男性ホルモンの分泌量が抑えられます。これによって皮脂の分泌量も減少するというわけです。

ストレス解消対策としては、適度な運動が最もオススメです。ストレスを解消すると同時に、運動によって体脂肪が燃焼してくれるためです。

夜更かしはしない

スマホゲームなどに熱中して夜更かしを繰り返していると、自律神経のバランスが崩れてしまうことがあります。

自律神経のバランスが崩れると、どのぐらいの皮脂を分泌したらよいのか体が把握できなくなってしまいます。これによって皮脂の分泌量が過剰になってしまうのです。

対策法は夜更かしをやめ、しっかりと睡眠を取ることです。生活リズムが正常な状態に戻れば自律神経のバランスも整えられ、皮脂の分泌量が抑えられるというわけです。

脂っこいものを控える

あなたの今の食生活を確認してみましょう。肉類やスナック菓子をはじめとする脂っこいものが多くなっていませんか。

脂っこいものを摂取しすぎると体内に脂肪分が蓄えられ、結果として皮脂の分泌量が過剰になってしまうのです。

対策法はもちろん、脂っこいものを控えることです。ただ、やりすぎると皮脂が不足して頭皮カサカサになってしまう可能性がありますので、あくまで「控える」程度にとどめておいた方がいいでしょう。

ビタミンに加えて「コラーゲン」を摂取する

ビタミンB2には脂質を分解する働きがありますので、体内の脂肪分を減らすことができます。

また、ビタミンB6やCにも皮脂の分泌量を抑える働きがあります。これらを積極的に摂取すれば、皮脂の分泌量を減らすことができるでしょう。

また、コラーゲンの摂取も重要です。コラーゲンによって頭皮をはじめとする皮膚の保湿力がアップするためです。

頭皮の乾燥が皮脂の分泌過剰につながることは上に書いた通りですので、乾燥を抑えることで皮脂の分泌量を減らそうというわけです。

育毛サプリを利用する

育毛サプリにはノコギリヤシエキスが含まれているものが多いですが、これはAGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えるものです。

男性ホルモンが皮脂の分泌量を増やすことは上に書きましたが、DHTの場合はこの効果が強くなっています。実際、AGAを発症するようなDHT生成量の多い人は、頭皮が脂症になっているケースが多いとされています。

ノコギリヤシエキスによってDHTの生成量を減らせば皮脂の分泌量も減り、頭皮の状態を整えることができるというわけです。

DHTと皮脂の過剰生産を防いでくれる「男性用育毛サプリ」の比較表はこちら



皮脂を抑える効果も持った「男性用育毛剤」の比較表はこちら



育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!