トップページ >  > おでこの薄毛・生え際の育毛・発毛方法まとめ

おでこの薄毛・生え際の育毛・発毛方法まとめ

おでこや生え際の薄毛は目につきやすいため、非常に気になりますよね。今回はおでこの薄毛・生え際の育毛・発毛方法についてまとめてみました。

フィナステリドの服用

おでこや生え際の薄毛は、ほぼ間違いなくAGA(男性型脱毛症)が原因です。これは男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の働きによって、頭髪の成長が妨げられるために起きる病気です。

DHTは体を筋肉質にしたり、体毛を濃くしたりするなど、男性らしい体を作るためには欠かせない物質です。ただ、困ったことに頭髪の脱毛を促進させる効果もあるのです。

AGAによる薄毛の進行を食い止めるためには、DHTの生成を抑制する必要があります。医療機関で処方されているフィナステリドは、DHTの生成に必要となる酵素の働きを抑制することで、DHTの生成を抑える効果があります。

ただ、抑鬱症状やED(勃起障害)といった副作用があることが確認されています。特にEDは、若年層にとっては薄毛以上に深刻な悩みとなりかねません。

ノコギリヤシエキスの摂取

フィナステリドの副作用が怖いという人にとっては、ノコギリヤシエキス入りのサプリメントを摂取するという方法があります。

いわゆる「育毛サプリ」と呼ばれる製品の大半に配合されていますが、そうした製品には頭皮の血行を良化させる成分や、頭髪の栄養分となる成分も配合されています。

ノコギリヤシエキスのメリットは、現時点では目立った副作用が確認されていないことです。

臨床実験によると、1日当たりの上限量である1日当たり900ミリグラムを摂取しても副作用が確認できなかったということが分かっているくらいです。

ノコギリヤシエキス入りの男性用育毛サプリの比較表はこちら



育毛剤の使用

フィナステリドにしてもノコギリヤシエキスにしても、それだけでは対策として不完全です。これらはあくまでもAGAの進行を食い止めるためのもので、育毛効果はありません。

実際に頭髪が生えてくるようにするためには育毛剤の助けが必要で、医療機関でもフィナステリドに加えて育毛剤であるミノキシジルも処方するのが一般的な治療法になっています。

育毛剤にもいろいろなタイプのものがあります。頭皮の血流を良化させるものもあれば、毛母細胞に直接働きかけて細胞分裂を促すものもあります。副作用についても激しいものあれば、ほとんどないものもあります。

値段もまちまちですので、あなたに合った製品を選ぶようにしましょう。

フィナステリドやノコギリヤシと併用できる男性用育毛剤の比較表はこちら



ストレスをためすぎない

ストレスを恒常的に受けている状態では、頭皮の毛細血管が萎縮して血流が悪くなり、毛根に十分な利用分が行き渡らなくなって薄毛の原因となります。

頭髪の成長を促すためには、何らかの方法でストレスを解消する必要があります。一番のオススメは軽い運動をすることです。

ストレス解消と同時に心肺機能を強化することになり、さらに血流を良化させることができるからです。

睡眠はしっかりと取る

頭髪の伸びには成長ホルモンが関係していますが、成長ホルモンの分泌量が多いのは午後10時から午前2時にかけてです。このときに熟睡していると、成長ホルモンの効果がアップして頭髪が伸びやすくなります

逆にいえば夜更かしをしている人は成長ホルモンの効果がダウンし、薄毛になりやすくなるのです。仕事が忙しいなら仕方ない面もありますが、スマホ弄りで夜更かしをしてしまったというのではお話になりません。

食事のバランスを見直す

偏食が激しかったり、無理なダイエットをしていたりすると、頭髪に必要な栄養が不足して薄毛の原因になってしまいます。

頭髪はケラチンというタンパク質からなっていますが、このタンパク質は体内で合成するしかありません。

ケラチンの合成量を増やすためには、シスチンをはじめとするアミノ酸や、合成の過程で必要になる亜鉛を積極的に摂取する必要があります。

おでこや生え際に効果的な男性用育毛剤の比較表はこちら



育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

年代別の男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!