トップページ >  > 男性ホルモン型の薄毛を改善する方法まとめ

男性ホルモン型の薄毛を改善する方法まとめ

男性ホルモンが多いとハゲやすい?

髪の毛のハゲや脱毛は、男性ホルモンが大きく鍵を握っています。 男性が髪の毛が薄くなったことに悩んだ時には、「男性型脱毛症(AGA)」になったことが考えられます。

男性がかかってしまう脱毛には、「男性型脱毛症(AGA)」だけではなくて、その他にも円形脱毛症や薬剤性脱毛症や圧迫型脱毛症や瘢痕型脱毛症などがあるのです。 円形脱毛症や薬剤性脱毛症、圧迫型脱毛症、瘢痕型脱毛症などは男性ホルモンの働きには無関係ですが、「男性型脱毛症(AGA)」になったら、男性ホルモンの悪影響が脱毛の原因としてあげられます。

男性ホルモンの「テストステロン」が酵素と結合をしたら、脱毛ホルモンの(DHT)が合成されてしまいます。 「テストステロン」に、5aリダクターゼが結合をして、ジヒドロテストステロン・DHTに変化するのです。

このジヒドロテストステロン・DHTができあがったら、「男性型脱毛症(AGA)」で髪の毛が抜けたり少なくなったりする仕組みになってきます。 各種の脱毛症の中でも「男性型脱毛症(AGA)」は男性ホルモンの分泌量によって、かかりやすい体質の方とかかりにくい安全な体質の方に分かれてきます。

男性ホルモンと抜け毛の関係

薄毛・抜け毛の原因は男性ホルモンの働きによるものであることが確認されています。
男性ホルモンの一種である「テストステロン 」は、筋肉の増大や体毛の増加の作用を持つホルモンです。 このテストステロンが「5-αリダクターゼ 」と呼ばれる酵素により、「ジヒドロテストステロン(DHT) 」に変換されると、このDHTが抜け毛や薄毛の原因物質になります。

5αリダクターゼとは、皮脂腺や毛乳頭などに存在する酵素で、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンと結び付く働きをします。
そして、 5αリダクターゼとテストステロンが結びつくと、 ジヒドロテストロン(DHT)という脱毛や薄毛の要因となる物質に変化するのです。

5αリダクターゼとテストステロンが結びつかない様に、 ジヒドロテストロン(DHT)が発生しないようにすることです。
男性ホルモン抑制成分は、この働きをすることが期待されている成分で、男性育毛剤を選ぶ際はこれが含まれているタイプのほうがよいでしょう。

女性の場合、男性ホルモンを少量しか持ちません。
最近では男性の1/3程度の男性ホルモンを持つ方も増えているので、女性用育毛剤にも男性ホルモン抑制剤が配合されるケースが増えています。 女性の場合、ご自身のタイプに合わせて男性ホルモン抑制成分が含まれている育毛剤を選びましょう。

男性ホルモンと抜け毛の関係

  5αリダクターゼとテストステロンが結びつくと、 ジヒドロテストロンという脱毛や薄毛の要因物質が生まれる
  男性ホルモン抑制成分は、5αリダクターゼとテストステロンが結びつかないようにブロックする
  男性の場合、育毛剤・育毛シャンプーに男性ホルモン抑制成分が含まれているほうがベター



男性ホルモン型薄毛を改善する方法まとめ 

薄毛には様々な種類がありますが、その中でも男性によくみられるのが男性ホルモン型薄毛です。今回は男性ホルモン型薄毛を改善する方法についてまとめてみました。

イソフラボンを含む食材を摂る

男性ホルモン型薄毛とはいわゆるAGAと呼ばれる薄毛のことで、これを防止するためには女性ホルモンを増やすことが有効とされています。

しかし女性とは違い男性の場合は生まれつき女性ホルモンの生成量がすくないため、どうしても男性ホルモン型薄毛になりやすいと言えます。

しかし食材に含まれる成分の中には女性ホルモンと同じような働きをしてくれるものがあり、その代表となるのがイソフラボンと言う成分です。

イソフラボンを摂取することで女性ホルモンを分泌したのと似たような効果を得ることが出来、それにより男性ホルモンを抑え薄毛を防止する効果が得られます。

亜鉛を含む食材を摂る

亜鉛を含む食材を率先して摂取することも男性ホルモン型薄毛には非常に効果的です。

亜鉛を摂取することにより薄毛の原因となる5αリアクターゼの働きを抑制することが出来、それにより抜け毛を大幅に減らすことが出来ます。

亜鉛は髪の毛を健康な状態で生やすためにも欠かせない成分ですので、男性ホルモン型薄毛に悩んでいる人は亜鉛を摂取することを心がけると良いでしょう。

亜鉛を効率よく摂取できる男性用育毛サプリの比較表はこちら



男性ホルモンの分泌量を減らす

男性ホルモン型薄毛の原因となるのは男性ホルモンのテストステロンと5αリアクターゼという酵素が結びつき、ジヒドロテストステロンになるためです。

そのため男性ホルモンの分泌量を抑えることにより抜け毛の原因を根本から減らすことが出来ます。

男性ホルモンが分泌されやすいのは筋トレなどの無酸素運動などが大きく関わるため、そう言った男性ホルモンが分泌されやすい行動を控えることも重要となります。

有酸素運動を行う

有酸素運動を行う事で薄毛防止効果を得ることが出来ます。

有酸素運動は酸素を取り込みそれを燃焼させる運動で、その運動を行った場合には男性ホルモンのテストステロンは優先的に筋肉を作るために使用されることになります。

そうすると体内の男性ホルモンが減少し、5αリアクターゼとの結びつきを阻害することが可能になります。

ホルモンバランスを整える

毎日の生活が乱れていた場合には、体内のホルモンバランスに異常が生じやすくなり男性ホルモンの分泌が増え女性ホルモンが減少するといった状態にもなります。

この場合必然的に男性ホルモンが多くなるので5αリアクターゼとの結びつきも多くなります。

そうすると抜け毛が大幅に増え薄毛になるといった可能性もあるため、ホルモンバランスを整えるような生活が必要となります。

特にストレスによる精神的疲労はホルモンバランスを崩しやすくなるため、ストレスを溜めないような生活を心がけると良いでしょう。

フィナステリドを処方してもらう

男性ホルモン型薄毛の場合、医療機関で薬を処方してもらう方法で薄毛を食い止めることも出来ます。

現在医療機関で処方してもらえる薬として男性ホルモン型薄毛に効果があるのはフィナステリドという成分を含んだプロぺシアやフィンペシアという薬となります。

この薬を常用することにより男性ホルモンと5αリアクターゼの結びつきを阻害することが可能になるため、即効性を求めるのであればフィナステリドを含む薬を処方してもらうことが最も効果的な方法となります。

ただし処方には医師の許可が必要となりますし、フィナステリド特有の副作用もあるためそれを理解した上で処方してもらう必要があります。費用負担も高額ですのでその点も注意が必要となります。

男性ホルモン型薄毛を抑えつつ育毛する男性用育毛剤の比較表はこちら



育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!