トップページ >  > 頭皮の毛穴ケア法まとめ

頭皮の毛穴ケア法まとめ

髪の毛に問題があるとついつい毛髪に気がいってしまいますが、実は頭皮や毛穴のケアをすることが問題解決の近道だったりします。

今回は頭皮の毛穴ケアの方法についてまとめてみました。

洗髪は毎日行う

独身男性の中には、毎日入浴するのは面倒だと考えている人も結構いるのではないでしょうか。これは不潔になってしまうだけではなく、頭皮の毛穴を詰まらせる原因にもなってしまうのです。

頭皮は皮脂の分泌量が比較的多い部位なので、こまめに洗わないと皮脂が過剰になってしまいます。この皮脂が毛穴に詰まってしまい、炎症の原因となります。

皮脂が過剰にならないようにするためには、毎日こまめに洗髪することが必要です。洗髪によって皮脂を洗い流すことで、過剰になるのを防ぐというわけです。

洗髪は1日1回にとどめる

洗髪をサボるのは良くないと書きましたが、過剰な洗髪も逆効果になってしまいます。清潔でありたいと考えて、朝と夜の2回洗髪を行っている人もいるでしょうが、はっきり申し上げて逆効果です。

なぜなら、皮脂を過剰に洗い流すと、頭皮が乾燥する原因になるからです。

頭皮の乾燥によってフケが増えてしまうと、毛穴に詰まってしまい、炎症を起こす原因となります。また、頭皮の乾燥を防ぐために皮脂の分泌量が増え、皮脂が過剰になるケースもあります。

このようなことにならないようにするためには、洗髪は1日1回にとどめておいたほうがいいでしょう。過ぎたるは猶及ばざるが如しというやつですね。

週に1度のクレンジングを行う

適度な洗髪を行っていても、毛穴に皮脂が詰まってしまうことはあります。解決するためには、週に1回の割合で頭皮のクレンジングを行うようにするのがオススメです。

やり方としては、椿油やホホバ油を頭皮に塗布したあと、ホットタオルで頭皮を包んで5分ほど蒸し、そのあとに洗髪を行うというものです。

クレンジングに油を使用するのは、同じ油を使用することで皮脂が除去しやすくなることと、クレンジングによって頭皮が乾燥しにくくなることが理由です。

脂っこい食べ物を控える

肉類をはじめとする脂っこいものを大量に摂取すると、体内に脂肪が蓄積され、皮脂の分泌量が増加します。これによって皮脂が過剰となり、毛穴に詰まってしまうのです。

太っている人の皮脂分泌が過剰になりやすいのも、体内に脂肪が蓄積されていることが原因です。

対策としては、脂っこいものを控えて、体内に脂肪が蓄積されないようにしていきましょう。脂肪分の燃焼を助けるビタミンB2を積極的に摂取して、体内の脂肪分を減らすようにするのもいいでしょう。

ビタミンB2を効果的に摂取できる男性用育毛サプリの比較表はこちら



ストレスを上手に解消する

ストレスを恒常的に受けていると、皮脂の分泌量が増加します

これはストレスによって自律神経のうち交感神経の働きが常に強くなり、男性ホルモンの分泌量が増加し、ホルモンの働きで皮脂の量が増えてしまうためです。これは男性でも女性でも同じことです。

男性ホルモンの分泌量を減らすためには、ストレスを緩和して、もうひとつの自律神経である副交感神経の働きを活発にすることが必要です。

オススメの方法は、適度な運動です。ストレス解消効果もさることながら、運動による脂肪燃焼で体内の脂肪分が減少するからです。

AGA対策をする

AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる人の場合、皮脂の増加によって毛穴が詰まってしまうことが多くなります。

これはAGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)によって皮脂の分泌量が増加してしまうためです。

皮脂の分泌量を減らすためには、AGA対策を行うことも有効になります。具体的にはDHTの生成量を減らすことです。

最も効果的なのはフィナステリドですが、抑鬱症状やED(勃起障害)などの副作用があります。ノコギリヤシエキスを含むサプリメントならば、効果は劣るものの、副作用がないため安心して摂取できるでしょう。

毛穴をケアしつつ育毛する男性用育毛剤の比較表はこちら



育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

年代別の男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!