トップページ >  > 頭皮の血行促進・頭皮の血行を良くする方法まとめ

頭皮の血行促進・頭皮の血行を良くする方法まとめ

薄毛の大きな原因のひとつに頭皮の血行の悪化があります。でも頭皮の血行といわれてもあまりイメージわかないし、どうすれば改善できるのかも分かりにくいですよね。

今回は頭皮の血行をよくする方法についてまとめてみました。

ストレス解消

多忙な仕事などによって恒常的にストレスを受けている状態では、自律神経のうち交感神経の働きが活発になります。問題は、交感神経には末梢血管を収縮させてしまう働きがあることです。

抹消血管が収縮すれば血液の通り道は細くなり、血行が悪化してしまいます。これは全身で起きることなので、頭皮もその例外ではありません。

これを解決するためには、何らかの方法でストレスを解消するのが一番です。

心身をリラックスさせることによって、もうひとつの自律神経である副交感神経が活発になり、毛細血管が弛緩して頭皮の血流が良化してくれるのです。

軽い運動をする

軽く汗をかく程度の有酸素運動は、頭皮をはじめとする血行を良化させる働きがあります。理由は2つあります。

ひとつは運動によってストレスが解消され、副交感神経の働きが活発になるためです。もうひとつは運動によって心肺機能が強化されるためです。

ストレスと血流との関係については、上に書いた通りです。また、心肺機能の強化は、それだけ多くの量の血液が体に送られるようになることを意味しています。当然ながら頭皮にも多くの血液が送られるようになり、血行が良化するのです。

タバコをやめる

タバコにはいろいろな害があるとされていますが、血行悪化もそのひとつです。タバコに含まれるニコチンには、毛細血管を収縮させてしまう働きがあるのです。

これによって血行が悪化してしまうのは、上に書いた通りです。タバコをやめれば毛細血管が弛緩し、血流が良化するのです。

本当は禁煙してしまうが一番いいのですが、ヘビースモーカーの場合は禁煙することがストレスの原因になってしまうこともあるでしょう。ストレスが結構悪化の原因になるのは、上で書いた通りです。

その場合、少しでも本数を減らすことでニコチンの摂取量が減少しすれば、血流が多少なりとも良化してくれるでしょう。

頭皮マッサージをする

頭皮の血流を良化させるためには、マッサージも重要です。

やり方は耳の前後に指を置いて上下に動かすことを1分ほど続けるだけです。耳の前後には太い血管が通っているため、この周辺をしっかりとマッサージすることによって、頭皮に多くの血液が流れるようになるというわけです。

これを毎日続けることによって、確実に頭皮の血流は良化していくことでしょう。

血行良化のツボを押す

血行良化に効果があるとされるツボは、3つあります。

両耳の延長線上と眉間の中心からのラインが交わる頭頂部の「百会」、耳の上の生え際周辺にある「角孫」、仰向けに寝た時に枕が当たる位置にある「玉枕」で、いずれも押さえることで頭皮の血行を良化させる働きを持っているとされています。

この3つのツボをしっかりと押さえれば、頭皮の血行が良化してくれるのではないでしょうか。

正しい姿勢を保つようにする

仕事を一生懸命にするのは結構なことなのですが、そのときの姿勢が良くないと、首や肩がこる原因になってしまいます。

実は首や肩がこることで、その周辺の血行が悪くなります。頭皮の血管は首や肩の血管とつながっていますので、首や肩の血行が悪くなれば、その先にある頭皮の血行も悪化してしまいます

首や肩がこらないようにするためには、仕事をするときに姿勢を正すことです。仕事中に猫背になってしまうと首に負担がかかってしまいますので、肩こりの原因になっていまいます。

背筋を伸ばして仕事をすることで、首への負担が抑えられ、肩こりを防止できるというわけです。

これは仕事に限ったことではなく、歩いているときをはじめ生活全体にいえることです。猫背だと指摘されたら、頭皮の結構のためにもしっかりと胸を張って歩くようにしましょう。

血行を良くしつつ育毛してくれる男性用育毛剤の比較表はこちら



育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!