トップページ >  > 毛母細胞と薄毛の関係は?

毛母細胞と薄毛の関係は?


髪の毛が薄くなったり、抜け毛が目立ってきたと感じることがないでしょうか? そんな時には、あなたの毛母細胞の働きが弱くなったことが可能性では考えられます。 毛母細胞は髪の毛を作るときには、血管から酸素や栄養成分を受け取る働きをしています。

また、メラニン色素の生成にも大きく関係をしています。 だから、毛母細胞が健康で正常な働きをしていることが、あなたの髪の毛や頭皮の健康には必要不可欠です。

しかし残念ながら、毛母細胞の働きは20代をピークにして、その後はだんだん弱くなってしまうのです。 若かったときには、髪の毛の薄毛や抜け毛のお悩みがなかった方も、30代以降になったら、髪の薄毛のお悩みがおこってしまうこともよくあるトラブルです。

毛母細胞の働きは、年齢と共にさらに弱まっていきます。 薄毛にならないためには、30代以降になったら毛母細胞を意識的に活性化させていくことが肝心です。

最近では、毛母細胞と薄毛との関連性に関心が高まっています。 薄毛にならないように、毛母細胞を活性化させる効果が高い育毛剤、シャンプー、トリートメントを使うことが大事です。



育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

年代別の男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!