トップページ >  > パーマで髪が傷むってほんと?

パーマで髪が傷むってほんと?


おしゃれのために、何回もパーマやカラーリングをする方がいます。 パーマをしたら髪の毛が傷むのですが、これは本当なのでしょうか?

パーマは、薬液を使って髪の毛の表面をとかして、そこに癖をつける美容技術になっています。 だから、その薬剤が髪の毛を傷めてしまう大きな原因につながっていくのです。

あなたの髪の毛の表面を守っているキューティクルは、かなり繊細なものです。 パーマをかけたら、キューティクルが傷んでしまうことはよくあるトラブルになります。

そして、残念なことに、1度キューティクルが傷んでしまった時には、ほかにどんなことをやっても、元のように傷のないキューティクルには戻らなくなっています。 パーマをかけて、繊細なもろいキューティクルを傷めないようにしなかったらいけないでしょう。

また、パーマの薬剤は強い酸性です。 この酸性の薬剤が髪の毛についたときには、キューティクルだけではなくて、その奥にあるコルテックスや中心部にあるメデュラまでも傷んでしまうことがよく分かっています。 だから、パーマをかけたら髪の中側から髪の傷みが目立つようになるのです。



育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

年代別の男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!