トップページ >  > 切れ毛や枝毛のできる原因

切れ毛や枝毛のできる原因

切れ毛はなぜできる?原因は?

髪の毛のトラブルの中によくあるのは、切れ毛のお悩みです。 髪の毛が裂けてしまい、見た目にも汚いイメージになってしまいます。 だから、切れ毛のケアを真剣にやっていきたい方が増えています。

では、どうして切れ毛はできてしまうのでしょうか? 切れ毛になってしまう原因では、いくつかが考えられます。

  1、紫外線で、ダメージを髪の毛が受けた。
  2、毎日のケアーが、十分にはできていない。
  3、反対に、毎日のケアーをあまりにも過度にやってしまった時。
  4、間違った方法でのブラッシング
  5、白髪染めやパーマのダメージ
などです。

きっと、多くの方がついつい1から5にあてはまる、 何らかの切れ毛になってしまう原因を作っているのではないでしょうか? 誰でもやってしまいがちなトラブルです。

髪の毛1本1本は、本当に細くて繊細なものです。 また、髪の毛を健やかにキープしている「キューティクル」もすぐに傷んでしまう特徴になっています。
だから、あなたが上記の1から5の何らかの正しくないケアーをやっていたら、すぐにキューティクルが傷んでしまい、切れ毛の原因になってしまうのです。

枝毛はなぜできる?原因は?


髪の毛の枝毛ができて、悩む方が多くなっています。 では、どうしてすぐに枝毛ができてしまうのでしょうか?

その大きな原因は、髪の毛を保護しているキューティクルやその下にあるコルテックス、また中心部にあるメデュラという3層が傷ついてしまうからです。 誰の髪の毛も健康な状態だったら、キューティクルは5~10層のうろこ状になっています。

しかしながら、正しくないケアーをやったりして、髪の毛が傷んだ時には、キューティクルがむき出しになるのです。 そして、繊維状のコルテックスや中心部にあるメデュラが表に出てきます。 これが、枝毛につながるのです。

枝毛は毎日の正しいケアーをしていたら、ならないで予防もできます。 そのためには、ブラッシングを正しい方向にやって、髪の毛を傷つけないようにしたいですね。

また、パーマやカラーリングなども、髪の毛を保護しているキューティクルやコルテックス、中心部にあるメデュラという3層を傷つけることにつながってしまいます。 何回もパーマやカラーリングを繰り返しやっている方は、枝毛の危険性が増えてしまうでしょう。

50種類の育毛剤を、髪や頭皮にいい栄養成分の効能で整理して、本当に効果のある育毛剤をまとめました。詳細はこちら。
育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!