トップページ >  > 頭皮がヒリヒリして痛いときの抜け毛の原因と対策まとめ

頭皮がヒリヒリして痛いときの抜け毛の原因と対策まとめ

頭皮がなんだかヒリヒリして痛いと感じることはありませんか?そんなときは抜け毛も多いように思いますよね。

頭皮がヒリヒリして痛む原因にはいろいろなものがあります。どんな原因で頭皮がヒリヒリするのか、毛髪診断士がその原因と対策をまとめましたので、気になる方は参考にしてみてくださいね!

頭皮がヒリヒリして痛いときの抜け毛の原因まとめ

頭皮がヒリヒリして痛いときの抜け毛の原因と対策まとめ 頭皮がヒリヒリして抜け毛が増えてしまうことってありますよね。頭皮がヒリヒリする抜け毛の原因は多くありますので、まとめてみました。


常在菌バランスが乱れている

人間の皮膚にはたくさんの常在菌が存在しています。それはもちろん頭皮にとっても同じことです。

普段は害のあるばい菌などを排除して皮膚を常に良い状態にしてくれる常在菌ですが、その数のバランスが崩れると健康に悪影響・時には痛みを伴うことがあります。大きな原因として男性ホルモンの影響が強すぎることが考えられます。

男性ホルモンはそもそも抜け毛に直接関わってくる存在です。痛みを伴っている場合は、男性ホルモンの効果の一つ「皮脂の分泌を促す」力が高まり、常在菌のエサである皮脂の増大とともに増え続けて頭皮にまで攻撃の手が及んでいると考えられます。

いつも人間にとって良い働きをしてくれる菌とは言っても、増えすぎればこれはまた害となってしまいます。頭皮にダメージが溜まっていくとやはり髪の毛に悪影響、果ては抜けてしまうことに繋がるわけです。

皮脂が多すぎることもまた抜け毛に繋がることも考えられ、その時に同時進行的に抜け毛が加速していくことになります。

皮膚常在菌は、フケや古くなった角質、皮脂類をエサにしているのですが、皮膚常在菌を完全に駆除してしまうと、必要以上に分泌された皮脂類を処理できずに、別の肌のトラブルを招いてしまうこともありますので、重要なのは「増殖させすぎないこと」です。
引用元:AGA治療WEB


頭皮神経痛によるストレス

抜け毛にはストレスが大きく関係していることが多々あります。
頭部に痛みを伴う抜け毛となるとストレスとは思いづらいかもしれませんが、頭皮の痛みが原因で抜け毛に繋がるというプロセスが成り立っている可能性があります。

頭皮神経痛というものは頭皮にピリピリとした、またはジワジワとした痛みを伴います。痛みが発生するタイミングが掴みづらく、それがまたストレスを増大します。

ストレスが溜まっていくと当然抜け毛にも繋がってきます。直接関係していないように見えますが、問題は「痛みの箇所が頭皮」であるのでかなり関連度は高くなっています。


慢性的な頭皮の乾燥

頭皮環境を語る上では、「乾燥」というテーマは避けて通れません。乾燥し過ぎると毛根または髪の毛へのダメージは深刻です。

そもそも乾燥した肌は外部からのダメージに非常に弱いです。せっかく頭皮を守るための皮脂があったとしても乾燥で固まってしまって弱くなったり、またそれによるフケが毛根に悪影響を及ぼします。

それだけ深刻な影響を出してしまう乾燥状態のなのですが、これもまた痛みを伴うことが多いです。外からのダメージに弱いと言いましたが、深刻な人になるとちょっと掻きむしったり頭皮ニキビが出来ただけでも赤く腫れあがってしまいます。

結果、抜け毛に繋がるような決定的なダメージを生み出しやすくなるのです。慢性的な頭皮の乾燥は常に抜け毛の恐れを持っています。


ニキビのできやすい状態

ニキビによる痛みは至って限定的だと思われるかもしれませんが、頭皮にニキビが出来てしまう状態ということはそれだけ頭皮の健康状態が芳しくないとも言えます。

そのような状態であれば、ニキビは一つだけでは済まないでしょうし複数あれば全体的に頭部にピリピリとした痛みを感じることだと思います。
無意識的に頭を掻いたりしやすくなり、炎症は連鎖的に毛根などにも波及し抜け毛も伴ったりします。


ヘアカラーによるダメージ

ヘアカラー、つまり髪を染めることは髪の毛を痛めやすいとよく言われています。しかしそれは頭皮にとっても同じことです。

時に刺激の強すぎる化学物質が含まれていることもあります。頭皮に付着した化学物質が炎症を引き起こし、結果的に毛根へも悪影響を及ぼして抜け毛に繋がります。

ジェルやワックスのつけすぎ

ジェルやワックスのつけすぎで頭皮がヒリヒリ痛くなることがあります。

整髪料が引き起こすトラブルには、「接触性皮膚炎」があります。
接触性皮膚炎とは、シャンプーや整髪料に含まれる刺激の強い物質が皮膚に接触することで起きる炎症のことをいいます。

主な原因として、整髪料が頭皮に直接付着していること、洗髪で綺麗に整髪料を洗い流せていないことが考えられます。

整髪料が頭皮に直接付着していると頭皮トラブルになります。
髪型を作る場合に、整髪料やスプレーを大量に使って頭皮全体に馴染ませていませんか?

頭皮には毛穴があるので、整髪料の油で塞いでしまうと炎症の原因になります。
炎症を起こさない場合でも、栄養が髪に行き渡らなくなり細くて弱い髪質になります。

また、頭皮を意識して毛先に整髪料を付けている場合でも雨や激しい運動などで頭皮に付着する場合がありますので注意しましょう。

洗髪で綺麗に整髪料を洗い流せていないのも問題です。
整髪料やスプレーを使用した場合は、普段の洗髪と同じ方法では綺麗に汚れが落ちません。

ただ単にシャンプーを2回するなど誤った方法で洗い流すと逆に頭皮や髪の毛を痛める原因になります。

お酒やタバコのせい

頭皮というものはかなりダメージを受けやすい箇所となっており、日焼けなどでもヒリヒリと痛む時もあります。

ですが季節にかかわらず頭皮がヒリヒリ痛くなる原因としてはお酒やタバコのせいかもしれません。

お酒やタバコに関しては薄毛の一要因ということでこれだけが原因とは限らないのですが、 お酒やタバコの過剰摂取は栄養吸収を阻害するという共通点があり、これによって頭皮がヒリヒリ痛み出すという仕組みになっています。

お酒のアルコールは栄養吸収を阻害する作用がありますし、 タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させるので頭皮の血行も一時的に悪くなってしまい、 これらが慢性的になると頭皮のヒリヒリなども長く続いてしまいます。

アルコールに関してはAGAの原因とされているジヒドロテストステロンの生成を活性化させてしまうという研究も発見されており、 適量よりも多く摂取してしまうと頭皮のヒリヒリから脱毛や薄毛の原因となりうるので気をつけましょう。

ドライヤーのかけすぎ

ドライヤーのかけすぎで頭皮がヒリヒリ痛くなることがあります。
ドライヤーから出る熱風の温度は、吹き出し口から約3cmのところで平均的に100度から110度くらいになります。

お風呂湯の温度で40度前後なのを考えると、意外に高い温度だと思いませんか。
このように測定される温度は、ドライヤーの吹き出し口に近いほど熱く、遠く離すほど低くなっていきます。

ドライヤーを頭皮にかけすぎると、頭皮に100度もの熱があたり続けついにはやけどのようになるのです。

髪や頭皮もお肌と同じように、タンパク質でできています。髪や頭皮のタンパク質は60度を超えると熱変性してしまいますから、 ドライヤーからの、100度もの熱風に対応できるわけがありません。生卵の透明な白身が、目玉焼きの白い部分のように固まり、 ついには焦げだしてしまうような感じです。

やけどにはなっていない場合でも、頭皮を乾燥させすぎると、やけどの手前のような様相を呈し、ヒリヒリ痛くもなってくるのです。

帽子・ニット帽・ヘアバンドのやりすぎ

帽子・ニット帽・ヘアバンドのやりすぎで、頭皮がヒリヒリ痛くなることがあります。
頭皮の痛みやヒリヒリ感はそのまま頭皮のダメージとなるので、できるだけ早くケアをするのが大事となります。

これらの痛みには原因が幾つかあるのですが、帽子・ニット帽・ヘアバンドのやりすぎが頭皮を圧迫して 血流を阻害してしまうのも原因となります。

これら圧迫の頭皮のヒリヒリ感は年齢を取ってくると、薄毛や脱毛などの原因になるダメージとなりますので、 適宜脱着をして頭皮を労るのを忘れないようにしましょう。

血行改善として頭皮のケアもお風呂や洗髪時にすると、 これらの帽子などの締め付けのダメージも回復してくれるので毎日のヘアケアも大事にしましょう。

長時間、ウィッグ・エクステ・くくる・結んでいる

長時間ウィッグをつけていたり髪を結んでいると、頭皮がヒリヒリすることがありませんか。
痛みを我慢しながらウィッグをつけたりしているのは不快ですよね。

でも、どうして頭皮がヒリヒリするのでしょうか。
髪は頭皮に生えています。髪を引っ張ると痛いでよね。

長時間強い力で髪を結んでいると、頭皮が引っ張られてヒリヒリと痛みを感じます。
ウィッグはもともと自分の頭に生えている髪に固定するような感じで装着します。

つけ方が悪いと髪を引っ張ってしまい、頭皮がヒリヒリと痛むようになります。
短時間なら頭皮の大きな負担とはなりませんが、長時間だと頭皮の大きな負担となります。

負担が大きいほど頭皮に強い痛みを感じるようになります。
いつも同じ場所に痛みを感じるようなら、その部位に強い力がかかっている可能性があります。

ウィッグのつけ方や髪の結び方に気をつけることで、痛みが治まることもあります。 痛みが気になる場合は、ヘアスタイルに気をつけてみてください。

オールバック・くせ毛・ストパー・お団子ヘアのせい

オールバック・くせ毛・ストパー・お団子ヘアなどの髪型の人は、ときどき頭皮がヒリヒリ痛くなることがあります。

流れと逆方向へのスタイリングはストレスなんです。
頭皮には数多くの毛穴が存在していますが毛根の流れは同じではありません。

オールバックやお団子ヘアは、本来の髪の毛の流れから逆方向に流して作る髪型です。
短時間であれば、痛みを感じることも少ないとは思います。

しかし、長時間キープし続けた場合は毛穴と逆方向に髪を引っ張るので痛みが大きくなります。
頭皮は緊張し血行障害が起こりやすく髪に必要な栄養が届かなくなります。

また、「牽引性脱毛症」というもあります。
髪の毛の流れに逆らってヘアスタイルを続けていると、最悪の場合に牽引性脱毛症を引き起こします。

牽引性脱毛症が発症すると細い髪の毛だけでなく健康的な抜けるはずのない髪の毛も抜け落ちてしまいます。
特に、女性が発症することが多く生え際や分け目に症状が現れます。

合わない枕で寝癖がつきやすいせい

合わない枕をつかっていると、頭皮がヒリヒリ痛くなることがあります。
寝ているときに、髪がひっぱられる力が偏ってしまい、ひっぱられた頭皮の部分が、ヒリヒリするわけです。

原理はカンタンですが、合わない枕の頭皮ヒリヒリは、意外と気づかないことが多いのがやっかいな所です。

頭皮がヒリヒリしやすいのは、基本的には、「寝癖がつきやすいところ」です。
寝癖と頭皮のヒリヒリが関係するということは、お風呂上りにきちんと髪を乾かした状態でねることも大事です。

髪が乾いていないと寝癖がつきやすい=髪がひっぱられる力が偏るということだからですね。
ほとんどの人は、このケースはあまり問題がないのですが、
「寝返りが少ない人」が「合わない枕」をつかった場合だけは、頭皮ダメージが一番深刻なので注意が必要です。

「寝返りが少ない人」と「合わない枕」は、圧倒的に女性が多いです。
このタイプの人は、頭皮ダメージを緩やかにする予防と事後対策を入念にしないと、 数年後に、一気に抜け毛が進行する可能性があるので、自覚したときから対策をしておきましょう。

頭皮が日光で日焼けしすぎる

日光で日焼けしすぎると、頭皮がヒリヒリ痛くなることがあります。
頭部は体の一番上にあるため、直射日光を浴びやすくなっています。

夏場などに強い日差しを浴びすぎると、 頭皮が日焼けしてヒリヒリしてしまうことがありますが、これは頭皮が乾燥して炎症を起こしているためなのです。

そもそも頭皮は、体の中で一番皮脂の分泌量が多い部位です。これは乾燥防止のために、皮脂のバリアを作る必要があるためです。
裏返せば、頭皮は乾燥に必ずしも強くないということになります。

頭皮が乾燥して炎症を起こすと、ターンオーバーがうまくいかなくなってフケが増えます。
このフケが毛穴に詰まると炎症が悪化し、最悪の場合、粃糠性脱毛症を起こして頭髪が抜けてしまうということにもなりかねません。

日光を浴びて頭皮がヒリヒリしてきたら、炎症による脱毛症の「入り口」なのかもしれません。
外出するときには防止をかぶったり、頭皮の乾燥の原因となりやすい石油系界面活性剤配合のシャンプーの使用をやめたりするなど、 乾燥対策に努めていきましょう。


頭皮がヒリヒリして痛いときの抜け毛の方法まとめ

頭皮がヒリヒリして痛いときの抜け毛の原因と対策まとめ 頭皮がヒリヒリする原因は、乾燥やダメージなどで頭皮環境が悪化し、そのために抜け毛も増えてしまうようです。

しかし、対策をすることで予防することもできるのです。頭皮がヒリヒリして抜け毛が増えてしまったときの対策5つをまとめてみましたので、参考にしてみてください。


イソフラボンで常在菌バランスを整える

抜け毛の最大の理由の一つ「男性ホルモンが供給され過ぎている」という問題が解決しないと常在菌と皮脂の悪いサイクルがずっと続いていって頭部の健康被害は深刻です。

男性ホルモンの中にも酵素というものが複数ありますが、最も原因となる酵素に効きやすい成分ならばイソフラボンが効果的です。大豆食品は種類も豊富ですので摂取は比較的容易いかもしれません。


神経痛はビタミンで対処

例えば痛みを伴う抜け毛の大きな根本原因が「頭皮神経痛」のような神経または血行の良くない病気にあるとすれば、確かに生活習慣や食生活の改善で良くなっていくでしょうが基本は病院や薬を使ったほうが賢明です。

あまりに良くない状態ですと、原因もしっかりお医者さんに究明してもらうのも大切です。
崩れた生活を見直すだけでは無く、専用の薬やビタミン剤も効果的に使っていくと完治は早いでしょう。


頭皮の乾燥にはシャンプーの使い方の見直し

どうすれば乾燥しないようにして髪の毛を守れるのか?と言うと、まず一番に考えられるシャンプーの習慣を見直すことです。時にシャンプーのし過ぎは頭皮から潤いを奪っていくのです。

しっかり洗っているのに逆に潤いが削がれていくのは意外に思われるかもしれませんが、重要な皮脂まで奪われていきやすくなり分泌が減っていくという悪循環に陥ります。またそもそもシャンプーが自分に合っていない可能性も往々にしてあります。

シャンプーは種類によって成分が大きく変わってきます。髪の毛を修復させる成分や香料など...言わば髪を洗浄する以外の効果で多種の成分が使われいることがあるのでシャンプー選びは慎重にしたいところです。

髪の毛のトラブルを抱えて悩んでいる人は洗浄力の高いシャンプーを使い一所懸命に洗いがちです。そのことがかえってトラブルを加速させるという矛盾も起こりがちです。

頭の乾燥に悩んでいる人であれば、アミノ酸系の成分を使ったシャンプーを使って優しく頭を洗うのがオススメです。
頭皮の乾燥を防止するための育毛剤もありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

髪の毛が痛むとか髪の毛が抜けるなどの症状が出たら、 すぐにシャンプーのせいにしてしまいがちですが髪を悪くする原因はシャンプーだけではありません。 洗いすぎて髪が痛んだり脱毛が起こるのはシャンプーが悪いのではなく (合成シャンプーは別) 髪を輝くようなきれいな髪にしようとか清潔にしようと思う心が洗わせ悪化させるのです。


日焼け止めやスプレーを活用して紫外線を避ける

頭皮にも大敵な紫外線を避けるためには、専用の髪の毛用の日焼け止めが役に立ちます。髪の毛があるからと言って油断してはならない部位でもあります。

紫外線は簡単にさまざまなものを突き抜けてくるので念入りに日焼け予防しましょう。スプレータイプのものは万遍無く吹きかけられるので効果が高いでしょう。生え際も頭頂部も全体的に守れるようにしっかり使っていくと良いです。


ローションや育毛剤で頭皮を保湿

頭皮専用のローションや育毛剤も販売されており、頭皮を保湿することで頭部の健康を保つことが出来ます。
ある程度の潤いが無ければ元々の頭皮環境を守る菌なども活躍出来ません。

しっかり対処すれば頭のニキビが出来るのを予防することも出来るので安心です。定期的に生まれ変わる頭皮細胞は良い環境で無ければ上手く行かず、ニキビに繋がったり毛根を痛め付けます。

ローションや育毛剤で潤いを保ち、さまざまな生活習慣の乱れを少しずつ改善し理想的な頭部の環境を取り戻しましょう。

帽子・ニット帽・ヘアバンド・くくりには休暇時間を与える



ここではあくまでやりすぎが原因となっているので、 適切に被っておしゃれをする分には問題がないのですが、通常時でも帰宅後などに脱着をした後は丁寧な頭皮ケアをするのをおすすめします。

帽子・ニット帽・ヘアバンドなどは当然ですが頭皮への日光などのダメージを減らす効果はあるのですが、 特に被る必要がない室内などでは適宜に外すことで頭皮への血行を戻してあげるのが良いでしょう。

ジェル・ワックス・整髪料は、絶対に頭皮に直接つかせない

ジェル・ワックス・整髪料をよく使う人は、それが頭皮につくと、頭皮トラブルになる確率が高くなります。

なるべく頭皮に整髪料が直接つかないように毛先を意識してスタイリングしてください。
洗髪する場合は、ぬるま湯で予洗してからリンス又はトリートメントを髪全体に馴染ませて汚れを洗い流します。

その後は、いつも通りシャンプーを使って洗髪してください。

ヘアアレンジを見直し頭皮を休める

オールバック・くせ毛・ストパー・お団子ヘアなどは、頭皮に力が入りストレスになりがちです。

こういう髪型にしている人は、ヘアアレンジを見直し頭皮を休めるのが大事です。
出来る限り髪の毛を引っ張るヘアスタイルは、控えるもしくは短時間限定にしましょう。

時間を短くしても痛みが続く場合は、頭皮への負担が少ないヘアアレンジもあるので参考にしながら頭皮を休ませてあげましょう。

睡眠環境を整える

「寝返りが少ない人」が「合わない枕」で、「髪を乾かさず」に寝る、というが頭皮には一番最悪なパターンです。

十分髪を乾かした上で、合う枕、寝返りをうちやすいふとんなどの睡眠環境を整えることが大切です。

寝ているときは、頭皮の負担なんて誰も考えませんが、「寝返りが少ない人」だけは、 頭皮ダメージを受けやすいので、睡眠環境を整えることを優先したほうがいいと思います。

頭皮がヒリヒリして痛いときの男性用育毛剤の選び方

頭皮がヒリヒリして痛いときや、それに伴う抜け毛を予防するためには、まず頭皮のケアをするための消炎効果の高い男性用育毛剤がおすすめです。

消炎効果の高い成分にはいろいろありますが、中でも最近になって注目されている成分は、ビワ葉エキスです。ビワ葉エキスは、髪の成長を促進し、抜け毛を抑える効果もあります。
ビワ葉エキスの成分が持っている肌の炎症を抑え、かゆみを予防する作用は、頭皮がヒリヒリ痛いときの抜け毛対策にとても効果のある成分です。

また、男性ホルモンが供給され過ぎていると、抜け毛もひどくなってしまうので、男性用育毛剤を使うのであれば男性ホルモン抑制効果にも注目したいですね。大豆製品を積極的に摂取するなどの工夫をしつつ、育毛剤を使うことでより高い男性ホルモン抑制効果を得られるのです。

M-034は海藻から由来する成分で、男性ホルモン抑制効果が高いだけでなく、血行をよくし、栄養を補給する効果も高く、抜け毛対策にはなくてはならない成分です。このほかにも、保湿効果が高い成分には、オウゴンエキスがあげられます。

育毛剤の成分にもいろいろありますので、頭皮がヒリヒリ痛いときの抜け毛対策としては、消炎効果、男性ホルモン抑制効果、血管拡張効果、栄養補給効果のある育毛剤がおすすめです。

頭皮がヒリヒリして痛いときの男性用育毛剤を比較

「濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)」は、消炎効果の高い成分としてビワ葉エキスが入っています。

消炎効果を高めるために、ビワ葉エキスのほかにも、オウゴンエキス 、ナノキエキス、 ロー マカミツレエキスなどがが入っていて、頭皮がヒリヒリ痛いときの抜け毛対策としてはとても効果の高い男性用育毛剤といえるでしょう。

男性ホルモン抑制効果、血管拡張効果、栄養補給効果があるのもよいですね。
 人気男性用育毛剤の成分比較を開く

▼上のボタンを押すとここに表が開きます(開かない場合はこちら)▼



ここで紹介しているのは数多くの男性用育毛剤のうちの一部です。
成分の評価についてもっと詳しく知りたい方、より多くのシャンプーを比較してみたい方は、ぜひこちらの表もご参照ください。

人気40種類の中で、ベスト1の男性用育毛剤はコレでした!一目でわかる成績表はこちら



頭皮がヒリヒリして痛いときの男性用育毛サプリの選び方

頭皮の環境を内側から解決する手段として、サプリメントを摂る方法もあります。
外からのケアだけでは改善できない場合、サプリで内側から栄養を補ってあげることで改善される場合があります。

育毛サプリは育毛剤では届きにくい内側から頭皮環境を改善してくれるサプリメントなので、「頭皮環境を改善する成分」「代謝・細胞の再生を促す成分」「血流改善する成分」が入っているかを確認しましょう。

また、抜け毛は男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の毛の成長サイクルに悪影響を及ぼしている可能性が高いため、「DHTの発生を抑える成分」が入っているものを選びたいです。

育毛剤と併用する場合はコストがかかりやすくなるため、「1ヶ月のコスト」が低いものを選ぶようにしましょう。育毛剤も育毛サプリも、長く続けることで抜け毛が治まっていきます。


頭皮がヒリヒリして痛いときの男性用育毛サプリを比較

「フェルサ」は頭皮の環境を整え、髪の毛を補修する5つの成分をすべてカバーした育毛サプリメントです。

さらに、価格が1ヶ月5,000円以内に収まっており、お試し期間も2ヶ月と、じっくり試せるように設定されてます。フェルサは、育毛剤と併用して育毛サプリを試してみたい方に一押しの育毛サプリメントです。
 人気男性用育毛サプリの成分比較を開く

▼上のボタンを押すとここに表が開きます(開かない場合はこちら)▼



こちらでご紹介したのはほんの一部です。より多くの育毛サプリを見てみたい方や、成分の詳しい効果を知りたい方は、以下のサイトもチェックしてみてくださいね。

人気30種類の中で、ベスト1の男性用育毛サプリはコレでした!一目でわかる成績表はこちら



頭皮がヒリヒリして痛いときの原因と対策まとめ

頭皮の血行が悪かったり、頭皮の乾燥・栄養不足が、頭皮がヒリヒリ痛く抜け毛となる原因となってしまいます。ストレスや頭皮のダメージも髪の毛には良くありません。頭皮のケアを行いながら、栄養補給をしていくことが大切です。

洗髪のあとに、頭皮がヒリヒリ痛いときの抜け毛対策効果の高い育毛剤を使用してマッサージをすることで、頭皮ケアにもなり、頭皮の栄養補給にもなっておすすめです。
育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!