トップページ >  > パーマ剤が髪と頭皮を傷める理由

パーマ剤が髪と頭皮を傷める理由

パーマ剤が髪と頭皮を傷める理由って?

パーマをしたら、髪の毛が傷んでしまったということはよくあるトラブルです。 では、どうしてパーマをしたら、髪の毛が傷んでしまうのでしょうか?

あなたの髪の毛はタンパク質でできています。 それもかなり繊細でもろいたんぱく質なのです。 少しの刺激を受けた時にも、たんぱく質が破壊されてしまい、髪の毛が傷む原因になってきます。

健康な髪の毛はたんぱく質のケラチンで、1本1本の繊維がシステインによって結び付けられているのです。 もしも、パーマをかけると、1本1本のシステインを一度切断して、壊した後で、もう1回別の形でつなぐというパーマのメカニズムになっているのです。 だから、あなたがパーマをかけた時には、髪の毛や頭皮が傷みやすくなってしまいます。

さらに、パーマ液は強い酸性成分です。 強力な酸性の物質が髪の毛や頭皮につくのですから、そこからも髪の毛のキューティクルや奥のコルテックスや中心部のメデュラも傷つく要因になっていきます。

パーマをかけると、様々な負担が髪の毛のキューティクルにも頭皮にもかかってしまいます。 こうして、髪の毛や頭皮が傷みやすくなってしまうのです。

パーマで髪が傷むってほんと?


おしゃれのために、何回もパーマやカラーリングをする方がいます。 パーマをしたら髪の毛が傷むのですが、これは本当なのでしょうか?

パーマは、薬液を使って髪の毛の表面をとかして、そこに癖をつける美容技術になっています。 だから、その薬剤が髪の毛を傷めてしまう大きな原因につながっていくのです。

あなたの髪の毛の表面を守っているキューティクルは、かなり繊細なものです。 パーマをかけたら、キューティクルが傷んでしまうことはよくあるトラブルになります。

そして、残念なことに、1度キューティクルが傷んでしまった時には、ほかにどんなことをやっても、元のように傷のないキューティクルには戻らなくなっています。 パーマをかけて、繊細なもろいキューティクルを傷めないようにしなかったらいけないでしょう。

また、パーマの薬剤は強い酸性です。 この酸性の薬剤が髪の毛についたときには、キューティクルだけではなくて、その奥にあるコルテックスや中心部にあるメデュラまでも傷んでしまうことがよく分かっています。 だから、パーマをかけたら髪の中側から髪の傷みが目立つようになるのです。

チオグリコール酸アンモニウムの頭皮への危険性


髪の毛にパーマをかけた時には、髪の毛が傷んでしまったという話はよく聞きます。 それは、どうしてでしょうか?

その大きな原因は、チオグリコール酸アンモニウムの危険性が考えられます。 チオグリコール酸アンモニウムは、チオグリコール酸とアンモニア水を中和したものです。

今の日本の美容業界ではパーマをかけるときには、最も一般的に使われている薬剤です。 それは、チオグリコール酸アンモニウムが安く手に入れられるからです。 チオグリコール酸アンモニウムが安定的なパーマのウェーブをつけるときには、欠かせないという人もいます。

チオグリコール酸アンモニウムはメリットも多くよく使われていますが、その反面では、危険性やデメリットもあるのです。 それは、チオグリコール酸アンモニウムが頭皮や髪の毛や皮膚についたときには、かぶれたり赤みが出てしまうことがあります。

チオグリコール酸アンモニウムは酸性の強い薬剤ですから、あなたの髪の毛や頭皮や皮膚についたときには刺激が大きすぎるのです。 チオグリコール酸アンモニウムは、また強烈なアンモニアの独特の刺激臭がします。

パーマをかけているときに、チオグリコール酸アンモニウムの危険性から、頭が痛くなったり目が痛くなってしまうこともよくあることなのです。

50種類の育毛剤を、髪や頭皮にいい栄養成分の効能で整理して、本当に効果のある育毛剤をまとめました。詳細はこちら。
育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!