トップページ >  > パーマ剤が髪と頭皮を傷める理由

パーマ剤が髪と頭皮を傷める理由


パーマをしたら、髪の毛が傷んでしまったということはよくあるトラブルです。 では、どうしてパーマをしたら、髪の毛が傷んでしまうのでしょうか?

あなたの髪の毛はタンパク質でできています。 それもかなり繊細でもろいたんぱく質なのです。 少しの刺激を受けた時にも、たんぱく質が破壊されてしまい、髪の毛が傷む原因になってきます。

健康な髪の毛はたんぱく質のケラチンで、1本1本の繊維がシステインによって結び付けられているのです。 もしも、パーマをかけると、1本1本のシステインを一度切断して、壊した後で、もう1回別の形でつなぐというパーマのメカニズムになっているのです。 だから、あなたがパーマをかけた時には、髪の毛や頭皮が傷みやすくなってしまいます。

さらに、パーマ液は強い酸性成分です。 強力な酸性の物質が髪の毛や頭皮につくのですから、そこからも髪の毛のキューティクルや奥のコルテックスや中心部のメデュラも傷つく要因になっていきます。

パーマをかけると、様々な負担が髪の毛のキューティクルにも頭皮にもかかってしまいます。 こうして、髪の毛や頭皮が傷みやすくなってしまうのです。



育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

年代別の男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!