トップページ >  > 染毛剤(染色剤)は薄毛の原因?パラフェニレンジアミンの危険性

染毛剤(染色剤)は薄毛の原因?パラフェニレンジアミンの危険性

染毛剤(染色剤)と薄毛の関係は?

よく聞く髪の毛のトラブルには、
「髪の毛をカラーリングや白髪染めをしたときに、髪の毛が傷んでしまった!」
ということがあるのです。
だから、染毛剤(染色剤)と薄毛の関係が気になります。

髪の毛を染めるときには、髪の表皮であるキューティクルから、薬剤を浸透させていきます。 染毛剤(染色剤)は、強い酸性の物質です。

どうしても、染毛剤(染色剤)をキューティクルに入れていく時には、髪の毛を傷めてしまうのです。 また、キューティクルの奥のコルテックスや中心部のメデュラも、強い酸性の染毛剤(染色剤)を使った時には、ダメージをうけてしまいます。 髪の毛を染めた時には、髪の薄毛が気になってしまうのは、酸性の染毛剤(染色剤)の悪影響です。

あなたが髪の毛を染めたときに、髪の毛の傷みが気になった時には、いつも以上に、髪のケアーを入念にやっていかなかったらいけないでしょう。 髪のキューティクルやコルテックスや中心部のメデュラを染毛剤(染色剤)酸性の薬剤で傷つけてしまったのですから、修復機能の高いシャンプーやトリートメントなどでケアーをしていくことをおすすめします。

パラフェニレンジアミンの危険性


髪の毛を染めるときには、染料やヘアダイの中に、どのような成分が配合されているのかも確認しながら使ったらいいですね。 染毛剤の中には、あなたの頭皮や髪の毛や皮膚には悪影響が大きなものがたくさんあるからです。

また、大きな健康被害を引き起こす危険な物質も含まれている危険性があるのです。 最近、問題になっているのは、染料の中に含まれている「パラフェニレンジアミン(PPD)の危険性」です。

パラフェニレンジアミン(PPD)は髪の毛を染めるヘアダイの染料の中には、含まれていることがあります。 そして、パラフェニレンジアミン(PPD)が、「アナフィラキシー」という急性のショック症状を引き起こすことが最近の研究でも明らかになってきました。

パラフェニレンジアミン(PPD)の症状は、かなり深刻で重篤なものです。 呼吸困難や顔や唇や口やのどの痛み、また咳が激しく出ることもあります。 その他にも、嘔吐をしたり、しびれや頭痛や腹痛などをおこすケースも報告されています。

さらには、高熱が出たり、体がむくむことも出てきます。 このように、パラフェニレンジアミン(PPD)の危険性も考えて、パラフェニレンジアミン(PPD)が配合された染料やヘアダイは使わない方がいいでしょう。

もしも、染毛剤(染色剤)のせいで薄毛がめだってきたと感じたら、いったん染毛剤(染色剤)の使用は止めてみてください。頭皮ケアは、頭皮のコンディションが落ち着いてからで十分です。刺激の少ない育毛剤からスタートしたほうがいいでしょう。

頭皮に優しい育毛剤をまとめました。詳細はこちら。
育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!