トップページ >  > 染毛剤(染色剤)と薄毛の関係は?

染毛剤(染色剤)と薄毛の関係は?


よく聞く髪の毛のトラブルには、
「髪の毛をカラーリングや白髪染めをしたときに、髪の毛が傷んでしまった!」
ということがあるのです。
だから、染毛剤(染色剤)と薄毛の関係が気になります。

髪の毛を染めるときには、髪の表皮であるキューティクルから、薬剤を浸透させていきます。 染毛剤(染色剤)は、強い酸性の物質です。

どうしても、染毛剤(染色剤)をキューティクルに入れていく時には、髪の毛を傷めてしまうのです。 また、キューティクルの奥のコルテックスや中心部のメデュラも、強い酸性の染毛剤(染色剤)を使った時には、ダメージをうけてしまいます。 髪の毛を染めた時には、髪の薄毛が気になってしまうのは、酸性の染毛剤(染色剤)の悪影響です。

あなたが髪の毛を染めたときに、髪の毛の傷みが気になった時には、いつも以上に、髪のケアーを入念にやっていかなかったらいけないでしょう。 髪のキューティクルやコルテックスや中心部のメデュラを染毛剤(染色剤)酸性の薬剤で傷つけてしまったのですから、修復機能の高いシャンプーやトリートメントなどでケアーをしていくことをおすすめします。



育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

年代別の男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!