トップページ >  あなたの脱毛の症状は? >  毛根は毛を抜くとどうなる?

毛根を抜くと毛が生えない?再生する?毛根の仕組みをわかりやすく解説

毛根は毛を抜くとどうなる?

人間の毛は毛母細胞につながっています。 毛母細胞から栄養分や水分をもらって、健やかな毛になるのです。 もしも毛を抜いたら、毛根はどうなるのでしょうか?

強引に毛を抜いたら毛根や毛母細胞を傷つけてしまいます。 場合によっては出血してきます。 表面上は問題がないように見えても、毛根や毛母細胞がダメージをうけているので、髪の毛がはげてしまうこともあるでしょう。 健康な毛を抜くのはおすすめできません。

毛を抜くと、途中で毛が切れてしまいがちです。 傷ついた毛が抜けないままに埋もれていますから、さらにダメージが大きくかかってきます。 「白髪になったら毛を抜くと、黒い毛が生えてくる。」 といううわさがあるので、その話を信じて毛を抜く方もいますが、白髪は抜いたら黒い毛が生えてくるということはないので、変な話にはだまされないようにしましょう。

どんな理由があっても、自分で毛を抜くことはやってはいけないことです。 自然と毛が抜けた場合にも、毛根や毛母細胞は傷んでいることが考えられますのでヘアーケアは入念にしなくてはならないでしょう。

毛根は再生するの?


髪の毛が薄くなったら、もうダメだとあきらめてしまうかもしれませんが、髪の毛はあきらめなかったら再生できます。 毛根の再生は可能なのです。 髪の毛は、決められた3つの段階のヘアーサイクルによって抜けたり生えたりを繰り返しています。

このヘアーサイクルは毛周期と言われているものです。 ヘアーサイクル・毛周期は、成長期・休止期・退行期を繰り返しています。 健やかな髪の毛を維持していくためには、ヘアーサイクル・毛周期を整えていくことが効果が高いいい方法です。 どんな方法をやったら、髪の毛が再生してヘアーサイクル・毛周期を整えられるのでしょうか? やらなくてはならないのは、髪の毛にダメージを与えないケアーで、食べ物に気を配ることが欠かせません。

たんぱく質やカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛、各種のミネラルやビタミンをまんべんなく補強して、体の中からヘアーサイクル・毛周期を正常にしていきましょう。 どの成分が欠けても髪の毛は元気がなくなって、健やかな髪の毛にすることができなくなってしまいます。 食べ物に気を配るだけではなくて、毛根の再生には育毛剤や育毛シャンプーを使うことも重要なケアーの方法なのです。 髪の毛の中から外から、毛根の再生パワーを高めていくケアーが欠かせません。

毛根鞘が抜けると毛が生えない?

髪の毛が簡単に抜けないように支えているのは毛根鞘です。 毛根鞘は髪の毛の根元についていて、頭皮の中に隠れている部分です。

髪の毛が抜けたら毛根鞘はなくなるので、新しい髪の毛が生えてくる段階で、また新しい毛根鞘ができる仕組みになっています。 髪の毛のコンディションが良くないと、毛根鞘も新しい髪の毛もできにくくなってしまうので、はげや薄毛の原因になってきます。 髪の毛が薄くなりたくない、はげたくない方はコンディションをよくして、毛根鞘もできやすく整えていきましょう。

毛根鞘のコンディションをよくしていくためには、重要になるのは毛母細胞と毛乳頭の働きです。 髪の毛も毛根鞘も毛母細胞や毛乳頭の働きによって作られていきます。 血液から毛乳頭の部分が十分な水分や酸素や栄養成分を取り込んで、髪の毛や毛根鞘を形成していくからです。

髪の毛や頭皮の血行が悪くなると、新鮮な酸素や水分や栄養成分が髪の毛に運ばれなくなるので、はげや薄毛の大きな原因になってしまうことが分かっています。 さまざまな育毛法が紹介されていますが、毛乳頭や毛母細胞の働きを活性化させる効果が高い血行を促進することも重要な育毛方法の1つになるのです。

毛根鞘って何?

人間の髪の毛は簡単に抜けては困るので、簡単には抜けないようにさやの部分で支えられています。 それが、毛根鞘と言われている部分です。

自分で髪の毛を強引に抜いた時には毛根鞘がついてきますが、自然に抜けた時には毛根鞘はついてきません。 これは、なんででしょうか? 毛根鞘は髪の毛が抜ける時にはなくなって、外には本来は出てこないものなのです。

強引に引き抜いたら、髪の毛を支えている部分が外に出てしまいますので、自分で抜いた場合のみ、毛根鞘がついてきてしまうのです。 毛根鞘は髪の毛が抜けないように、髪の毛を強く支えてガードする働きになっています。

抜け毛や薄毛やはげに悩む方は毛根鞘の働きも弱くなっていますから、強い力でひきとめてくれるものがないので、すぐに髪の毛が抜けてしまうことになります。

では、どんな方法をしたら、毛根鞘を強くできるのでしょうか? 毛根鞘の部分だけを強くすることはできませんが、毛乳頭、毛母細胞などの他の部分も同時に強化することはできます。

毎日の食生活で脂ものを食べないようにしたり、効果が高い成分が配合された育毛剤や育毛シャンプーや育毛グッズを使うことで、毛乳頭も毛母細胞も毛根鞘も守ることが可能です。

毛母細胞と薄毛の関係は?

髪の毛が薄くなったり、抜け毛が目立ってきたと感じることがないでしょうか? そんな時には、あなたの毛母細胞の働きが弱くなったことが可能性では考えられます。 毛母細胞は髪の毛を作るときには、血管から酸素や栄養成分を受け取る働きをしています。

また、メラニン色素の生成にも大きく関係をしています。 だから、毛母細胞が健康で正常な働きをしていることが、あなたの髪の毛や頭皮の健康には必要不可欠です。

しかし残念ながら、毛母細胞の働きは20代をピークにして、その後はだんだん弱くなってしまうのです。 若かったときには、髪の毛の薄毛や抜け毛のお悩みがなかった方も、30代以降になったら、髪の薄毛のお悩みがおこってしまうこともよくあるトラブルです。

毛母細胞の働きは、年齢と共にさらに弱まっていきます。 薄毛にならないためには、30代以降になったら毛母細胞を意識的に活性化させていくことが肝心です。

最近では、毛母細胞と薄毛との関連性に関心が高まっています。 薄毛にならないように、毛母細胞を活性化させる効果が高い育毛剤、シャンプー、トリートメントを使うことが大事です。

毛母細胞ってどんな役割をしてる?

髪の毛の健やかな成長を考えた時には、毛母細胞の役割のことも考えていかなかったらいけないでしょう。 毛母細胞は、毛根の根元にある「毛母」という場所にある細胞です。

毛母細胞には、毛細血管が多く集まっています。 そして、あなたの髪の毛や頭皮に栄養成分や酸素などを補給しているのです。 だから、毛母細胞の働きが活発ではなくなったら、髪の毛や頭皮は十分な栄養成分や酸素を受け取ることができなくなってしまうでしょう。 その悪影響から、髪の毛がはげたり少なくなってしまう大きな要因になってしまうのです。

また、髪の毛は常に新しい髪の毛になっていくために、新陳代謝を繰り返しています。 その髪の毛の新陳代謝にも、毛母細胞は大きく関係をしています。

髪の毛が健康な新陳代謝をするときには、毛母細胞が毛乳頭から新しく作り出されていく髪の毛をコントロールすることによって成り立っているのです。 そういう意味で、正常な毛母細胞が髪の毛の育成を司っているといえます。

さらには、髪の毛が白髪にならないで、メラニン色素が多く含まれた黒髪になっていく時にも、毛母細胞がメラニン色素の働きをコントロールしているのです。 このように、あなたの健康的な髪の毛や頭皮の育成には毛母細胞の働きが欠かせません。

毛乳頭ってなに?

髪の毛の毛根部は毛母細胞と毛乳頭などからできています。 毛母細胞と毛乳頭の部分はつながっていますから、髪の毛の健やかな成長のためには両方共が働きが活発でなくてはならないのです。

毛乳頭は髪の毛が作られていく元になっている部分です。 毛乳頭が元気がないと、新しく髪の毛も生えてきにくくなります。 今生えている髪の毛も抜けやすくなってしまうので、まずは毛乳頭から元気にしましょう。 毛乳頭を健康にするためには、新鮮な血液や酸素や水分が欠かせません。

血行が滞っていたら、十分な酸素や血液を毛乳頭に取り込むことができないので、髪の毛が抜けたり薄くなってきます。 毛乳頭に元気がなくなると、毛母細胞の働きも悪くなってしまうのです。 毛乳頭と毛母細胞の働きは連動しているので、毛乳頭の働きがよくなったら、同時に毛母細胞の働きも高められるという仕組みになっています。

将来的な薄毛や抜け毛やはげや男性型AGAの治療には、毛乳頭の細胞を培養して移植するという高度な治療も受けられるようになるかもしれません。 すでに、医学や美容の現場では毛乳頭の細胞の培養の研究も盛んになっています。

髪の毛の周期サイクル(毛周期)って何?

人間のお肌や髪の毛などの細胞は、毎日新しくなって生まれ変わっていきます。 髪の毛は独特の「ヘアサイクル」によって、どんどん新陳代謝を繰り返していくのです。 健康な髪の毛で脱毛や抜け毛をなくしているときには、このヘアサイクルに特に注目すべきです。

ヘアサイクルは、別名では「毛周期」と言われています。 どなたでもヘアサイクルでは、「成長期」「退行期」「休止期」の3つの段階を踏んでいます。 「成長期」は、あなたの髪の毛の毛乳頭や毛母細胞の働きが活性化していき、新しい髪の毛が増えていく時期です。

次の「退行期」では、髪の毛の成長が止まってしまいます。 毛乳頭や毛母細胞の働きも鈍っていく時期です。

最後の「休止期」では、完全に髪の毛のヘアサイクルが止まってしまう時期です。 そして、「休止期」では、また次回の「成長期」に備えて、髪の毛の栄養成分を蓄えていく時期にあたります。 「休止期」になったら、髪の毛が抜けて新しい髪の毛が生えていくのに、毛髪や毛穴や頭皮も備えているのです。 自分の健やかな髪の毛を維持していきたい時には、髪の毛の周期サイクル(毛周期)を整えていく必要があります。


50種類の育毛剤を、髪や頭皮にいい栄養成分の効能で整理し、効果のある育毛剤をまとめました


育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!