トップページ >  あなたの脱毛の症状は? >  考えすぎる職業は脱毛の原因?

考えすぎる職業・ストレスが多い人の脱毛の原因と対策

考えすぎる職業の人はハゲ(脱毛)になる?

研究者、学者、エンジニア、数学者などの考えすぎる職業の人はハゲ(脱毛)になる?というのは本当でしょうか? 自分の身の周りの方を見回すと、確かにそういう傾向があるかも、と思ったことはありませんか? この噂は本当だとしたら、半分以上環境因子によるものだと思われます。

髪の毛が抜けてしまったり、はげてしまう時には、男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」などの悪影響を受けることも考えられます。 男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」などの悪影響を受けた時におこるのは、男性型脱毛症・AGAです。 脱毛は男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」の悪影響からだけではなくて、そのほかにもさまざまな原因から引き起こされてきます。

髪の毛の成長には悪影響が大きくなっているのは、ストレスです。 髪の毛にストレスが溜まった時には、たった1晩ではげてしまうという研究データーもあるのです。 ただ単に男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」の悪影響を考えるのではなくて、ストレスを貯め込まない生活習慣も送っていかなくてはならない大事な育毛の心がけです。

あなたが考えこむ職業や性格だったら、その分ストレスがたまっているので、髪の毛が抜けたりはげてしまうかもしれません。 これからは、考えこむ職業や性格でもストレス解消を上手にやって、気分転換を心がけてることが必要です。

ストレスが頭皮に与える影響はどの程度?

一般に、考えすぎる職業の人は、思考の奥深くでロジックがうまくいかないことがあるとストレス負荷が大きそうです。
最近の研究でも分かってきましたが、様々なことにストレスが悪影響を与えているのです。 その中には、ストレスがかかったら、頭皮や髪の毛には悪影響が大きいと言われています。

理由は2つあります。

1つ目は、あなたがストレスを感じた時に、血行が悪化し、栄養や酸素の体内循環が悪くなるからです。 頭皮や髪の毛は血液から、栄養成分や酸素を取り込みながら発育をしているのです。

血行が悪化した時には、頭皮や髪の毛に十分な栄養成分がいきわたらなくなってしまいます。 そのために、髪の毛が抜けたりはげてしまうことにつながっていきます。

2つ目は、ストレスによって、人間は自律神経が乱れるからです。 自律神経の乱れも、あなたの頭皮や髪の毛にはよくない現象です。

乱された自律神経は、血液中に大量にアドレナリンが分泌されます。 そのアドレナリンが、あなたの頭皮や髪の毛を過度に刺激するのです。

このように、複数のストレスによるトラブルから、髪の毛や頭皮には目に見えない悪影響が広がっていくのです。 だから、健やかな髪の毛や頭皮の環境のためにも、ストレスをかけない生活を送っていかなくてはならないでしょう。

肩こりがひどいとハゲ(脱毛)になる?

考えすぎる職業の人に多いのは、肩こりです。考えすぎる職業の特徴からして、運動不足になりがちであることは否めないでしょう。
髪の毛が健やかであるためには、血流が活発でなかったらいけません。 血流が活発だったら、髪にも頭皮にも十分な酸素や栄養成分が運ばれていきますから、毛母細胞も細胞分裂を繰り返して新しい髪の毛がどんどん再生して生えてきます。 けれども、もしも髪の毛や頭皮の血行が盛んではなかったら、十分な酸素や栄養成分が運ばれてこないので、毛母細胞は栄養不足・酸素不足になってしまうのです。 大事な働きのある毛母細胞の働きは停滞していきますから、はげたり薄毛になってしまうという仕組みです。

肩が凝っている方も、肩や頭部や全身の血行が良くないことが考えられます。 肩こりがひどかったら、同時にそれは髪の毛や頭皮も血行が悪くなっていますから、髪の毛が脱毛する危険性が高い血行不良の状態です。

日本人でもサラリーマンやOLさんなどを中心にして、ひどい肩こりに悩んでいる方がたくさんいるでしょう。 そんな方は、多くの場合では薄毛やハゲが進行をしています。 今は、まだ髪の毛が少なくなっていなくても、肩が凝っていたら将来はげてしまう危険度も高いですから、髪の毛の頭皮ケアも入念にやっていかなくてはならないといえます。

考えすぎる職業の薄毛対策にいいベストな対策


髪の毛がはげたり薄くなってしまうのは、血液の中で、男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」の濃度が高くなった時におこってきます。 血液中の「ジヒドロテストステロン(DHT)」の濃度を低くしたら、男性型AGAなどの男性ホルモンの過剰な分泌によって引きおこされる脱毛症は予防や改善ができるのです。

おすすめは、ウォーキングやジョギングを行って、血液中で高まった「ジヒドロテストステロン(DHT)」の濃度を抑えることが有効です。 軽い有酸素運動を行ったら、気持ちのいい汗をかきます。 汗をかくと、汗と共に男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」が体の外に出ていく仕組みになっています。 ハードな運動ではなくて、有酸素運動で軽く汗ばむ程度のウォーキングやジョギングを行うことが有効な薄毛やハゲの対策です。

軽いウォーキングやジョギングなどの運動をやったら、気分転換やストレス解消もできます。 髪の毛がはげてしまう時には、過度なストレスがたまったらよくないので、ウォーキングやジョギングをやって、ストレスをためない体を作っていくのも効果的な薄毛や脱毛症の対策になります。

すでに薄毛になりかけている方には、ジョギングに加えて、育毛剤や育毛サプリを使うと相乗効果が上がりやすくなります。

50種類の育毛剤を、髪や頭皮にいい栄養成分の効能で整理して、本当に効果のある育毛剤をまとめました。詳細はこちら。


育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!