トップページ >  あなたの脱毛の症状は? >  男性ホルモンが多いとハゲやすい?

男性ホルモンが多いとハゲやすい?


髪の毛のハゲや脱毛は、男性ホルモンが大きく鍵を握っています。 男性が髪の毛が薄くなったことに悩んだ時には、「男性型脱毛症(AGA)」になったことが考えられます。

男性がかかってしまう脱毛には、「男性型脱毛症(AGA)」だけではなくて、その他にも円形脱毛症や薬剤性脱毛症や圧迫型脱毛症や瘢痕型脱毛症などがあるのです。 円形脱毛症や薬剤性脱毛症、圧迫型脱毛症、瘢痕型脱毛症などは男性ホルモンの働きには無関係ですが、「男性型脱毛症(AGA)」になったら、男性ホルモンの悪影響が脱毛の原因としてあげられます。

男性ホルモンの「テストステロン」が酵素と結合をしたら、脱毛ホルモンの(DHT)が合成されてしまいます。 「テストステロン」に、5aリダクターゼが結合をして、ジヒドロテストステロン・DHTに変化するのです。 このジヒドロテストステロン・DHTができあがったら、「男性型脱毛症(AGA)」で髪の毛が抜けたり少なくなったりする仕組みになってきます。 各種の脱毛症の中でも「男性型脱毛症(AGA)」は男性ホルモンの分泌量によって、かかりやすい体質の方とかかりにくい安全な体質の方に分かれてきます。







育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

年代別の男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!