トップページ >  あなたの脱毛の症状は? >  男性更年期と脱毛・薄毛の関係

男性更年期で薄毛や脱毛に悩む理由と対策

男性更年期と脱毛・薄毛の関係

「更年期障害は女性だけがなるものだから、男性は関係ない!」 と思われていましたが、医学の研究から、男性でも女性と同じように更年期障害にはなることが解明されてきました。 男性でもなってしまう更年期障害には、脱毛や薄毛があります。

更年期障害が発症をするのは年齢を重ねてきて、ホルモン分泌量が減ってしまうことが原因です。 人間の体から分泌されていた数々のホルモンが分泌されなくなるので、髪の毛が以前ように、新しく生えてこなくなるメカニズムになっています。

男性ホルモンのテストステロンは5アルファーリダクターゼという還元酵素の力で、DHT(ジヒドロテストステロン)に合成されます。 DHT(ジヒドロテストステロン)は毛母細胞に働きかけて、男性型の脱毛の原因になってしまうことが分かっているのです。 これは、若い方の正常な男性ホルモンの働きです。

更年期になって、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)や女性ホルモンなどの複雑に絡み合ったホルモンバランスが乱れた時にも更年期特有の薄毛や脱毛を引き起こすと考えられています。 健やかな髪の毛の邪魔になる男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)も更年期になってバランスが乱れた時には、薄毛や脱毛にさらに悪影響をもたらすのです。

更年期前に薄毛や脱毛に悩む人が多い理由


以前は、更年期になってしまうのは女性と思われていたのです。 けれども、最近では女性と同じように、男性も更年期にかかってしまうことが分かってきました。

そして、男性でも女性でも同じように、更年期前の40代前後になったら、髪の毛の薄毛や脱毛に悩む方が増えています。 では、どうして更年期前に薄毛や脱毛に悩む人が多くなっているのでしょうか?

その大きな原因は、何と言ってもホルモンバランスの変化です。 特に、女性は更年期前になったら、生理が終わって閉経期になるのです。 閉経期になったら、今までは十分に分泌されていた卵巣ホルモンなどの女性ホルモンが出なくなってきます。

髪の毛を健やかにキープしていくのは、卵巣ホルモンなどの女性ホルモンの働きが大きいと言われています。 閉経期・更年期前になったら、女性ホルモンが分泌されなくなっていきますから、薄毛や抜け毛につながってしまうのです。

また、男性でも女性と同じように、更年期前になったら、ホルモンバランス全体に乱れが生じてきます。 その悪影響から、男性でも40代になったら、更年期前に薄毛や脱毛に悩む人が多い理由につながってしまうと考えられています。

男性更年期の頭皮に必要なのは、今まで以上の頭皮ケアです。この時期に生体バランスを大きく崩すのはしかたのないことなので、体の外からのメンテナンスで、男性更年期を乗り切るまで耐えしのぶしかありません。

生活習慣の見直しはもちろん、育毛剤はもちろん、育毛にいい栄養やサプリの摂取が必要です。当サイトでも、世代に合わせて髪や頭皮にいい栄養成分の効能を整理して、効果のある育毛剤をまとめているのでチェックしてみてください。




育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!