トップページ >  あなたの脱毛の症状は? >  薬剤性脱毛症とは?

薬剤性脱毛症とは?


人間が病気にかかった時には、様々な薬剤を使いながら、病気の治療を行っていきます。 病気の治療には薬剤はなくてはならないものですが、薬剤はその効果が高いものほど一方で危険な副作用をおこすのです。 強い副作用がある薬剤を使った際には、「薬剤性脱毛症」になってしまうことがあります。

「薬剤性脱毛症」でよく知られているのは、がんになった時に使う抗がん剤の副作用から、髪の毛が全くなくなってしまうことです。 がん患者さんは薬剤性脱毛症になってしまうので、がんの治療以外にも脱毛のお悩みを抱えることになります。

カツラなどの普及活動や誤解を引き起こさないための薬剤性脱毛症の正しい理解を得る啓蒙活動なども盛んにおこなわれるようになりました。 がん治療に用いられる抗がん剤だけではなくて、C型肝炎の治療などに効果が高いインターフェロン-αや抗ウイルス剤などでも、薬剤性脱毛症になってしまうことがあります。

抗がん剤やC型肝炎の治療に効果が高いインターフェロン-αや抗ウイルス剤などは、病気にかかった細胞を破壊させたり死滅させたりすることで、病気の治療を行っていくので、健康な毛母細胞も同時に破壊されてしまい、薬剤性脱毛症で髪の毛が脱毛をしてしまうのです。







育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

年代別の男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!