トップページ >  あなたの脱毛の症状は? >  ホルモン異常などに伴う脱毛症

ホルモン異常などの病気に伴う脱毛症とは?


男性でも女性でも薄毛になってしまう原因では、ホルモン異常からなってしまうことが考えられます。 髪の毛が健やかに維持されていくためには、男性ホルモンや女性ホルモンが正しく分泌されていくことが欠かせません。 何らかの病気や異常から、正しくホルモンが分泌されなくなった時には、ホルモン異常などの病気に伴う脱毛症になってしまいます。

男性が男性型脱毛症・AGAや若年性脱毛症にかかる時には、発症原因として、男性ホルモンの異常が考えられるのです。 「テストステロン」といわれている男性ホルモンが、「5-aリダクターゼ」の酵素と結合をして化学反応をおこしたら、「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンが合成されます。 「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンが合成されたら、髪の毛が成長する機能がダメージを受けて妨害されてしまうのです。 そのせいで、男性型脱毛症・AGAや若年性脱毛症になる人間の髪の毛の仕組みです。

このほかにも、ホルモン異常などの病気に伴う脱毛症には、男性でも女性でもかかる危険性のある円形脱毛症や女性の方がなる「産後脱毛症」や「更年期障害に伴う脱毛症」などが考えられます。







育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

年代別の男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!