トップページ >  男性用育毛剤の基礎知識 >  男性ホルモンと抜け毛の関係

男性ホルモンと抜け毛の関係

薄毛・抜け毛の原因は男性ホルモンの働きによるものであることが確認されています。
男性ホルモンの一種である「テストステロン 」は、筋肉の増大や体毛の増加の作用を持つホルモンです。 このテストステロンが「5-αリダクターゼ 」と呼ばれる酵素により、「ジヒドロテストステロン(DHT) 」に変換されると、このDHTが抜け毛や薄毛の原因物質になります。

5αリダクターゼとは、皮脂腺や毛乳頭などに存在する酵素で、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンと結び付く働きをします。 そして、 5αリダクターゼとテストステロンが結びつくと、 ジヒドロテストロン(DHT)という脱毛や薄毛の要因となる物質に変化するのです。

5αリダクターゼとテストステロンが結びつかない様に、 ジヒドロテストロン(DHT)が発生しないようにすることです。 男性ホルモン抑制成分は、この働きをすることが期待されている成分で、男性育毛剤を選ぶ際はこれが含まれているタイプのほうがよいでしょう。

女性の場合、男性ホルモンを少量しか持ちません。
最近では男性の1/3程度の男性ホルモンを持つ方も増えているので、女性用育毛剤にも男性ホルモン抑制剤が配合されるケースが増えています。 女性の場合、ご自身のタイプに合わせて男性ホルモン抑制成分が含まれている育毛剤を選びましょう。

男性ホルモンと抜け毛の関係

  5αリダクターゼとテストステロンが結びつくと、 ジヒドロテストロンという脱毛や薄毛の要因物質が生まれる
  男性ホルモン抑制成分は、5αリダクターゼとテストステロンが結びつかないようにブロックする
  男性の場合、育毛剤・育毛シャンプーに男性ホルモン抑制成分が含まれているほうがベター






育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

年代別の男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!