トップページ >  育毛剤の効能成分 >  育毛成分の効果を分類する

育毛成分の効能を分類する

育毛成分の効能は、10個の効能に分類されます。 10個というのは、男性ホルモン抑制、血管拡張、栄養補給、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化です。 育毛剤や育毛シャンプーに含まれる配合成分は、この10つの効能のうち、どれかを満たしているわけです。 すべての配合成分についてチェックすれば、その育毛剤や育毛シャンプーが10の効能のうち、どのくらい効能をカバーしているかがわかります。

一概に育毛といっても、実際に役割をどれだけ果たしているかを見ると、ヘアケア用品は実力が確認できるのです。 当サイトでは、上記の方法で、育毛剤や育毛シャンプーを採点しています。 個別の製品を、配合成分について効能をマッピングし、さらに全商品を一辺に比較できるように表にしました。 具体的な成分の効能やよくつかわれる成分もまとめてあるので、参考にしてください。

育毛成分の効果・効能の分類

  育毛成分の効能は、10つの効能に分けられる
  男性ホルモン抑制、血管拡張、栄養補給、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化の10の効能



当サイトでは、育毛成分の効能カバー率を重視して、育毛剤を評価しています。 たとえば、ある育毛剤について、以下のように全成分を効能で分類することで採点しています。

気になるヘアケア商品がある場合は、それぞれの効能表を確認してみてください。

育毛剤Aの成分分析(例)
成分の種類 働き 商品中の配合成分 働きの効果
男性ホルモン抑制剤 脱毛の原因をブロック
抹消血管拡張剤 頭皮の血行促進 センブリエキス、 ニンジンエキス
栄養補給剤 頭皮細胞の活性化、ビタミン不足の補給
抗脂漏剤 皮脂分泌を抑制する
保湿剤 頭皮の水分保持 みかんエキス、 宮内イヨカンエキス、 甘夏柑エキス
消炎剤 肌の炎症を抑える、かゆみ予防 グリチルリチン酸
頭皮代謝活性化剤 皮膚呼吸の酵素を活性化
抗菌・殺菌剤 皮脂を栄養とする微生物の活動を抑制する
角質溶解剤 角質を膨潤させてフケを予防する
抗酸化剤 毛穴の酸化、活性酸素を抑制




育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

年代別の男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!