トップページ >  育毛剤の効能成分 >  抗酸化成分

育毛剤の抗酸化成分

毛穴の酸化や活性酸素は頭皮の老化を早めますが、抗酸化成分は、毛穴の酸化や活性酸素を抑制してくれます。

紫外線とともに、老化の大きな原因となるのが、「活性酸素」です。 活性酸素は私たちの呼吸によって取り込まれた酸素の一部が体内で変化して発生する有害な物質です。 活性酸素は、紫外線、喫煙、ストレス、不規則な食生活、さまざまな外的要因により発生やすくなります。

この活性酸素の発生を最小限に抑えることができるのでしょうか? 原因となる外的要因をなくすこと。紫外線対策やストレスを防ぐ生活を心がける必要があります。

では、できてしまった活性酸素はどうしたらよいのでしょう。 私たちの体の中には元々活性酸素を抑える「抗酸化物質」(SOD)という成分が備わっています。しかし、それも30歳を過ぎるとぐっと少なくなってきます。そこで、その役割をしてくれる物質を摂取することが必要になってきます。 バランスの取れた食生活やスキンケアで、抗酸化物質を取り入れることが重要です。

紫外線などの刺激が与えられると活性酸素が発生して、細胞が傷つけれますが、ビタミンCにはそれを防ぐ作用があります。 特にビタミンC誘導体は紫外線が当たっても、酸化することもなく活性酸素から肌を守ってくれますので、 日中の紫外線を浴びる前、朝のスキンケアとして使うのも効果的です。

抗酸化物質を多く含んでいる食物を取る必要があります。近年、研究が進んでポリフェノール、ゴマリグナンなどが強力な抗酸化力を持っていることがわかってきました。 代表的な抗酸化物質はβカロチン、ビタミンC、ビタミンE、ゴマリグナン、赤ワインなどに含まれるポリフェノール、お茶に含まれるカテキンなどです。 これらの頭皮に抗酸化成分を与えることで、皮脂による毛穴の酸化や活性酸素の活動を抑制することができます。



毛穴の酸化や活性酸素を抑制する代表的な成分

ヨーロッパブナエキス、フランスカイガンショウ樹皮エキス(ピクノンジェノール)、ニコチン酸アミド、イヌラクリスモイデエキス、デカルボキシカルノシンHCl、ウメクロウメモドキ油、オキナワモズクエキス(フダイコンエキス)、ワレモコウエキス、エイジツエキス(ノイバラ果実エキス)、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、アスコルビン酸、アセロラエキス、ビルベリー果実エキス、ポリ乳酸、プロシニアジン、オタネニンジンエキス、ザクロエキスなど






育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!