トップページ >  育毛剤の効能成分 >  角質溶解成分

育毛剤のフケを抑える成分まとめ~フケ予防成分が多い育毛剤

頭皮の角質溶解剤というのは、角質を柔らかくしてフケを予防する特徴があります。 頭皮のパサツキ対策には、保湿第一ですが、フケには頭皮の角質を膨潤させてから軟化させることもポイントです。 角質を柔らかくすることは、フケを予防するだけでなく、脱毛予防につながります。

フケを予防するのに有効な成分の一つに、角質溶解成分があります。 これは、頭皮を固くしている原因の角質を溶かし柔らかくする、という作用があります。

育毛剤の角質溶解成分

一口に角質溶解成分といっても、詳しく言うと、サリチル酸、レゾルシン、乳酸、エビネエキス、ヨクイニンエキス、トレハロース、ホップエキスが主にあげられます。 どれも、角質を柔らかくする作用を持ちますが、副作用をもたらすものもあります。

それはレゾルシンのことで、これは強い殺菌作用をもつため、まれにかゆみを伴うことがあるようです。 肌が弱い人は気を付けた方が良いかもしれません。 角質溶解成分によって、角質が柔らかくなり水分を含むようになり頭皮が柔らかくなりますが、頭皮が柔らかいというのは薄毛の予防にも適した環境です。

頭皮が柔らかいと結構も良くなり、薄毛を予防できるのです。 実際、頭皮が固くふけ・かゆみを持つ人は薄毛になりやすいようです。 なので、今、フケやかゆみに悩んでいる方には、将来的に薄毛も予防できますし、またフケの改善も望める角質溶解成分の入ったシャンプーなどの頭皮ケアをすることをお勧めします。



頭皮を柔らかくする代表的な成分

エビネエキス、サリチル酸、トレハロース、レゾルシン、乳酸、ヨクイニンエキス、ホップエキスなど





フケ・痒みがとまらない男性用育毛剤

フケ・かゆみが多くて困っている男性の方が、育毛シャンプーを選ぶ際には、「保湿成分」と「角質溶解成分」が入っているか確認しましょう。

頭皮の角質溶解剤は、角質を膨潤させてフケを予防します。 角質溶解成分は、フケの元となる角質層を柔軟にする成分で、角質層が柔らかくなるので、洗浄効果もあがり、シャンプーとは相性がいい成分なのです。

特に男性の場合は、皮脂の分泌が多すぎることで角質層がはがれ落ち、かゆみをともなって頭皮の状態が悪くなることがあります。 ある時期からフケが多くなると、かゆみとともにひどくなりがちなのも特徴です。 頭皮の角質を膨潤させる角質軟化成分がふくまれていると、頭皮のコンディションを整えられます。

かゆみ・フケがとまらない男性向け育毛剤なら、【保湿+角質溶解剤】を含むものにしましょう。

角質溶解成分が配合されている育毛剤は、下のとおりです。
(「保湿」「角質溶解」の列が、"○"か"◎"の男性用育毛剤のみを全商品から抽出)

中でも特にいいのは、薬用ポリピュアEXです。

また、角質溶解の要素は弱いですが、保湿や抗脂漏で、特にフケにいい育毛剤として有名なのは、 育毛剤ケフトルローションEXです。

成分評価ページで、実際の成分をそれぞれ比較してみてください。


フケ・痒みがとまらない育毛剤リスト(「保湿」「角質溶解」の列が"○"か"◎"を抜粋)

男性ホルモン
抑制
血管
拡張
栄養
補給
抗脂漏 保湿 消炎 頭皮
代謝
抗菌 角質
溶解
抗酸化 特徴成分
総評

ダブルテラ

なし




薬用ポリピュアEX

バイオポリリン酸






育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!