トップページ >  育毛剤の効能成分 >  消炎成分

育毛剤の消炎成分

にきびや湿疹が頭皮にできてしまうと、当然その部分から毛は生えません。 肌荒れの消炎成分で、頭皮環境を整えることは大事なポイントです。

育毛剤を使用するにあたり、気をつけなければいけないことがあります。スキンケアでも自分の肌質に合っていないものを使用すると肌が炎症を起こしてしまうように 育毛剤の使用においても、自分の頭皮に合った育毛剤を使用しなければ逆効果になってしまうこともあります。 育毛剤を使用する際には、含まれている成分に目を通し、炎症を引き起こすような成分が入っていないかチェックしてから使用を開始することをお勧めします。

逆に、育毛剤に含まれている成分の中でも「グリチルリチン酸ジカリウム 」という成分は肌(頭皮)の炎症を抑える働き・効能があります。 この成分はニキビ対策の化粧品などにも多く使用されているもので、炎症を抑えるという意味では最も適した成分だと思います。 しかし、ステロイド作用も報告されており。使用しすぎるとかえって肌に悪影響を与えてしまうとされています。 しかし、育毛剤での使用でしたら特に使いすぎるという心配もありませんし、特に気にされなくて大丈夫です。 育毛剤の使用による肌の炎症の事例も多くありますので、それを防ぐためにも是非、育毛剤選びの際にはこの「グリチルリチン酸ジカリウム 」という成分が含まれているか チェックしてみてください。



頭皮を炎症を抑える代表的な成分

グリチルリチン酸2K、ラウレス-9、アラントイン、エビネエキス、アルテア根エキス、シラカバエキス、ケープアロエエキス、ヤグルマギク花エキス、マテチャ葉エキス、ヘチマエキス、コーヒー種子エキス、アルテミシアウンベリホルミスエキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、カニナバラ果実エキス、ダマスクバラ花水、ラベンダーエキス、アロエエキス(アロエベラ葉エキス)、ショウキョウエキス、シャクヤクエキス、マンゴーエキス、アムラ、リタ、タカサブロウエキス、シナノキエキス(フユボダイジュ花エキス)、オノニスエキス、塩酸ジフェンヒドラミン、カンゾウエキス、チンピエキス、ボタンエキス、オウゴンエキス、ビワ葉エキス、クララエキス、アルニカエキス(アルニカ花エキス)、オドリコソウエキス、PCA亜鉛、セイヨウトチノキ種子エキス(マロニエエキス)、ハマメリスエキス、ブドウ葉エキス、ユーカリエキス 、トウガラシチンキ、トウキンセンカエキス、フユボダイジュ花エキス、セイヨウノコギリソウエキスローズマリーエキス、カミツレエキス、サクラ葉抽出液、アロエベラエキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、セージ葉エキス、トウキンセンカ花エキス、ドクダミエキス、スギナエキス、月見草エキス、紫根エキス、ブッソウゲ葉エキス、オウゴンエキスなど







育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!