トップページ >  > 20代男性の薄毛の割合と原因と対策~20代男性の髪の毛が薄いのはこう治る

20代男性の薄毛の割合と原因と対策~20代男性の髪の毛が薄いのはこう治る

20代男子のハゲ(薄毛)の割合


20代になったら、徐々に髪の毛が少なくなったり、抜けてくる薄毛や抜け毛のお悩みを持つ方が多くなっていきます。 20代男子のハゲや薄毛の割合は、1割程度という統計もあるのです。 これは、10代の数%に比べても少しずつ増えています。

20代はまだまだ薄毛やハゲには関係ないと、お悩みを持たないかもしれません。 20代から自分の髪の毛の薄毛やハゲの対策やケアをやっていったら、30代以降になっても、健やかな髪の毛を保つことができます。

20代の男子だったら薄毛やハゲの割合は1割程度と少ない数字ですが、早めに、髪の毛の育毛ケアをやっていくといいでしょう。 自分が20代で薄毛やハゲのお悩みがあっても、早めに育毛ケアをやったら髪の毛を守ることができます。

反対に、1割の薄毛やハゲの中に20代では入っていなくても、早い段階からケアーをやらなかったら、30代になったら、30代男子のハゲや薄毛の仲間入りをしてしまう危険性があるのです。

薄毛やハゲには今も将来もなりたくないと危機感を抱いている方は、20代の早い時期から、積極的に頭皮や髪の毛の育毛ケアをやっていく心がけが大事です。

20代の薄毛の原因と対策まとめ

男性の方で、まだ20代という若いうちから薄毛の症状に悩まされている方もけっこういらっしゃいます。

髪の毛が薄いと、ヘアースタイルのオシャレをするのにも気になります。これからひどくなっていくのではないかと心配にもなりますね。

20代で薄毛の方は、今のうちから原因をなくし対策をしていくことで、治っていくことが多いようです。予防方法などをまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。


20代の薄毛の原因まとめ

20代の薄毛の原因と対策まとめ~20代の髪の毛が薄いのはこう治る 男性で20代という若いうちから薄毛になってしまう方もいます。じつは、20代男性の薄毛の原因は5つありますので、まとめてみました。


AGA(男性型脱毛症)が薄毛の原因となっている

20代の場合、男性はAGAが薄毛の原因となっているケースが多いとされています。AGAとは男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因となって引き起こされる疾患です。

DHTは体毛を濃くしたり、体を筋肉質にしたりするなど、男性らしい体を作ってくれる重要な物質です。

ただ、困ったことに頭部の脱毛を促進させる原因にもなってしまうのです。AGAによる薄毛には特徴があり、額の生え際が徐々に後退していくか、つむじ周辺の薄毛が徐々に広がっていくかの2パターンしかありません。
このような形で薄毛になった場合は、AGAを疑った方がいいのではないでしょうか。


過剰なダイエットで毛髪の栄養が不足している

男性ホルモンは女性の体内にもありますので、理論的には女性がAGAを発症する可能性もあるのですが、女性の場合は20代の場合は気にしなくてもいいでしょう。
20代ならば毛髪の成長を促す女性ホルモンが盛んに分泌されているからで、これによってDHTの働きを抑えているのです。

ただ、それも毛髪に必要な栄養分がちゃんと確保されていればの話です。男性の場合でも女性の場合でも、過剰なダイエットによって毛髪に必要な栄養分が不足していれば、毛髪の成長が妨げられてしまい、薄毛の原因になります。

スリムでいたいという気持ちは分かるのですが「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。20代の薄毛の原因としては、可能性が高いもののひとつです。


食生活の乱れで皮脂が過剰分泌している

過剰なダイエットも問題ですが、自堕落になってしまうのも良くありません。肉類やスイーツなど脂肪分の多いものを摂取しすぎるのも、薄毛の原因になりかねません。

20代はまだまだ新陳代謝が活発なこともあり、ちょっとした脂肪分の取りすぎが皮脂の過剰分泌の原因になってしまいます。そうでなくても頭皮は皮脂の分泌量が多いため、分泌過剰になりやすいのです。

皮脂の分泌が過剰になると毛穴に詰まって湿疹の原因になり、頭皮環境が悪化します。頭皮は毛髪にとっては「畑」のようなものですから、頭皮環境の悪化が毛髪にも影響を与えるというわけです。


社会に出て働き始めたことによるストレス

20代になれば、ほとんどの人は社会に出て働き始めます。慣れないうちはいろいろと失敗をしてしまうものですし、それによってストレスが蓄積してしまうこともあるでしょう。

問題はこのストレスが薄毛の原因になってしまうということです。ストレスが蓄積している状態では、自律神経のうち交感神経の働きが優勢になっています。

交感神経の働きのひとつに末梢血管を収縮させるというものがあり、これによって頭皮の血流が悪化し、毛根に十分な栄養が行き渡らなくなってしまうのです。これでは毛髪に必要な栄養分をしっかりと摂取していても「宝の持ち腐れ」になってしまいます。


パーマや染色、髪型が毛根に負担をかけている

20代ですから、オシャレをしたいという気持ちは分かるのですが、パーマや染色は頭皮にダメージを与えてしまいます。

化学成分が含まれていないシャンプーも同様です。洗髪をほとんどしないというのは論外ですが、洗髪のしすぎも皮脂の過剰分泌を招き、頭皮環境悪化による薄毛の原因になってしまいます。

また、男性でもポニーテールのような結わえる髪形をしている人は、髪形によって毛根に負担がかかっています。
そのような髪形をずっと続けていると牽引性脱毛症になってしまいますので、注意が必要です。

よく薄毛を隠す際にパーマ・カラーリングなどを検討している人がいますが、かえって薄毛の進行を助長することにつながってしまう可能性があります。


20代の薄毛の対策まとめ

20代の薄毛の原因と対策まとめ~20代の髪の毛が薄いのはこう治る ストレスや頭皮環境の悪化から、20代といった若い年齢なのに、薄毛に悩まされることがあります。

しかし、対策をすることで予防することもできるのです。20代男性が薄毛にならない予防対策5つをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

クリニックや育毛剤でAGAの発生を抑える

AGAの治療は新陳代謝の盛んな若い時期に始めると効果が大きくなりますので、20代ならばかなりの効果が期待できそうです。

どうしても気になるというのでしたら、AGAクリニックをはじめとする医療機関を受診し、治療してみるのもいいでしょう。
ただし、AGAの治療は保険が適用されませんので、それなりのコストがかかることは覚悟しておいた方がいいでしょう。

時間や金銭面でクリニックへ行くのが厳しい方は、AGAの原因となるDHTの発生を抑制する成分の入った育毛剤や、育毛サプリを試してみるといいでしょう。

過剰なダイエットや、脂質の過剰摂取に気をつける

過剰なダイエットにしろ、脂質の摂取過剰にしろ、食生活を改善することが薄毛解消につながることには変わりありません。

毛髪の成長に必要な栄養素はタンパク質、亜鉛、ビタミンB群です。これらの栄養素を十分に摂取するようにしましょう。亜鉛のように吸収率が低いものは、サプリメントを活用するのもいいかもしれません。

そして、20代ならば脂質の多いものを食べたくなる気持ちも分かりますが、肉体労働ならともかく、オフィスで働いているくらいだとそれほどエネルギーは消費しませんので、脂質の摂取過多になってしまいかねません。
少し控えめにするくらいでちょうどいいのです。


仕事でのストレスを適度に解消する

上にも書きましたが、過剰なストレスは薄毛の原因になります。仕事でストレスがたまるのは仕方がありませんが、仕事が終わったら同期と飲み会をするなど、適度にストレスを解消する方がいいでしょう。

リラックスすることでもうひとつの自律神経である副交感神経が活発になり、頭皮の血流良化によって毛根に十分な栄養が行き渡り、薄毛を解消できるからです。

運動で心肺機能アップとストレス解消をはかる

運動不足は心肺機能を低下させ、血流の悪化を招いてしまいます。適度な運動をすることで心肺機能をアップさせれば、血流良化による薄毛解消に期待が持てます。

また、適度な運動はストレス解消にもつながりますので、血流良化の相乗効果が期待できます。

頭皮の血行不良は頭皮を硬くしてしまったり、栄養不足を招いてしまったりと抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。
引用元:頭美人


適切な洗髪や帽子で頭皮ケアを行う

上にも書きましたが、頭皮は毛髪にとっては「畑」のようなものですので、頭皮環境を整えることも薄毛の対策になります。

パーマや染色は控え、化学成分が含まれていないシャンプーを使い、適度な洗髪を行うことで、頭皮ケアに努めましょう。

また、紫外線も頭皮にダメージを与えますので、日差しの強い時期には帽子も有効です。
ただ、かぶりすぎると汗でむれてしまい、頭皮環境を悪化させてしまいますので、注意が必要です。

20代の薄毛対策としての男性用育毛剤の選び方

20代の薄毛を予防するためには、過剰なダイエットや食生活の乱れからくる栄養不足に対応するため栄養補給効果の高い男性用育毛剤がおすすめです。

栄養補給効果の高い成分にはいろいろありますが、中でも最近になって注目されている成分は、海藻由来成分であるM-034です。M-034は、海藻の中でもミネラルが多量に含まれており、育毛に有効だといわれています。
M-034の成分が持っている栄養補給効果は、食生活の乱れがちな20代の薄毛対策にとても効果のある成分です。

また、AGA(男性型脱毛症)を予防するために、男性用育毛剤を使うのであれば男性ホルモン抑制効果にも注目したいですね。AGAの治療は新陳代謝の盛んな若い時期に始めると効果が大きくなりますので、医療機関の受診も検討しつつ、育毛剤も使ってみてはいかがでしょうか。

M-034には男性ホルモン抑制効果も認められているので、20代の薄毛対策にはなくてはならない成分です。このほかにも、男性ホルモン抑制効果が高い成分には、オウゴンエキスがあげられます。

育毛剤の成分にもいろいろありますので、20代の薄毛対策としては、栄養補給効果と男性ホルモン抑制効果の高い成分の入った育毛剤がおすすめです。

当サイトでは、40種類以上の男性用育毛剤の成分を、効能ごとに分類して比較しています。

【栄養補給】【男性ホルモン抑制】にいい育毛剤が一目で探せる一覧表はこちら。


20代の薄毛対策ための男性用育毛サプリの選び方

頭皮の環境を内側から解決する手段として、サプリメントを摂る方法もあります。
外からのケアだけでは改善できない場合、サプリで内側から栄養を補ってあげることで改善される場合があります。

育毛サプリは育毛剤では届きにくい内側から頭皮環境を改善してくれるサプリメントなので、「頭皮環境を改善する成分」「代謝・細胞の再生を促す成分」「血流改善する成分」が入っているかを確認しましょう。

また、薄毛は男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の毛の成長サイクルに悪影響を及ぼしている可能性が高いため、「DHTの発生を抑える成分」が入っているものを選びたいです。

髪の毛が増えてきたら、それを維持しなくてはいけません。「髪の補修成分」の入ったサプリを選ぶことで、新しく生えてきた髪の毛を保護してくれます。

育毛剤と併用するとコストがかかりやすくなるため、「1ヶ月のコスト」が低いものを選ぶようにしましょう。育毛剤も育毛サプリも、長く続けることで髪の毛を維持することができます。


当サイトの姉妹サイトでは、30種類以上の男性用育毛サプリの成分を、効能ごとに分類して比較しています。

【頭皮環境を改善】【血流改善】【DHT抑制】にいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。


20代男性Aさんの育毛剤の選択例


「20代男性Aさんは、入社して3年、仕事になかなか慣れずストレスの毎日。
そんな朝、起きると枕に髪の毛が数十本からみついていることに気がつきました。
始めは気にしていなかったのですが、おでこを広げたとたんにびっくり。
前髪の生え際の髪が薄くなっていることがに気がつきました。」



典型的な20代男性の薄毛のパターンです。 職場のストレス、食生活の乱れが原因で、前髪の生え際がうすくなる禿げ方が特徴です。

こういった方は、男性ホルモンのバランスが崩れているので、 男性ホルモンが薄毛の原因となる脱毛ホルモンを生成しやすく薄毛になりやすいのです。 また、皮脂が過剰分泌で頭皮がギトギトしやすいのも特徴です。

20代男性Aさんにいい育毛剤なら、【男性ホルモン抑制成分+血管拡張成分+抗脂漏成分】がよいでしょう。

当サイトが整理した育毛剤の評価一覧の中で、この条件は、 「男性ホルモン抑制」「血管拡張」「抗脂漏」の列が、両方とも"○"か"◎"の男性用育毛剤です。以下でチェックしてみてください。

20代の薄毛の原因と対策まとめ

生活や食生活の乱れからくる栄養不足は、髪の毛が薄くなる原因となってしまいます。男性ホルモンの供給過剰も髪の毛には良くありません。食事でタンパク質、亜鉛、ビタミンB群をしっかりとりつつ、適度な頭皮ケアも行っていきましょう。

洗髪のあとに、20代の薄毛対策効果の高い育毛剤を使用してマッサージをすることで、頭皮の血行もよくなり、より高い効果が得られますよ。

育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

男性用育毛剤を採点!!
全部の成績表はこちら。

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!