トップページ >  > 抜け毛の数と状態・頭皮の状態・生活習慣ですぐわかる毛髪の健康度チェック

抜け毛の数と状態・頭皮の状態・生活習慣ですぐわかる毛髪の健康度チェック

あなたは普段どの程度の抜け毛がありますか?自分の抜け毛が普通の範疇なのか、それとも警戒すべき量なのかを知っておくことで、自分にとって適切な抜け毛対策を取ることが可能になります。

今回は1日に抜ける「抜け毛の数・髪の状態」と「頭皮の状態」と「生活習慣」の3つで、自分の薄毛度合いをチェックしてみましょう!

ヘアチェックの診断結果

「①抜け毛の数と状態」「②頭皮の状態」「③生活習慣」をすべてチェックしてあてはまる割合で、毛髪の健康度を以下の目安で、確認してください。
あなたのヘアチェックの結果は
  10%が当てはまる場合、あなたの頭皮と髪は「まだ健康」です。
  30%が当てはまる場合、あなたの頭皮と髪は「黄色信号」です。
  50%が当てはまる場合、あなたの頭皮と髪は「赤信号」です。
  70%が当てはまる場合、あなたの頭皮と髪は「緊急」です。
  90%が当てはまる場合、あなたの頭皮と髪は「ダメかも」です。
ですよ。



①「抜け毛の数・髪の状態」で、毛髪の健康度チェック

抜け毛の本数が急に増加した

1日に抜ける髪の毛の本数には個人差がありますので一概には言えない部分があるのですが、以前よりも抜け毛の本数が増加した場合には何らかの要因があると考える必要性を有しています。

もちろん抜け毛の本数が増加したからといってすぐに薄毛やハゲに直結するといったことではないのですが、何らかの対策を取った方がよいのは間違いないのであります。

特にストレスや疲労を蓄積させてしまっていたり、食習慣の乱れや偏りなどが抜け毛の原因となってしまっている場合も多いとされていますので、注意が必要となるのであります。

抜け毛の本数が200本以上である

人間は、約10万本の髪の毛が生えていると言われています。 これは、性別や年齢や人種...など様々なことで個人差が大きくなっています。 だから、平均したら10万本程度です。

中には、自分の髪の毛が少なくなったことに悩む方がいるでしょう。 けれども、8万本から12万本の髪の毛が生えていたら、個人差の範囲内です。あなたが髪の毛が少ないと悩んだ時にも、8万本の髪の毛があったら、まだ正常の範囲内です。 もしも8万本以下になったら、それは薄毛の範疇に入ってしまいます。

若かったときには、10万本以上の髪の毛があった方も年齢と共に、徐々に髪の毛が抜けて少なくなっていきます。 10代や20代までの若い時には、髪の毛の全体の90%ぐらいが成長期といえます。

けれども、30代になったら、髪の毛の成長期は終わってしまい、今度は退行期や休止期に突入してしまうのです。 30代以降になったら、「髪の毛の老化現象」で、男性でも女性でも髪の毛の抜け毛が増えてきます。 さらには、新しく成長する髪の毛のサイクルも短くなってしまいます。
だから、多くの方が30代以降になったら、8万本以下の髪の毛の量になってしまうものです。

抜け毛の本数に関してなのですが個人差がありますので、200本前後であれば問題のない範囲であるとされているのです。

この抜け毛の本数に関してなのですが、様々なメディアにて報告されている本数としましては1日に50本から400本前後とされており、いずれも正常な範囲の抜け毛とされている本数なのです。

ですから200本以上抜けていればすぐ薄毛やハゲの兆候ということではないことを理解する必要があるということと、抜けた毛髪の状態をよく確認するようにしたいものであります。

細くて短い抜け毛が多い

抜け毛の状態を観察してみて細く短い毛髪が多数含まれていた場合には、十分に成長していない毛髪が抜け落ちてしまっていることになりますので注意が必要であります。

特に男性におきましてこのような状態となっている場合には、男性型脱毛症となっている場合が考えられるのであります。

ちなみにこの男性型脱毛症は進行型の脱毛症であり、個人差はあるもののゆっくりと症状が進行するものとなっています。

しかしながら最近ではそのメカニズムが解明されつつあり、専門のクリニックで適切な治療を受けることで進行を抑えることが可能とされているのです。

ただし現在におきましても完全なる治療およびハゲてしまった場所を再生させることは困難とされていますので、男性型脱毛症の疑いを有する場合にはなるべく早急に専門のクリニックを受診することが望ましいとされております。

 

抜け毛が多く髪の生え際が産毛である

このような場合には男性型脱毛症が進行しつつある場合が多いとされており、なるべく早急に専門のクリニックで治療を開始することが推奨されています。

生え際に産毛が目立つということは健康的に成長した毛髪が極端に少なくなってしまっていることになりますので、薄毛状態へ移行する可能性が極めて高いのであります。

親や祖父がハゲている

男性型脱毛症は遺伝的な要素が大きいとされており、親や祖父がハゲていてなおかつ抜け毛の量が増加したように感じる場合には注意が必要とされています。

ちなみに最近の研究によりまして、母方の祖父から頭皮環境に関して遺伝の影響を強く受けることが判明しているのであります。



②「頭皮の状態」で、毛髪の健康度チェック

あなたの頭皮は健康ですか?頭皮の健康が気になったら日ごろの生活や頭皮の状態を確認する事をオススメします。

今回は頭皮の健康度をチェックする項目をまとめてみました。男性は薄毛に悩んでいる人はたくさんいるので出来るだけ、頭皮に良い事をして健康を保ってください。

頭皮のにおいがきつい

何故、頭皮のにおいがきつくなるかというと、頭皮には約10万本の皮脂腺があると言われています。ですので、何らかの理由で皮脂のバランスが崩れるとバクテリアが繁殖してにおいの原因になります

そして、皮脂のバランスが悪いままにしておくと頭皮の皮脂は酸化して過酸化脂質となり、髪の毛を生成する毛根細胞などにも悪影響になってしまいます。

そして、薄毛の原因になるので頭皮のニオイが気になったらシャンプーなどを工夫する事が大切です。

頭皮が乾燥している

頭皮の脂が多いのも薄毛になる原因ですが、乾燥しているのも頭皮には良くありません。何故、乾燥するかというと、頭皮の皮脂が極端に少ないからです。

頭皮の健康を保つには適度な皮脂が必要不可欠なので多すぎても少なすぎても良くないのです。

また、頭皮の乾燥は頭皮の血行が悪いという合図なので風呂上りなどに頭皮マッサージをして血行を促してあげましょう。

頭皮がかゆい

頭皮に強いかゆみを感じることが多い場合に、頭を掻きむしってしまうことで頭皮トラブルを増大させてしまっている例が報告されています。

この頭皮のかゆみが直接抜け毛やハゲにつながるものではないのですが、かきむしるなどの行為により頭皮を傷つけてしまいますと皮膚炎を引き起こしてしまいますので、結果として健康な毛髪の成長を阻害してしまう可能性が指摘されています。

ちなみにこの頭皮がかゆくなる原因を調べてみますと、皮脂の分泌量が多い人に比較的多く見受けられることが分かっています。

そこでこの皮脂成分とかゆみの関連性についてなのですが、きちんとシャンプーで毛穴の皮脂を除去できていないことにより、残存した皮脂が酸化して皮膚炎の原因となってしまうことがあるとされています。

つまり毛穴の皮脂汚れによる軽い皮膚炎がかゆみの原因であり、その部分をかきむしってしまうことによりまして強い皮膚炎へと移行してしまう可能性を有しているのであります。

この頭皮のかゆみを感じる場合には、専用のシャンプーを使用して正しい方法で洗髪するように心がけたいものなのであります。

フケが多い

最近フケが多いと悩んでいる場合には、頭皮環境の乱れが原因となっている可能性を有していますので注意する必要があります。

そしてフケが多いだけではなく抜け毛の本数も増加してきたという場合には、男性の場合男性型脱毛症の進行が疑われることになりますので、自分の頭皮の状態をしっかりとケアしたいものなのであります。

そもそもこのフケは頭皮における剥がれ落ちた地肌の角質であり、誰しもが生じるものなのであります。

しかしながら頭皮環境が極端に悪化してしまいますと地肌の新陳代謝サイクルが乱れてしまいまして、未成熟な頭皮細胞までゴッソリと剥がれ落ちることになってしまうのです。

つまり大量のフケは頭皮環境が乱れているサインであり、さらに抜け毛が増加している場合にはホルモンバランスの変化が疑われることになるのです。

③「生活習慣」でわかる毛髪の健康度チェック

朝シャンを習慣にしている

朝は忙しいことが多いので夜に比べたら洗い方が雑になってしまう場合が多いです。洗い方が雑になるとシャンプーが頭皮に残ったりする場合があり、頭皮に思わぬダメージを与えてしまう場合があります。

また、洗い残したシャンプーは頭皮を痛めるだけでなく髪の毛の栄養をさえぎるので、栄養が隅々まで行き渡らず元気な毛が生えてこなくなったり毛穴がつまって新しい毛が生えにくくなってしまうので、気をつけましょう。

もし、どうしても朝シャンをしたいならゆっくり時間をかけて丁寧に行う事が大切です。

自分でカラーリングしている

カラーをすること自体が頭皮をいためたり薄毛になる原因ではないのですが、自分でカラーを行うと、カラー液の薬剤が頭皮に付着してしまうので頭皮に刺激を与えて薄毛の原因になります

ですので、美容院でヘアカラーをする分には頭皮に当たらないようにしてくれるので心配ないのですが、個人が家でカラーをする場合はどうしても頭皮にカラー剤がついてしまうので、よくありません。

頭皮の心配をしている人は美容院へ行ってヘアカラーをしてもらいましょう

野菜より肉をよく食べる

現代は肉を良く食べるという人が多いのですが、お肉ばかり食べていると頭皮から分泌される皮脂が過剰になり、毛穴を詰まらせる原因になります。

また、血中コレステロールが高くなる場合もあり、血管がつまって血流が悪くなり頭皮に十分な血液が行き届かなくなります

そうすると頭皮や髪が栄養不足となりハリやコシのある新しい髪の毛が生えてこなくなるので薄毛になってしまいます。

お肉を食べてはいけないわけではないのですが、野菜も同じようにバランスよく食べる事が大切です。

タバコを一日に何本も吸う

タバコは人体に有害な化学物質が入っているのは誰でも知っていると思います。タバコを吸うと血液が収縮して血流が悪くなり頭皮に栄養がいかなくなってしまいます

つまり、健康な髪の毛が生えてこなくなってしまうため、髪の毛のためを思うならタバコは少しでも吸わない方が良いです。

タバコは健康にも悪影響を与えるので出来るだけやめるようにしましょう。

間違ったダイエットをしている

ダイエットは太っている人は行った方が良い場合もありますが、過度な食事制限を行うと薄毛の原因になってしまいます。

食事から取り入れた栄養素はまず、内臓などの生命の維持に必要な部分からまわされます。

したがって髪やつめなどの命と関わりがない部分に栄養が届くのは最後になるので栄養が不足していると毛根や頭皮には栄養が行き届かなくなります

そうすると、コシやハリのある綺麗な髪の毛が生えてこなくなってしまいます。

ストレスが多い

ストレスを溜めると自律神経に支障をきたし、末梢神経が動かなくなります。そうすると体全体にも悪影響になり、頭皮にも関係が出てきます。

ストレスを溜めすぎると円形脱毛症になる可能性があるので、仕事ばかりで自分の時間がない人は、たまには外に出てリフレッシュしたり、一日5分でも好きな事をする時間を作るようにしましょう。

手足が冷えやすい

手足は心臓から離れた場所にあるため、冷えやすいといわれています。また、頭皮も心臓から遠く離れた場所にあるため冷えやすい場所があります。

つまり、手足が冷えている人は頭皮も冷えている可能性が高いのです。

冷え性だと血行が悪いため、頭皮に栄養が行き届かなくなります。そうすると綺麗な髪の毛が生えてきにくくなるのでまずは手足の冷えから解消することが大切です。

冷え性を改善するには運動をしたり、体を温める食べ物を食べたりする事が大切なので日ごろから体を温めたり、冷やさないようにする事が大切です。

頭皮を健康に保って薄毛を防ぐ男性用育毛剤の比較表はこちら



育毛剤成分を採点!

多くの男性用育毛剤を成分鑑定しました!人気の育毛剤の効能がわかる!

頭皮に合う男性用育毛剤選び

育毛剤の効能成分

男性用育毛剤の基礎知識

人気の男性用育毛剤の成分評価

あなたの脱毛の症状は?

人気の男性育毛剤を体験!